児童虐待防止法を読んで ( 7 )

続きです。


(警察官の援助)

第十条 第八条の規定による児童の安全の確認、同条の一時保護又は前条第一項の規定による立入り及び調査若しくは質問をしようとする者は、これらの職務の執行に際し必要があると認めるときは、警察官の援助を求めることができる。

(指導を受ける義務等)

第十一条 児童虐待を行った保護者について児童福祉法第二十七条第一項第二号の措置が採られた場合においては、当該保護者は、同号の指導を受けなければならない。

2 前項の場合において保護者が同項の指導を受けないときは、都道府県知事は、当該保護者に対し、同項の指導を受けるよう勧告することができる。

(面会又は通信の制限)

第十二条 児童虐待を受けた児童について児童福祉法第二十八条の規定により同法第二十七条第一項第三号の措置が採られた場合においては、児童相談所長又は同号に規定する施設の長は、児童虐待の防止及び児童虐待を受けた児童の保護の観点から、当該児童虐待を行った保護者について当該児童との面会又は通信を制限することができる。

(児童福祉司等の意見の聴取)

第十三条 都道府県知事は、児童虐待を受けた児童について児童福祉法第二十七条第一項第三号の措置が採られ、及び当該児童の保護者について同項第二号の措置が採られた場合において、当該児童について採られた同項第三号の措置を解除しようとするときは、当該児童の保護者について同項第二号の指導を行うこととされた児童福祉司等の意見を聴かなければならない。

(親権の行使に関する配慮等)

第十四条 児童の親権を行う者は、児童のしつけに際して、その適切な行使に配慮しなければならない。

2 児童の親権を行う者は、児童虐待に係る暴行罪、傷害罪その他の犯罪について、当該児童の親権を行う者であることを理由として、その責めを免れることはない。

(親権の喪失の制度の適切な運用)

第十五条 民法(明治二十九年法律第八十九号)に規定する親権の喪失の制度は、児童虐待の防止及び児童虐待を受けた児童の保護の観点からも、適切に運用されなければならない。

(大都市等の特例)

第十六条 この法律中都道府県が処理することとされている事務で政令で定めるものは、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項の指定都市(以下「指定都市」という。)及び同法第二百五十二条の二十二第一項の中核市(以下「中核市」という。)においては、政令で定めるところにより、指定都市又は中核市(以下「指定都市等」という。)が処理するものとする。この場合においては、この法律中都道府県に関する規定は、指定都市等に関する規定として指定都市等に適用があるものとする。

以上


正直、このあたりに関しては、私は知識が全くない。
だから、意見を述べることもできない。
今後の自分の課題だと思った。

でも、7回にわたって紹介した『児童虐待防止法』は、
全文を読んだことのある方は少ないのではないだろうか?

内容が退屈なので、中にはこれらの記事は読まなかった方もいらっしゃるかもしれないけど、
目を通して下さった方がいらっしゃると、私は、この記事を取り上げて良かったと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

byhさんこんばんは。

たくさん勉強されているんですね。虐待に対する理解もあまりされていないし、対応も追いついていないんでしょうね。最近、虐待のポスターは目につくようになりました。

虐待されていることに気づかず、大人になってもその延長で嫌がらせされている人も多いと思います。私もそうです。

なるべく距離をとるようにして、母の言うことを聞き流せるようにしようと思っています。

虐待防止法初めて読みました。ありがとうございます。

ぴよさんへ。

ぴよさん、こんばんは。byhです。

コメント、ありがとうございます。
そして、この堅苦しい記事を読んで下さったのですね。
とても嬉しく思います。

スマホにブックマークで児童虐待防止法を保存している私は、どうかと思いますが、いつか、記事に書きたいと思っていました。

この法律を作った人たちが、いかに虐待のことを分かっていない、もしくは分かっているけどめんどくさそうなことには手を出していないことが浮き彫りになっていると感じました。

そしてまた、自分の知識の足りなさも実感しました。

私は、今のところは時間がいっぱいあります。
関心のあることを勉強するのは苦になりません。
今のうちに、色々身につけたいと思います。

隠れた虐待、気づかれない虐待のない世の中になってほしいですね。
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR