耳鼻科受診。


今日は、耳鼻科受診の日だった。

byhは、耳鼻科の先生をかなり信用している。
多分、今日の診察を楽しみにしていた。

でも、昨夜の状況から危険を感じたので、
朝起きたら私fsになっていたのだろう。

最初は、今回は私の期間は短いだろうと思っていたが、
正直なところ、分からない。
また、長引くかもしれない。

そうなると、ブログの文章も、コメントへのお返事も、
淡々としたものになるが、ご了承いただければと思う。

耳鼻科受診の流れは、
聴力検査→診察となる。

私は、先生のことは知ってはいるが、
話をするのは初めてだった。

byhが心を開いているだけあって、
器の大きい感じで、頭の良い先生だった。

byhは、耳鼻科の先生に心療内科のことをたくさん話していたので、
別人格の私が行っても、先生は普通に対応してくれた。

問題の聴力検査は、やはり予想通りに悪くなっていた。

私のメニエール病は、左耳だが、今回は右耳の聴力も落ちていた。

ご参考までに…。
20160923144143a92.png

ちょっと見にくいが、これが難聴度分類だ。

私の聴力は、
5月 右:16~18.3( 正常 ) 左:31~35( 軽度難聴 )

7月 右:27.5~29( 軽度難聴 ) 左:40~43.8( 中等度難聴 )

9月 右:34.2~36.7( 軽度難聴 ) 左:50~52.5( 中等度難聴 )

という感じで、悪くなっている。

右耳の軽度難聴は、中等度難聴に近づいている。
左耳の中等度難聴も程度が進み、高度難聴に近づいている。

テレビの音が聞こえにくいのも納得だ。

私は、基本的に引きこもりをしているので、
日常生活に会話がほとんどない。
気になったのは、仕事への影響だ。

先生に聞いてみた。

「私の聴力障害は、看護師の仕事に支障があるレベルですか?」と。

先生は、
「近距離なら大丈夫だと思います。ただ、小声だと聞き取りにくい場合もあるかもしれないです。
今までは、右耳がカバーしていましたが、最近右の聴力も落ちてるのが気になりますが、
これは、もう少し経過をみないと何とも言えない感じです。
少し離れたところからの声には気づかない可能性があります。
だから、職場復帰の際には耳のことはスタッフに事前に言っておいて、理解してもらった方がいいと思います。」
と言っていた。

byhは、聴力検査の結果をすごく気にしていた。
私は、『ああ、そうか』という感じだった。
実際の自分の聞こえ方の変化と、検査結果が一致していたので納得した。

先生は、私の多重人格に配慮してくれて、
私が、人格の入れ替わりの際には、それぞれが書き残したものを参考にしながら
記憶をつないでいると話したら、
「そしたら、後で見られるように検査結果をプリントアウトしておきましょうか?」
と言ってくれた。

byhは、見たら落ち込むかもしれないと思ったが、
私としては欲しかったので、印刷してもらった。

この先生は、頭がいい、人間もできた人だと思った。

byhの代わりに、東京のおみやげを渡して帰ってきた。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よい先生

もう一度 こんにちは。 受診 お疲れ様でした。

耳の病気のことは心配ですが、先生がとてもいい方のようで良かったです (^^♪

お医者様の中には、人格的にちょっとという人もいますもんね。

今はFSさんなんですよね。 先ほどは温かいコメントのお返事 ありがとうございました。 

思い出したことで辛くなったりはなかったので、だいじょうぶです (^^)/ ご心配いただきありがとうございます。 

余談ですが、うちも両親とも毒親です。 父親については去年気づきました(辛すぎて忌まわしいことを忘れてたみたいで、昨年急に思い出したんです)

人格障害かわかりませんが(でなければ悪魔のような性格の持ち主?) 世の中で最も嫌いな人が父親です。

母については半分狂ってる人なので、憎む気力もないというか・・・複雑です。 でも他人だったら、すごく嫌いなタイプだと思います。

またいろいろお話させていただけたら と 思います。 いつもありがとうございます。 お身体お大事になさってください。

シャイドリーマーさんへ。


シャイドリーマーさん、コメントありがとうございます。

耳鼻科の先生は、私fsが見てもいい先生だと思いました。

ただ、初めて話すことと、私はbyhと違い、余計なことは話さないので、聞きたいことだけ聞いてきた感じです。

私は看護師なので、色んな医師と関わってきましたが、大半は人間としては問題点ありな人が多いですね。

失礼な言葉になりますが、シャイドリーマーさんのご両親はどちらも毒親みたいですね。

ボーダーラインの人は、見る人によっては『魅力がある』『個性的』と感じる場合があり、ボーダー同士の夫婦は多いです。

私のブログでよければ、いつでも話しに来て下さい。
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR