私が欲しいのは、同情ではなく関心だ。


 今日は、やさぐれているので、
読む方によっては、不快に思われる方がいらっしゃると思うので、
先に謝っておきます。

 「これから書く内容に不快感を持たれたり、傷ついた方、
本当に申し訳ありません。」

 それでも、なお言いたいことがかる。

 私は、このブログ記事で、自分の虐待経験を語っている。

 その目的は、
『あなた、かわいそうね。』とか、
『そんなひどい目に遭ったの?』などという同情をしてもらうためではない。

 同情だけでは、何も変えられないから。

 私が欲しいのは、『関心』だ。

 『この世の中には、こんなおかしなことが起こっている。
それは、決してあってはならないことなんだ。
おかしいところを正しくしていこう。』
というメッセージを込めているつもりだ。

 だけど、私ひとりがもがいたところで、
世の中は簡単には変わらない。

 自分の経験だけを語るだけでは、説得力に欠ける。

 だから、私と同じような、あるいはそれ以上にひどい目に遭って、
声を上げることができない人の分の思いも、一緒に届けたいのに、
私の感受性の強さが、私の心を、体をむしばむ。

 時間のある今のうちに、色々勉強したいのに、
私の感受性の強さが邪魔をする。

 自分の未熟さに、腹が立つ。

  
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR