『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』が届きました。


 東京に引っ越してきて1ヶ月になりました。

 まだ、仕事はしていないし、体力不足を痛感する日々ですが、
毎日を穏やかに過ごしています。

 数日前、待ちに待っていた本が届きました。

 『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』です。

 2017092707031529d.jpg

 この本が書店に並ぶのは10月2日からのようですが、
前払い購入をした人には届いています。

 目次を見ると、虐待を経験した100人の思いが込められた手紙は、
4つのパートに分類されていて、それぞれの手紙のタイトルは、この本を編集された今一生さんがつけて下さったようです。

 そのタイトルを見ながら自分が書いた手紙を探しました。

 私の書いた手紙は、『あなたを捨てます』というタイトルでした。

 実際に投稿した手紙がコンパクトに編集されています。

 ひとりでも多くの方に、この本を買って読んでいただきたいので、
この記事ではネタバレは控えておきますが、
色んな気持ちがこみ上げてきました。

 私がこの手紙を書いたのは、
まだど田舎に引きこもっていた頃で、
複雑性PTSDの治療が始まる前だったので、
この手紙に出てくる私は、まだガムテープがこわくて、
見ると記憶がぶっ飛んでいました。
 外出すると、親に出くわすかもしれないと思って、
外出は極力控えていました。

 虐待と向き合うことになってから、治療を受けて東京に出てくるまでは、
きつかったです。

 『虐待がなかったら、今こんな思いをしなくて済んだのに...。』
と、思っていました。

 虐待を受けたことについては、今でも、
『本当なら、こんなこと経験しなくて良かったのになあ』
という気持ちはあります。

 でも、それだけではなくて、
『自分は、虐待の経験、虐待と向き合った経験から今の自分につながっているんだな』
と思います。

 ・・・
 自分のページに目を通した後は、
この本の最初から最後まで通して読みました。

 やっぱり私は、
ちびまる子ちゃんやサザエさんの世界よりも、
この本に出てくる家族の方がリアリティーを感じました。

 この本のタイトル、
『日本一醜い親への手紙』は、
中には『手紙』が醜いと思っている方がいらっしゃるようですが、
私は、醜いのはこの本に登場している親たちだと思います。

 親から適切な愛情をいっぱい受けて育った人には分からない感覚かもしれないです。

 でも、残念ながら、こういう醜い親はいます。

 この本は、そのことを知っていただくためにとても重要な本だと私は思います。

 多くの方に読んでいただけると嬉しいです。


にほん村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR