ちょっと見えた。


 おはようございます。

 今日も3km歩いてきました。

 3km歩くについては、先日の大雨の日以外は続けられています。

 でも、メンタルの方は順調ではなく、
ここ数日間はちょっとゲロゲロしていました。

 そして、昨日というか今日の真夜中にハッとしたことがありました。

 『私は自分で自分の首を絞めるような生き方をしている』

 私のブログを定期的に読んで下さっている方は、『だろうな』と思うのではないかと思いますが、私は結構な負けず嫌いです。

 だから、このブログなどで、
『私は〇〇をやり遂げてみせます』などと宣言して、
自分を追い込むスタイルを取りがちです。

 かなり、ストイックに...。

 そう、完璧主義が抜けていないのです。

 この背景には、2つの要素が絡んでいると思いました。

 1つめは、
『育てられ方』です。

 私は、虐待を受けながら育ちました。
親に求められるのは、ほぼ常にパーフェクト。
親が関心のないものについては何も言われませんでしたが、
大抵のことに100点を求められてきました。

 しかも、『100点取れて、よく頑張ったね』ではなく、
『100点を取れるのが当たり前だ』という育てられ方をしてきました。
100点が取れなかったら叩かれたり、怒鳴られたりしていました。
 そして、親に言われるより先に、
『次は100点を取ります。失敗はしません。』と言うようなことをしてきました。

 その癖が今も抜けていなくて、
100点を取る必要がないのに、100点を目指してしまうのです。

 2つめは、
『反骨精神』です。

 機能不全家族で育った人、いわゆるACの多くは、
大人になっても生きづらさを抱えて生きていきます。

 私には、
『ACでも、虐待からの生き残りでも、世間から落ちこぼれることなくやっていけるんだぞ』
ということを証明したいという強い気持ちがあります。

 この考えが更に自分を追い込んでいるのではないか?と思いました。

 本来なら、すぐに出来なくてもいいことも、すぐにマスターしないと自分で自分を許すことができない。

 同じ失敗をすることが許せない。

 目標達成のために、黙って取り組むと甘えが生じるかもしれないから、
周りに宣言して、自分を追い込むのです。

 取り組み方にある程度の余裕があればいいのですが、
完璧主義がそれも許さないのでストイックになり過ぎます。

 そして結果的に、自分で自分の首を絞める状況に陥っているのです。

 親と縁を切っても、親以外の人たちに、親に求められていたことを自分から進んで今もしているのです。

 本当は、そんな100点は求められていないのです。

 それでも、自分から100点を目指してしまうのです。

 ・・・
 
 これでは、何のために親と縁を切ったのか分からないですね。

 寝る前に、あるイメージが浮かびました。

 私は、1本の木です。
植え替えが必要なのに、根っこが絡んでいて、植え替えができません。
でも、木は生きているし、これから更に育っていくためには、
別の場所に植え替えをしないとうまく育っていくことは難しそうです。

 ぱっと見は、複雑なのですが、
絡まった根っこを傷つけないように取り扱って、
根っこについた要らない土はふり落としていきます。
ここで、焦らないことがポイント。
 焦ると根っこを折ってしまったり傷つけてしまうので、
深呼吸しながら落ち着いて、この木をあるべき場所に植え替えたいと思います。

 おそらく、今私がしている治療は、
こういうこともプログラムに入ってそうな気がします。
 そこで、今漠然と感じているイメージをかたちにしていきたいと思います。

 20170517071753f0c.jpg


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-05-18 18:47の鍵コメント様へ。

 鍵コメント様、こんにちは。byhです。
コメント、ありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

 はずはじめに...。
鍵コメント様が心配されていた、『コメント内容がおかしかったり、読みにくいのでは?』ということについては、全くなかったですよ。
 ただ、しんどい時は、あまり無理をなさらず、心と体に余裕がある時に私のブログを読んでいただければ幸いです。

 私が、個人的に感じているのは、治療を受けていく中で、ある日突然、『あ、今まで先生に言われていたことは、こういうことを意味していたんだな』と気づくことがあります。
 その、『気づき』があることによって、自分の性格や、日頃取りがちな行動などについても、今までとは違った視点で考えることができるようになります。
 ただ、気づき、新たに見えたことをすぐに自分のものにして実践することは難しく、うまくいく時もあれば、昔のクセが抜けていないなあと思う日もあります。

 このようなことを繰り返しながら、徐々に回復に向かっていくのではないかな?と感じています。

 以前コメントのお返事にも書かせていただきましたが、鍵コメント様は、現在通院されているところの先生には、ご自身のことを話せていますか?
 メンタルヘルスに限ったことではありませんが、治療を受けるには、患者と医師の信頼関係や相性が重要だと思います。
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR