おそらく、初の出来事だった。


 今日は、ブログを始めて丸1年になりました。というご挨拶をするだけにしておこうかと思っていましたが、もやもやしているので、書くことにしました。

 私は今も地元脱出中なのですが、
実は、数日前にどえらいものを見てしまいました。

 ある親が4~5歳くらいの子どもをぶっ叩いているのを目撃しました。

 私は、こちらの地域にいる友人と会って、滞在先に戻る途中でした。

 目の前に、突然子どもが走ってきたかと思ったら、
その子どもの父親がものすごい勢いでやって来て、
子どもの背中を全力でぶっ叩いていました。

 外国人だったので、何を言っているのか分かりませんでしたが、
何か怒鳴り散らしながら、何度も『バチーン』という音をさせながら子どもを叩いていました。

 私は、その子どもを見た瞬間、
『この子は、叩かれ慣れをしている』と思いました。

 そして、『止めないと...。』と思ったのですが...。

 頭の中では、その子どもを抱き抱えて守るつもりでしたが...。

 何もできませんでした。

 フラッシュバックを起こしました。

 とある駅周辺の景色が、4歳の頃に住んでいたボロアパートに変わりました。

 叩かれている子どもが自分、叩いている父親が自分の母親に変わっていました。

 『こわい。』

 涙が出て、震えが止まらなくなった感覚は覚えていますが、
そこから後の記憶は曖昧です。

 本当は、友人とは途中で別れ、私ひとりで滞在先に戻る予定でしたが、
いくつかの電車を乗り換え、タクシーに乗っていたようです。

 意識がハッキリしてきた時は、友人に支えられながら滞在先に向かって歩いているところでした。

 全身、汗だくになっていました。

 私が虐待と向き合い始めて、おそらく初の出来事でした。

 虐待のニュースを読んで、過去の虐待を思い出してフラッシュバックを起こしたことは何度もありますが、実際に親が子どもに暴力を振るっているところを見たのは初めてのことでした。

 虐待はあってはならない。と言いながら、目の前で起こったことに何もできなかった自分を恥じました。

 ネックはやはり、フラッシュバック。

 これを克服しないと、私は私がしたいことはできないでしょう。

 強い心が欲しいです。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

私も親からの虐待経験があり、
結果、パーソナリティ障害を患ってしまったのですが。
常に他人を怒らせないように、人の顔色ばかりを伺って生活してます。


私の親世代は、
躾(しつけ)と虐待の境界線が曖昧すぎて、
子供の頃の私にとっては恐怖にしか思えなかったですね。

最近のニュースでもありましたが、
若い母親と同居人の男による子供の虐待死事件。

実に今回の様な事件が多すぎて心が痛みます。
親が大人に成りきれてなく、心が子供のままで、子供を育てるなど勝手すぎます。

被害を受ける罪も無い子供が可哀相ですよね。



長文失礼しましたm(__)m



小夜時雨さんへ。

 小夜時雨さん、はじめまして。byhです。
コメント、ありがとうございます。

 私が虐待を受けていた頃も、虐待という言葉や認識がない時代でした。

 そして、躾という名称に変換されて、うやむやにされた状態で大人になり、こじらせてしまいました。

 小夜時雨さんがおっしゃるように、似たようなニュースが多いですね。

 虐待されていた子どもが、死亡するか、重体にならないとニュースでは取り上げられないため、おそらくこれは氷山の一角です。

 虐待をする親も悪いですが、同じような事件を繰り返すようになっている社会にも問題があると私は思っています。

 子どもの人権が尊重され、安全に成長できる仕組み作りが必要ですね。

 
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR