母親と伯母。


 昼間、比較のことをブログ記事にした。

 この記事を書こうと思ったきっかけがあった。

 私は、今、精神科の治療で
過去の虐待エピソードを語っている。

 今まで2つのエピソードを語ったが、
どちらも始まりは、
『私は泣いています。
母親に怒られたんですけど、何が理由かは分かりません。』
と言っていた。

 語った時は、本当に何が理由で怒られていたかは思い出せなかった。

 この語りは、録音していて、
治療を受けた翌日から毎日聞くことが宿題となっている。

 繰り返し聞いていて、急に思い出した。

 怒られていた原因。

 当時、私は朝起きてから夜寝るまでの間、
母親に色々とチェックをされていた。

 どんな項目があったかは思い出せないが、
地元の銀行のカレンダーの裏に書かれた、
母親手作りのチェック表があり、
◎、〇、△、×で評価されていた。

 〇以上が合格ラインだが、
厳しい母親がつけるのは△と×が多く、
そのことで毎日怒鳴られ、叩かれ、泣いていた。

 これらのことをまず思い出した。

 その後、母親から聞いた話を思い出した。

 母親の2歳上の姉、私の伯母のことだ。

 この伯母は、かなり頭のいい人だったらしい。
学校の成績は常にトップ。
かと言ってガリ勉タイプでもなく、遊ぶ時は思い切り遊んでいたそうだ。

 母親は、子どもの頃から頭は良くなかった。
成績も良くなかった。
 通知表を渡される時、先生に
「お姉さんは賢いのにね...。」と言われたことが嫌だったと言っていた。

 こうも言っていた。
「姉貴は、父親(私の祖父)の賢い遺伝子を全部持って行った。
私(母親)は、バカな母親(私の祖母)の遺伝子しか持っていない。
だから、勉強はしなかった。」
と。

 私が虐待のことを手紙に書いて母親に渡した時、
母親の内縁の夫を通じてこう聞いた。

 「お母ちゃんは、あんたのことをエリートにしたかったから厳しくしたそうだ。
父親が仕事でほとんど家にいなくて、シングルマザーのようだったけど、
それでも立派に育ててやるという思いでいっぱいだったって。」
 ⬆
 おそらく、私のことを厳しくした理由は、これだけではない。

 母親の幼少期に、伯母と比較されてきたことへのひがみ、恨み、
伯母に対する憧れと嫉妬、
そして、自分の叶えられなかったことを、
子どもの私に託したのだと思った。

 自分は努力しなかったことは棚上げして。

 自分は頭が良くないことは棚上げして。

 ・・・

  色んな出来事が繋がった時、愕然とした。

 『こんなくだらないことが理由で虐待されてきたのか?』

 『自分がなりたくてもなれなかった架空の、理想の子どもと比べられていたのか?』

 どんだけ頑張っても、届くわけないよな...。

 ・・・

 ただ希望も見えた。

 『親子とは言え、やはり母親と私は全く別の人間なんだ。』
と確信できたから。

 私なら、
姉がいたとして、自分よりも姉が頭が良くても、
その原因を『父親の遺伝子を全部持って行った』とは思わない。
同じ両親から生まれたのなら、自分も勉強すれば可能性はあると考え、勉強する。

 もし仮に勉強しても頭が悪いままだったとしても、
自分の子どもに、自分が叶えられなかったことを託したりはしない。
まず、子どもを持つこと自体が考えられないが、
子どもには自分の夢を持って欲しいし、
自分の願望を子どもに押しつけたりはしない。
 
 ・・・

 私は、母親とは全く別の人間なのだ。

 幼い私は、母親の怒りに対して無力だったが、
今は違う。

 幼い私が虐待されていた原因は、
『私が泣き虫だったからではない。』
断言できる。

 もう、これからの私を、
母親のねじ曲がったものさしではからせることはないし、評価もさせない。

 そして、私は、
自分の目に映った世界がすべてだとは思わない。

 私が良いと感じたもののすべてが良いものとは限らないし、
私が悪いと感じたもののすべてが悪いとは限らないということを、
しっかりと胸に刻んで、
私が私でいられるように生きていく。

 明日は治療だ。
 
 全力で行く。



にほん村 メンタルヘルスブログへ

 
 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR