さっそく有言実行です。


 昨日のブログ記事で、お知らせをしました。

 今年の秋に、21世紀版の『日本一醜い親への手紙』(仮題)が出版されます。

 私は、現実でも、この醜い手紙を母親に渡しました。

 しかし、虐待親は虐待を認めませんでした。

 謝罪の言葉もなく、私は親を捨てるという選択をしました。

 中には、私がしていることを「それは復讐だ」と言われたりしました。

 私個人としては、復讐ではなく、事実を述べているだけのつもりです。

 私が過去にされたことが、虐待か?虐待でないか?
もし、運良く採用されたら、読者の方々にジャッジしてもらいたいですね。

 投稿した手紙は、去年の4月頃に渡したものなので、現在の私の状態とは違ってきている面もあるのですが、リアリティーを活かすため、個人情報に関する部分を修正した、ほぼ原文ママの状態で投稿しました。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あゆさんへ。

 あゆさん、こんにちは。byhです。
コメント、ありがとうございます。

 今回の投稿した手紙は、元となる物を手元に保存していたので、すぐに手をつけることができました。

 元は、パソコンで入力していたのですが、今パソコンが壊れているので、印刷しておいた物を再度入力する作業と、固有名詞など、プライバシー侵害になる部分を修正するだけだったので、そんなに手間はかかっていません。

 物事を考えることには大きな意味があると思います。
しかし、頭の中でアイデアが浮かんでも、それを形に表したり、行動をしなければ、絵空事で終わると私は思っています。

 私の場合は、実行してからついてくる結果や、新たな課題が見えてくる場合が多いです。

 この企画の応募締切は、6月末だったと思いますが、場合によっては先着順で切る可能性があるとのことでしたので、早めに動きました。

 私の行動について、復讐と受け取るかどうかについては、判断する人の性格や、立場により様々だと思います。

 受け取り方は、それぞれの方の自由ですが、私の考えとして、復讐のつもりはないことを主張しました。

 今回投稿した手紙の採用については、8月頃に分かるようです。

 内容が、かなりガチな物になっているので、読者さんがフラッシュバックを起こす危険性が高いと判断されたら、不採用かもしれないです。

 詳細が分かり次第、ブログでお知らせをします。

 
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR