帰ってきて、見えた課題。


 先ほど、旅先から帰ってきました。

 今回の旅でも、新たな気づきがありました。

 そして、見えてきた課題もありました。

 今日は、その見えてきたことを忘れないうちに書きとめておこうと思います。

 私は、多重人格。
実は、旅行中にも人格交代の兆しが数回ありました。
でも、踏みとどまりました。

 私の人格交代の仕方は、大きく分けて2つのパターンがあります。

 1つは、睡眠がきっかけとなるもの。
これについては、目覚めたら別人格になっているので、防ぎようがないです。

 もう1つのパターンは、起きている時に人格交代が起こるもの。
これは、人格交代が起こる前にある兆しがあります。

 このブログでも何度か書いたことがありますが、
離人感と言って、自分が自分でないような感覚が出てきます。
感情がなくなり、記憶が遠のきそうになります。
ここで、踏みとどまることができると、人格交代が起こらないことが分かりました。
私の場合、人格交代は心に何らかのストレスがかかった時に起こります。
だから、ストレスの原因となるものを取り除くか、ストレス耐性を強くすると人格交代が起こる頻度は減るのではないかと思いました。

 そのために必要なものは、自分の心を強くすること、自分の心にゆとりを持つこと、信頼できる人に助けてもらうことなのかもしれないと思いました。

 次は、摂食障害について。

 私は1日3食宣言をしてから、これを継続しています。
ただ、食べ方に問題がありました。

 食べられる食材はかなり限られていました。
元々は、食べ物の好き嫌いは少ない方です。
でも、病気によって、本当は食べられる物を口にしていませんでした。

 旅行中は、ホテルに滞在していたので、自宅にいるような食生活ができませんでした。

 そしたら、今まで避けていた食材も抵抗なく食べている自分がいました。

 食べ方も、普段は『三角食べ』ができていませんでした。

 いわゆるダイエット食べというもので、最初に野菜だけを食べ、お味噌汁やスープを飲み、次におかず、最後にごはん物を食べるようにしていました。
 決してお行儀の良い食べ方ではありませんでした。

 夜は空腹を感じても⚪時以降は絶対に食べないというルールもありました。

 旅行中は、外食する機会があったこともあり、普段なら手を出さない食材も食べました。
三角食べができていました。

 キレイな富士山を見ていると、しょうもないことにとらわれている自分が馬鹿らしく感じました。

 色んなことを考え、脳みそを使うと、体はブドウ糖を消費するので甘い物が食べたくなります。
そして、食べました。

こういう感覚が大切なのだと思います。

 旅先など、非日常の世界だけでなく、日常にも取り入れたいと思いました。

 自己肯定感について。

 これは、ふとした時に『あれ?なかったはずの自己肯定感が芽生えてる?』
と感じました。

 私独特の勘によるものです。

 まだ、不確かな状態です。

 多重人格についても、摂食障害についても、自己肯定感についてもそうなのですが、
おそらく、春から始まる新たな治療の中で、『ああ、そういうことか』とつながることがありそうな気がします。

 心療内科の先生に、摂食障害の治療を受け始めた頃に言われた言葉を思い出しました。

 「今はピンと来ないかもしれないけど、病気の回復には努力だけでなく、運やタイミングも必要。
太りたくたいあなたが体重を増やすのはとてもきついこと。だけど、『なーんだ、そういうことか』と思える日が来るよ。あなたは、そういう波をキャッチする能力はすごいから、タイミングをつかむことができると思うよ。」
 ⬆
 おそらく、今、先生が言っていたタイミングをつかみかけているのだと思います。

 そして、春から始まる治療で、この感覚が本物かどうかが分かるような気がしています。

 だから、私は、春から始まる新たな治療に、全力で臨みます。

 それが、今の私の最重要課題です。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

レナさんへ。

 レナさん、こんばんは。byhです。
コメント、ありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

 旅は、いいですね。
日常とは違う環境に身を置くと、普段は見えないものが見えるような感覚が出てきます。

 こういう感覚を日常生活でも持つことが大切なのだろうなと思いますが、なかなか難しいですね。

 レナさんがおっしゃるように、心の病気は、精神科医による治療だけでは足りないのかな?と私も感じています。

 きっかけも、どこにあるか分からないですよね。

 私は、人が信じられなくて内にこもってばかりいましたが、回復のきっかけをつかむためには、勇気を持って自分の殻から抜け出すことが必要だと思います。その方が回復のきっかけをつかむチャンスが増えるんだと思います。

 いつもあたたかいお言葉、ありがとうございます。
とても励みになっています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

レナさんへ。

 レナさん、こんにちは。byhです。
コメント、ありがとうございます。

 私の文章表現が拙いせいでレナさんに心配をかけてしまいましたね。申し訳ありません。

 今までの私なら、ネガティブモード発動してたけど、今回はそうはならないよ。ということを言いたかったのでした。

 私も本当は、ひとりでいることが結構好きなタイプです。
でも、今までは内にこもり過ぎていたなあと思います。

 色んなチャンスに巡り会うためには、やっぱり殻に閉じこもっていてはダメなんじゃないかな?と感じています。

 
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR