ついているんだか、いないんだか...。


 突然だけど、私はもう少しすると、ある記念日を迎えます。

 そのことは、その日に書こうと思っているので、今は内緒。

 で、ちょっとそういう区切りもあり、今までの自分を振り返っていました。

 まず、私は、この世に生まれてきたこと、
あの男と女の間に生まれてきてしまったことが、
人生最大の失敗だと思っています。

 そこは、なかなかブレないですね。

 太宰治の『生まれてきてすみません』状態です。

 そして、虐待、過干渉に苦しむ日々が始まってしまいました。

 集団には馴染めず、いじめにも遭いました。

 でも、中高時代は、ひとりだけ私の味方になってくれた子がいたので、
何とか踏ん張れました。

 大学時代は、友だちゼロ。
 バイトに明け暮れて、居心地の悪さをごまかしてやり過ごしました。

 そして、飲食業界➡生命保険会社勤務を経て看護師に...。

 患者さんに逆に支えられ、何とかやってきたけど、
去年の5月にメニエール病発症。

 毒母の過干渉ヒートアップで拒食になりました。

 でも、耳鼻科の先生が、私のストライクゾーンに入る貴重な方だったので、
「試しに心療内科に行ってみるのもいいと思うよ」
と言われても、私はその言葉を素直に聞くことができました。

 そして、心療内科で正式に摂食障害の診断を受けて治療スタート。
この心療内科は私がリサーチした心療内科の第1候補ではなかったけど、
強引に入院させたり、高カロリー輸液をしても再発するから、
再発しない治療をすると言ってくれました。

 ここで、摂食障害の原因に親子関係があることが分かり、
虐待と向き合う人生が始まりました。

 最初に相談に行ったのは、虐待を研究している小児科医のところ。

 ここで、精神保健福祉センターは『臭いものには蓋をしろ』というスタイルだと聞いていました。
でも、それ以前に、この小児科医が私の中高時代の同級生の父親で、私の個人情報をたれ流していたことが発覚し、ここに通うことはやめました。

 そして、ダメ元で精神保健福祉センターに相談して、定期的に面談を受けることになりました。
実際の精神保健福祉センターは『臭いものには蓋をしろ』ではありませんでした。

 心療内科で人格の話をスルーされている中で、
精神保健福祉センターは私が1番困っている症状の話をきちんと聞いてくれました。

 そしてそして、最終的には、
『全国で数人しかいない複雑性PTSDを治せる精神科医』につなげてくれました。

 この先生も、私の極端に狭いストライクゾーンに入ってる先生でした。

 そしてそしてそして、春以降に新たな治療を受けられることになりました。

 この治療、全国でも数人しか受けていないとブログで書きましたが、
もっと詳しく言うと、まだ5人もいないのです。

 ここから先は、まだ未知の世界ですが、
診察風景は撮影されるし、私がこの治療を受けることで、
今後、虐待後遺症がどれだけのダメージを人に与えているのか?ということの証明にもなるかもしれない。この先生が、私を材料として論文でも書いてくれたら、虐待のダメージを受けて複雑性PTSDを発症した人に貢献できるかもしれない。

 そういう状況は、「虐待されました。つらいです。」だけでは満足できない私にとっては、
大変喜ばしいことです。

 今まで、色んなことがあったけど、
私がピンチの時には何らかのチャンスもやって来ています。

 『こういう人生もアリ?』

 そんなことを思いました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしいです

ビーフちゃんの捉え方が素晴らしいと思いました。 

長い間ブログ仲間だった人で苦労されてきて、それでも幸せを引き寄せている方がいます。 私の足の件でも励ましてくれた方なのですが、同じようなことを仰ってました。

その方もそうでしたが、ビーフちゃんも過去をバネにして、自分の力で幸運を引き寄せているんだと思います。 最近特に生き生きしてる感じですよね。

ブログやツイッターで読んだ限りでは、今度の先生とてもよさそうですし、間違いなく良い方向に導いてくれるという気がします。 ほんと良かったです。

これからも応援し続けますので、発信し続けてくださいね(無理のない程度に)

No title

こんにちは。
今日、ようやく8月15日頃までのブログと
その時々のコメも含め…
読ませて頂きました。

私は
過去に「拒食症」にかかった事が
あります。
また、長い間
普通の生活ができないで苦しみ
病院へ行く度に「自律神経失調障害」
といわれていました。
看護師されてたbyhfsさんは
ご存知だと思うんですけど
これは病名ではないのですよね。

だから仕事を休んだり
その他、診断書の提出に困りました。

その過程で
睡眠薬と精神安定剤を気安く
出す医者が居ました。
ちゃんと説明してくれる医者は
まだマシですけれど…
これは怖いことです。

とことん状況が悪化して
最終的にもらった診断は
重度の自律神経失調障害で
「神気症」・「神気障害」・「神気症候群」などと
言うらしく
過去に精神安定剤を使った
治療を受けました。

その治療後今の夫と再婚し
娘を出産。
多少は普通じゃない生活部分
ありますけど。
今では、体調不良の度に
「自律神経失調症」とうい名前で
済まされることは減りました。

寝たきり生活を一時期やっていたので
同年代の方に比べると
体力とか無いんですよ。

byhfsさんのブログを読んでいて
同じ思いをした部分
そうではない部分ありますけれど
何かお役に立つことがあれば…

そう思いながら
ブログを読ませて頂いています。

ただ、私がどうやってそうした病気になり
またどうやって克服したかは
いろいろやりすぎて!?(笑;)
公のブログには書けないでいます。

また理解はされないので
必要なとき以外は話さないです。
話しても皆さん「??」ですしねー(^^)

また続きを読みにきますね☆

シャイドリーマーさんへ。

 シャイドリーマーさん、こんにちは。ビーフです。
コメント、ありがとうございます。

 私が去年の夏に摂食障害の診断を受けた時に、心療内科の先生にこう言われました。

 「摂食障害の治療は、そう簡単なものではないよ。いくら努力しても結果が出ない時もある。努力だけではなく、運やタイミングも必要なんだ。それらが重なると、『何だったんだ?』と思える日が来るよ。心配しなくてもいいよ。あなたは感受性が強い人。そういうタイミングはつかめると思うから大丈夫。」

 今が、そのタイミングなのかなあと思っています。

 おそらくこれから受ける治療は、きつい面もあるとは思いますが、虐待からの生き残り根性で乗り越えていきたいと思っています。

 いつも応援ありがとうございます('-^*)

mikiyoさんへ。

 mikiyoさん、こんにちは。byhです。
コメント、ありがとうございます。

 昨日、人格交代があったこともあり、お返事が遅くなり申し訳ありません。

 私は、自分の書いたブログ記事は恥ずかしくて、あまり過去記事は読み返しはしない方なのですが、8月くらいになると、だんだん私の猫かぶりがはがれてきている頃かな?と思いました。

 おそらく、結婚されて、お子様もいらっしゃるmikiyoさんにとっては不快な記事も出てくると思いますので、適当に読み飛ばしていただければと思います。

 mikiyoさんも、拒食になられたことがあるのですね。

 メンタル系の治療は、本来は患者さんの症状の原因となっている心の傷を治すことが最善なのですが、それでは病院は儲からないので、簡単に薬を処方して儲かることを優先させる病院が多いですね。本当に恐ろしいことです。

 私はこのブログを始めたきっかけは、手のしびれにより、今までノートなどに自分の気持ちをはき出していたのができなくなったことにありました。

 当時は、誰かに読んでもらうことは全く考えていませんでしたが、徐々に読んで下さり、応援して下さる方がいてくれるようになり、このブログの意味合いも変わってきたような気がします。

 そして、次の何かをするエネルギーにもなっていて、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

 mikiyoさんのペースで、読んでいただけると嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。



 
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR