耳鼻科ラストデーは、耳よりのどメインで終了。


 こんにちは。

 今日は耳鼻科に行ってきました。

 聴力検査は一応正常値でしたが、
やはり左耳(悪い方)は、
『年齢の割には聞こえが良くないね』
という感じでした。

 「最近、どんな感じですかね?」と、
ここから耳以外の話がスタート。

 精神科の治療は予定通り終了したこと、
退職が正式に決まり、来週月曜日に引っ越しすること、
引っ越し準備で忙しいのに、扁桃腺に炎症起こして熱が上がったり下がったりしていることなどを聞いていただきました。

 「え?急性の扁桃腺炎かな?のど、みせて下さい。」
と言われて、みてもらったのですが...。

 「これは、、結構ひどいですね。今も相当痛いでしょ?」

 「はい、昨日の夜から高熱は出なくなりましたが、痛みはまだ結構あります。
今朝、膿の一部がはがれかけていたので、お箸で引っ張って取りました。」

 「えっ?」

 「無理やり取ったらいかんよね。」

 「ですね。」

 ちーん。

 でも、耳鼻科の先生は優しいので、
「あんた看護師やろ?そんなことも分からないのか?」
と言うこともなく、
「残りの膿が取れるまで、まだ相当時間がかかりそうですが、
自然に取れるのを待って下さいね。
痛みもしばらく続くと思いますが、内服の痛み止めと炎症を抑えるうがい薬をうまく使って食事も食べられるようにしていきましょう。」
と言ってくれました。

 一昨日の精神科受診の時に、精神科の先生に抗生剤を処方していただきましたが、
万一効果がなくて悪化した場合には抗生剤の変更が必要なのですが、
ちょうど引っ越ししたばかりの頃になるので、すぐにいい病院が見つからないと大変だろうからと、念のための薬も処方してくれました。

 そして、話は再び耳のことになり、
「環境が変わったり、疲労、ストレスでめまい発作が出ないとも限らないので、ここでの経過をお手紙にまとめておきましょう。」
と、紹介状も書いてくれました。

 最後の最後まで、至れり尽くせりでした。

 摂食障害を見抜いてくれたのも耳鼻科の先生でした。

 患者さんの病気(自分の専門分野)だけでなく、
きちんと患者さんと向き合ってくれる先生だったので、
私はここまでたどり着くことができました。

 のどをやられているので、いい声は出ませんでしたが、
渾身の「先生、今までありがとう!」
を言ってきました。


にほん村 メンタルヘルスブログへ



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR