私はこれで泣きました。


 今回の記事は長文です。
お時間に余裕がある時に読んでいただけると嬉しいです。
余裕がない方は、余裕がある時に改めて読んでいただきたいなと思う記事を書いています!

 ライターの今一生さんが編集、出版される『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)への応援メッセージとして、劇作家、ライターの南々井梢さんが、素敵な文章を書かれていました。

 リンクを貼るだけでなく、文章を直接紹介したいと思ったので、引用させていただきます。

 下の青文字の部分が引用させていただいた文章です。

■親以外の誰しもが潜在的にあなたの味方
 劇作家/ライター 南々井梢


 「手紙」というのは、皮肉なもので、心を込めれば込めるほど、ありきたりで面白みのない文章になってしまう。
 感謝や愛に満ちたものならなおさら。
 ほんのりとした謝罪や、これからもよろしく、の要素が入ると、またことさらに。

 多分私は、結婚式の披露宴で読まれる、新婦から両親に向けての手紙のことをイメージして言っている。

「愛情込めて育ててくれてありがとう。
 反抗期はつらく当たってごめんね。
 いつかあなたたちのような親になりたい。
 私は幸せになります。
 これからも見守っていてね」

 それは披露宴での定番のクライマックスシーン。
 声を詰まらせる花嫁、ハンカチで涙を拭うご両親、会場からはすすり泣きが漏れて……。
 ありふれた、あの幸せな風景。

 ひねくれ者の私は「なんだかなあ」と思う。
 まず、手紙を多くの人の前で読む意義がわからない。手紙って、すごく私的なやりとりでしょう。
 多くの人に聞かせるために書いている時点で、そんなのいわゆる手紙じゃないって。

 でも、そんな私は、ある日衝撃的な「手紙」と出会った。
 それが「日本一醜い親への手紙」だ。


 ああ、これは……。
 言葉を失った。
 親へ直接伝えるすべのないその苦しい想いを、世間に向かって叫ぶこと。
 決して相手に届かなかったとしても、それでもれっきとした「手紙」だと、私は思った。

 そこには親への感謝や温かい思い出は一切語られていない。
 生々しい虐待の現実。それによって受けた心と体の傷が赤裸々に語られていた。

 私は幸い、親による虐待を受けたことがない。
 完璧な両親ではないにせよ、殴られたことも手酷く放置されたこともない。
 協調性がまるでなく、自由に自分勝手にしか生きられない私を、親なりに懸命に受け入れようとしてくれたことを、とても感謝している。
 だからこの本を読んでも、「かわいそう」「ひどい」「信じられない」「どうしてこんな……」と、思う。
 それは、間抜けでとんちんかんな感想だろうか。

 まるで戦争体験談を読んで読書感想文を書けと言われたときのような貧相な言葉しか浮かばず、自分でげんなりする。
 そんな、ともすればノーテンキで無責任なことしか言えない私に、「梢ちゃん。その感想で正解なんだよ」と言ってくれたのが、この本の編集者、今一生さんだ。

 ここまでぐっと胸に突き刺さる本になっているのは、それが憎むべき親への手紙という形式だから。虐待体験談より、ずっと生々しいだろう。

 「日本一醜い“親への手紙”」だとするとタイトルはショッキングだ。
 でも、これは「“日本一醜い親”への手紙」なんだなと思う。
 だから、手紙を書いているあなたは、醜くない。絶対に。
 醜いのは、親だ。親だからって美しいわけではない。
 愛さなくて良い。

 私の言葉は頼りないけれど、それだけはしっかり伝えたい。悲しいことかもしれないけれど、親に愛されなくたって良いのだ。
 それは人が幸せになるための条件では決してない。

 私は、この本を応援している。
 人は誰しも「幸せになる」「愛し愛される」「楽しむ」とい無条件の権利があると思って私は生きている。
 親に愛されなかったからと言って、権利を放棄する必要なんてない。
 この本に手紙を寄稿することで手にする1万円が、権利の証明書になるかもしれない。その証明書を親からもらわなくてはいけないという決まりはないのだから。

 私は「新編 日本一醜い親への手紙」を応援する。
 ……するけれど、「新・新編」が、また「新・新・新編」が、出版されることを望まない。
 「虐待なんてなくなればいいのに」と夢のような理想を堂々と語るのは勇気がいるけれど、それを望まない人なんていないのだ。

 つまり、親以外の誰しもが潜在的にあなたの味方だということ。
 私も、その一人だということを、ここに表明しようと思う。




 ⬆
 私は、このメッセージを読んでぼろ泣きした。

 私が幼少期の頃に虐待を受けていた時代は、『虐待』という言葉はメジャーではなかった。
だけど、自分がされていることは、決して『良いことではない』と思っていた。

 昔から、親が嫌いだった。
保育園児の頃から『あんな大人にだけはなりたくない』と思っていた。
その気持ちは押し殺していたけれど...。

 父の日、母の日が近づくと、保育園では父親、母親に贈るプレゼントを作る時間があった。
それを作ることも嫌いだったが、家に持ち帰り、親に渡す行為が嫌でたまらなかった。

 子どもながらに、『親が嫌い』と思っていることを表に出してはいけないと思い、ずっと隠して生きてきた。

 そして、時は流れ、私は看護師になった。
私が所属していた病棟は、地元では『天国に一番近い病棟』と言われている。
 白血病などの血液疾患や、肺がん、AIDSなどで亡くなられる患者さんをたくさん見てきた。

 看護師の仕事は、患者さんのプライベートな情報を知る機会が非常に多い。

 過去記事にも書いたことがあるが、色んな家族がある。

 中には親が危篤になり、亡くなられても顔を出さないお子さんが時々いらっしゃる。

 私は、『この患者さんは、命を落としそうになっても子どもが会いに来てくれないだけのことを子どもさんにしたのだろうな』と思う。

 多くの看護師は『なんて親不孝な人なんだ』と、そういうお子さんを罵る。

 そういう場面に出くわす度に、自分を否定されているような感覚になり、職場での居心地は悪かった。

 摂食障害になり、過去の虐待と向き合うことになってから、このブログを書き始めた。

 タイトルが『虐待後遺症に負けない!』なので、読者さんの多くは虐待を経験された方が多いと感じている。

 時々、虐待の世界を経験していない方が非公開でコメントをしてくれることがあるが、
『あなたのしていることはただの仕返しです』とか、『それは復讐だ』と言われることがあった。

 私は負けず嫌いなので、そんなことではくじけないが、本音を言えば傷つきはした。

 『自分を殺しかけた親を嫌いと言ってなぜ悪い?』

 『私が親を殺そうとしたら、それは仕返し、復讐だと思うが、事実を述べているだけで責められるのはなぜ?』

 『私を産んでくれてありがとうということはOKなのに、こんな親の元には生まれたくなかったと発言すると批判されるのはどうして?』

 虐待を受けた人は、虐待の傷を抱えて生きていく。
そして、その後の対人関係でも、『親を敬うのが当たり前風潮』に押し潰されそうになり、更に苦しむ。
 私はこの現象は虐待の二次被害だと思っている。

 だから、私はこのブログで、
『虐待問題は、被害者が声を上げる必要がある』
『虐待を知らない人に虐待問題に関心を持っていただくことが大切』
と訴え続けている。

 南々井梢さんのメッセージを読んで、その思いはより強くなった。

 南々井さんに、さっそく感謝の気持ちを伝えた。

 すると、南々井さんから、あたたかいメッセージが届いた。

 私は、この記事で紹介した南々井さんのメッセージと、私宛にいただいたメッセージで大きな力をもらった。

 いただいた力は、決して無駄にはしない。

 私は、これからも色んなことに挑み続ける!


 ライターの今一生さんが南々井梢さんのメッセージを紹介しているブログ記事はこちらです。
http://con-isshow.blogspot.jp/2017/04/nanai-letters.html

 引き続き、『親への手紙』の公募、本を前払いで購入するクラウドファンディング、寄付受付をしています。

 よろしくお願いします。


 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR