良しとするか。


先日、『みんなの人権110番』に送ったメールの返信がきました。

以前にも電話相談をしたことがあるので、
その時の対応とあまり変化はありませんが、
通話内容を録音していたボイスレコーダーがぶっ壊れて、
聞けなくなっていたので、ある意味助かりました。

私は、2代目ボイスレコーダーが届いたら、
全国の法務局に電話をかけまくるつもりでいます。

以前、『みんなの人権110番』で、痛い目に遭いましたが、
相談する際の表現が重要なのです。

「児童虐待防止法だけでなく、過去に虐待され、大人になった人を守る法律を作って下さい。」

この表現はアウトなのです。
「法務局は、新たな法律を作る権限はありません」で終わります。
「厚生労働省に相談してみてはいかがですか?」と言われたりします。
でも、厚生労働省は、
「あなたは18歳未満ではないので、対象外です。」と一蹴します。


では、どう表現したらいいのか?ですが、
「過去の虐待が原因で苦しんでいる人がいて、そういう人を守る法律が必要であるという啓発活動をして下さい。」
と言わないとダメなんです。

こんなこと、普通は分からないですよね。

私は、以前失敗したから知ったことです。

『物は言い様』と言っても、一般市民にこんなクオリティーが必要なのはいかがなものか?と思いますが、
とりあえず、電話で言うセリフは決まりました。

2代目ボイスレコーダーの到着が待ち遠しいです。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR