実は『虐待コンプリート』だった!


 『虐待』には、色々な種類の虐待があります。
 
 厚生労働省のホームページで紹介されている虐待は、
・身体的虐待
・ネグレクト
・心理的虐待
・性的虐待
があります。
 詳細は、こちらをご参照下さい。
http://letters-to-parents.blogspot.jp/2017/02/blog-post_22.html

 その他にも、経済的虐待、文化的虐待というものがあります。
 詳細は、こちらをご参照下さい。
http://letters-to-parents.blogspot.jp/2017/02/blog-post_12.html?spref=fb

 私は、ネグレクトと経済的虐待は、受けていた実感はありませんでしたが、
実は、受けていたことが分かりました。

 『ネグレクト』は、育児放棄のイメージが強いですが、
こういうものも『ネグレクト』に該当することを知りました。

 『子どもにとって必要な情緒的欲求に応えていない(愛情遮断など)』
とあります。
 ⬆
 私、これをされていました。

 はい、ネグレクトヒット!

 そして、『経済的虐待』について。
 私の親は、私に結構お金は使っています。
 私は望んでいませんでしたが、ブランド物の服を着せられたり、
中高一貫の私立の進学校に入れられたりしていました。

 でも、思い出しました。
私は、兄弟姉妹はいないのですが、親戚は兄弟姉妹が多く、お年玉は親戚から結構な額をもらっていました。でも、「大人になるまで使ってはいけない」と、親が握っていました。
 母親と絶縁する時にそのことを思い出し、「私の通帳を返して下さい」と言って、取り返したのですが、通帳の残高は、私が計算していた額よりはるかに少なかったです。
 私の両親は離婚しているため、口座の名義が変更していたのと、バカな母親が通帳で使用していた印鑑を紛失していたので、使いものにはならず、通帳は捨てて、残りのお金もバイバイしましたが、母親が通帳を私に返却してくる前に通帳記入をしていたのですが、ある時期に全額ではないですが引き落とした履歴が残っていました。

 はい、経済的虐待ヒット!

 文化的虐待については、私は自分の意思を尊重されずに進路を決められていたので、これもヒット!

 性的虐待については、私は直接的には性的暴行を受けたことはありませんが、過去記事にも書いたように、思春期真っ只中にどえらい物を見せられています。
 これは、性的虐待に該当します。
 
 ですから、私は実は『虐待コンプリート』をしていたのです。

 私は、現在、ライターの今一生さんの
『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)プロジェクトを応援しています。
このプロジェクトに参加することで、仲間との出会いもありました。

 ある方とちょっとやり取りをしていて、
この『虐待コンプリート』についての話になり、
その方が「もはや、『役満』のノリでいいと思いますよ。」と言われていて、
私は、『国士無双だなあ』と思いました。

 麻雀をされない方には『?』な話だと思いますが、
『国士無双』というのは役満のひとつで、こういうものです。
201704090025148d8.png
 ⬆
 『アタマ』という同じ牌が2つありますが、残りの牌は、『一』、『九』、『字牌』で構成されている、最強のアガリのことを言います。

 突然、byhは頭がさらにおかしくなったんじゃないか?と思われるかもしれませんが、ご安心下さい。

 これは、例え話です。

 『虐待』の話題を、時には深刻ぶらずに、ユーモアを交えて、でも分かりやすく伝えたいと思っただけです。

 この、バラバラの牌は、私が受けていたバリエーション豊かな虐待を表現するのに面白いと思いました。

 『一』、『九』、『字牌』と変に偏りがあるところも、
親から歪んだ認知を植え付けられ、『全か無か思考』になってしまった自分も表現できていると思いました。

 牌の数が受けた虐待の種類の数より多いですが、
これは、虐待から始まる、その後の対人関係の行き詰まりや、いじめ、世間からの『親を敬うのが当たり前風潮』を押しつけられた、虐待の二次被害も表現できていると思いました。

 そして、ポイントは、この『国士無双』は、最強のアガリであるということです。

 私は、今でもフラッシュバックを起こしたり、摂食障害や解離性障害、複雑性PTSDも抱えていますが、こういう親の元に生まれて、虐待を経験してしまったことを、悲しんだり、憐れに思うだけでなく、武器にしていきたいのです。

 それが、このブログでも何度も言っている、
『虐待からの生き残りだからこそできることがある』
ということです。

 今、まさにそれをしています。

 中には、私のブログ記事を読むと、
『そうやって、何でも虐待にこじつけるんだな』
と思われる方もいらっしゃると思います。

 ここも、ポイントなんです。

 虐待は、決して他人事ではありませんよ。

 子どもの気持ちが尊重されにくい世の中なのです。

 これについては、私のような虐待被害者が声を上げる必要性を感じているので、
私は自分のことを赤裸々に語っていますが、ネックがあります。
 
 『そんなことで、虐待とわめくのか?』
 『親に育ててもらいながら、何を言う?』
と思われる方が必ずと言ってもいいくらい出てきます。
実際、私はそういう意見も言われました。

 ここで、私にはできないことで、必要なのが、
『虐待を経験していない方に関心を持っていただくこと』なのです。

 普段とはちょっと違う感じで虐待のことを取り上げてみましたが、
どうだったかな?

 私個人的には、このブログを始めた頃は、こんなユーモアを交えて虐待の話なんかできなかったので、
ちょっとは心に余裕ができてきたかな?と思いました。
 ⬆
 珍しく自分をちょっとほめて、ちょっと照れくさいです。

20170409005755f8a.jpg

 恥ずかしいので、半分隠れています。
 
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ、byhさん。

虐待について、
いつもと違った側面から記事を書かれていて
良いと思いました。

僕個人の話ですが、
国士無双は3回ほど出した事があります。
それにしても女性から麻雀ネタが出るとは
思いませんでしたが。

 ブログで虐待について取り上げると、
批判的なコメントが届いたりしますね。
僕のブログにもそういう事は
ちょくちょくあります。
正直に言うと、
たまに落ち込む時もあります。

でも、
虐待について知ってもらう
という結果に繋がれば良いと思います。

自分でブログを書きながらも、
恥ずかしい時ってありますね。

ナギヒロさんへ。

 ナギヒロさん、こんばんは。byhです。
コメント、ありがとうございます。

 麻雀は、大学時代に覚えました。
点数計算はできませんが、だいたいのルールは分かります。

 私は、国士無双は3人打ちで一度だけ出したことがあります。
4人打ちでは、ないですね。 
 今は人と打つことはありませんが、麻雀は頭の体操になるので、ゲームで時々しています。

 『虐待』というと、どうしてもダークなイメージや、堅苦しい感じになりがちなので、今日は違った切り口で書いてみました。

 虐待に関心があまりない方にも、できるだけ抵抗感なく読んでいただくことを意識してみました。

 批判的な意見が届くことは、仕方ないとも思っていますが、あまりにも失礼なコメントはスルーすることにしています。

 最近は、少しだけ自己肯定感が出てきた感じですが、まだ自分を認めたり、ほめたりすることは苦手ですね。

 
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-04-09 08:34の鍵コメント様へ。

 鍵コメント様、おはようございます。byhです。
コメント、ありがとうございます。

 ひとつ、ツッコミを入れさせていただきます。
私の場合は、『過去に経済的虐待を受けていた』ですが、鍵コメント様は、『受けていた』ではなく、『受けている』ですよ。ここは、重要なポイントだと思ったので、敢えて書かせていただきました。

 虐待のおそろしさは、こういう点にあります。
私もつい最近気づいたのですが、虐待をされていることに気づいていない方が多いのです。

 私は、できることなら『虐待コンプリート』はしたくなかったです。

 でも、してしまった。

 そのことを、いつまでもうじうじするのは時間の無駄だと思うので、経験者にしかできないことをしているだけです。

No title

byhfsさん

こんばんは!

なんだか、今回の記事は
ユーモアがあって読んでてなんだか
ほっこりしました。

虐待というテーマがテーマなので
文章も真面目に書かないと、読む人に
真剣さが伝わらないっていう心配があるかもしれませんが

私、個人的には、堅苦しいより
なんだか読みやすかったです。

それは置いといて

何にしても批判する人っているんですねぇ・・・

人の痛みが分からないんでしょうね。

吉良 直樹さんへ。

 吉良さん、こんばんは。byhです。
コメント、ありがとうございます。

 私は虐待については独学しているのですが、まさかのコンプリートで、『これはもう、笑い飛ばすしかないな』と思ってこの記事を書きました。

 あとは、虐待に詳しくない方が読んでも読みやすいものを書いてみたいと思って書きました。

 でも、麻雀のルールを知ってる方は少ないかもですね笑

 まあ、ブログをやってると、色んな人が色んなことを言ってきますね。

 このブログは、ジャンルでは心と身体、メンタルヘルスにしているので、メンヘラを潰すことを生き甲斐にしているような人とかもいます。

 吉良さんがコメントをして下さるようになった少し前に、あまりにも失礼極まりないコメントが来たので、今までは全てのコメントに返事をしていましたが、こういう労力の無駄は嫌いなので、承認制を取り入れました。

 あとは、意図的に『こういう人には私のブログに来てほしくない』ことをアピールする記事を書いたりして、私なりの対策を立てています。
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR