心療内科ラストデーでした。


 今朝、露出を控えますと言っておきながら更新している気まぐれっ子です。

 今日は、心療内科ラストデーでした。

 2015年の夏から、ほぼ週1で通っていましたが、
約1年半お世話になり、終了しました。

 ガリガリでフラフラしてるのに、病識のない私を、根気よく診てくれました。

 当時、身長160cmで、体重は35kg。
本当なら、入院レベルでした。

 でも、入院施設の整った病院に送っても、そんな治療では必ず再発すると言って、
この心療内科で診てくれました。

 途中、私が『摂食障害の原因は親からの虐待による』という証明をお願いして断られた時、
離人感や多重人格が出始めた時に私の話をスルーされた時は、正直ムカついていましたが、トータルでは、この先生は良い先生だったと思います。

 本来、医師と患者は対等なのですが、
私は看護師をしていたので知っていますが、
『上から目線』の医師が多いのが現状です。

 今回、私が別の病院で新たな治療を受けることは、
医師によっては『裏切り行為』、『病院乗り換え』と受け止めるケースが多いです。

 でも、この先生は、それも認めてくれ、応援してくれました。

 STAIR&NST治療が認知行動療法がベースらしいという話をしたら、
「byhさんは、色んなことによく気づくから、うまくいくと思いますよ。」
と言って下さって、とても心強かったです。

 『気づき』ができても実践が伴わないと自分を責める傾向があることも分かってくれていて、
「byhさん、気づいたことを日常生活にすぐに取り入れることができなくても、焦る必要ないですよ。『気づき』が大事なんです。時間がかかっても、その気づきが実を結ぶ日が来るからね。」
と言って下さって、とても嬉しかったです。

 心療内科や精神科は、薬を大量に出して儲けるところが多い中、
この心療内科では、必要最低限の薬しか処方しなくて、良心的でした。

 帰りに何度もお礼の言葉を言ってきましたが、まだ言い足りない感じです。

 先生、今までありがとうございました。

 新しい治療、頑張ります。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR