ささやかな抵抗


私は、このブログを始めた時、一番最初に、

「私は、虐待被害者です。」
と書きました。

時々、とあるサイトのカキコミ板で、虐待に対して自分が思っていることや感じたことを投稿したり、他の方のカキコミにコメントしています。

その時に、ニックネームとか、年齢などを入力します。
入力する項目には、必須のものがありますが、ほとんどの項目は任意なので、空欄のまま投稿することも可能です。

その入力項目のひとつに、
『あなたの立場』というものがあります。

多くの方は、空欄で投稿したり、コメントしているみたいです。
入力している方は、『子ども』『母親』などが多い印象があります。

私の場合は、
『虐待被害者』と入力しています。

私の手元にある辞書によると、
『被害者』とは、

①天災・人災によって損害を受けた人。
②他人の不法行為によって自分の権利を侵された人。
とあり、
対義語として、『加害者』と書かれています。

私は、今までの人生の大半を、偽りの自分で過ごしてきたので、自分でも自分がどういう人間なのか、よく分からないです。

部分的に分かっていることは、どうやら、私は負けず嫌いのようです。

だから、虐待に対して世間の関心が薄い現状に怒りの気持ちや、やりきれない気持ちを抱いています。

この現状を打破するには、虐待を受けた人が声を上げないといけないと考えています。

『虐待被害者がいる』ということは、
『虐待加害者がいる』ということです。

でも、残念ながら、加害者には自分が加害者であるという自覚がなく、平然と日々を過ごしているケースがあまりにも多いと感じています。

私が、自分のことを『虐待被害者』というのは、『虐待加害者がいる』ということをアピールするためです。

決して、『あなた、かわいそうな人なのね』と同情を集めるためではありません。

ただ、残念なことに、虐待加害者の多くは、自分が加害者である自覚がないので、虐待への関心もなく、私が投稿しているサイトを訪れることもないと思っています。

それでも、ささやかな抵抗ではありますが、
私は敢えて、自分のことを『虐待被害者』と表現しているのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR