作業ができない。


 先ほどの明るめの話題から、がらりと変わります。

 私は、今日、梱包作業をするつもりでいます。

 ですが、できていません。

 段ボールを組み立て、底にガムテープを貼ることができないのです。

 心臓がバクバクします。

 頭がクラクラします。

 冷や汗がダラダラ出ます。

 4歳に起こった出来事が、40歳を過ぎても影響しているのです。

 色んな声を聞きます。

 『過去より未来に目を向けて...』

 『大切なのは、今。』

 『被害妄想が膨らんでるんじゃないか?』

 などなど…。

 聞こえてくる声はごもっともだと思います。

 忘れられるものなら、忘れたいですよ。

 それができないのです。

 まあ、これからその治療を受ける訳ですが。

 だから、言っているんですよ。

 『虐待は、あってからでは遅い』と。

 厚生労働省や県などが提示する虐待件数は増える一方です。

 これは、虐待が認知され、通告する人が増えたことを意味しているとは思います。

 しかし、一方では、虐待防止対策の未熟さも意味していると思います。

 ニュースで報じられる虐待は似たようなものばかり。

 私は、今の対策は甘いと考えています。

 いくらサポート体制を作っても、
虐待加害者となるような人は、果たしてそのサポートを知っているだろうか?
関心を持つだろうか?と疑問を感じます。

 まず、社会の仕組み以前に、虐待をするタイプの人は、世間から孤立していたり、周囲に手を差し伸べてくれる人がいない傾向があります。

 そして、閉鎖的な環境で虐待が起こる。

 これの繰り返しです。

 いつまで、このような状態で行くつもりなんでしょうか?

 私が数日前に投稿した、『日本一醜い親への手紙』(仮題)が、
この悪い流れを変えるものになって欲しいです。

 そして、私も、自分が抱えている問題を克服して、
受け身の姿勢ではなく、新たな可能性を提案できるようになりたいです。



 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


 

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-03-23 21:15の鍵コメント様へ。

 こんばんは。byhです。
コメント、ありがとうございます。

 富士山は、この時期は見るのが難しいそうですが、私はこの街の雰囲気も好きなので、治療スタート前にもう一度行ってきます。

 鍵コメント様にも、つらい経験があったことと思います。

 今回、いただいたコメントで、一点気になることがありました。

 『私の日本一醜い親への手紙への投稿が、世の中を変えてくれれはいいなあ』というところです。

 私の投稿した手紙は採用になるか、不採用になるかも分かりません。

 鍵コメント様は、誰かの行動で世の中が変わるといいとお考えでしょうか?

 ご自身で何かできることはないか?と考えたことはありませんか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-03-23 23:09の鍵コメント様へ。

 鍵コメント様にできることが何か?については、鍵コメント様ご自身が考えるべきことだと私は思います。

 私個人の考えであり、押しつける気はありませんが、私は、自分で考え、行動し、出た結果を見て、また考え、行動するということを繰り返しています。

 確かに、何らかの物事が自分に取って良い方向に進んだと感じた時は、私も嬉しくなります。

 ただ、自分の考え、行動で得たものとは、喜びや達成感は全く違います。

 

 
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR