崩した、乱れた。整え、立ち上がる。


 副作用が強く出た睡眠薬の影響は、日常生活のバランスを崩しただけでは終わらなかった。

 この薬を飲んでいた期間、
一応私は起きて活動したいという気持ちはあり、
起きたら食事を摂っていた。

 でもまたすぐ寝てしまう。

 摂取したカロリーを活動で消費できていなかった。

 こんな生活をしていたので、激太りをしてしまった。

 薬が抜けて意識がはっきりした時、
最初に思ったことは、
『自分の体が丸い』だった。

 気になって、しばらく乗っていなかった体重計に乗った。

 自分の予想よりも、1.5kg太っていた。

 私の身長から計算すると、今の体重は肥満ではない。
 
 頭では分かっている。

 自分のボディイメージが狂っているのだ。

 それが、『摂食障害』。

 はい、1年半、週1で通院しても全然治っていません。

 『食べることに罪悪感がある』

 『食べることがこわい』

 『どんな服装も似合わないと思う』

 ちょっとだけ、前進できたと思えることは、
『1日3食』

『下剤、ダイエットサプリには手を出さない』
これを続けようと思ったことだ。

 私は、今、やりたいことが大きく分けて3つある。
それらをこなしていくためには、以前のようによれよれの状態ではやっていけない。

 だから、続ける。

 まあ、その前に生活リズムの改善が先だな。

 夜寝て朝起きることを定着させること。

 3つのやりたいことに手を出すのはその後だ。

 今は、整える時。

 地盤を固めてから、立ち上がるよ。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR