雄飛さんから学んだこと。


さて、ここでは、ライブの感想を書きたいと思います。

『また小宮山さんか?』

と思う方もいらっしゃると思いますが、
今日のライブは、ただ楽しいだけでなく、
私にとっては学びもありました。


私ひとりで20年以上盛り上がっている、
小宮山 雄飛さん初のソロライブ、
『ほしぞらとポップの音楽会』
に行って来ました。

チケットの整理番号があまりよろしくなかったので、
いい席で見れないと思いきや、
結構いい席取れました。


20160905232124902.jpg


○で囲んでいるところが、雄飛さんのポジション。
私は、前から3列目でしたが、1~2列目とズレていて、前の人の頭が邪魔にならず、
短パン姿の雄飛さんの全身がバッチリ見えました。
残念ながら、今回は長袖シャツで、私の変態萌えポイントは見えなかったです…。


曲は、バンクス、ユウヒーズ、ホフディランの曲をアレンジしたものの他に、
今回のライブ用の新曲や、珍しくカバー曲も歌ってくれました。

会場がプラネタリウムでゆったり席のためか、
私の近辺のお客さんの大半は、ライブ中も微動だにしないおとなしい感じでしたが、
取材直後のテンションMAXの私は、周りを気にせずノリノリでした。

でも、1曲目を聴いた時から
『あ、雄飛さん、今日は喉の調子が悪いな』
と思いました。

free stylerの私なら、
『プロなら本番に合わせて来てよ』
と、ツッコミしそうですが、byhはそうではありませんでした。

byhの私は、
『雄飛さん、調子は良くないけど、今、必死でみんなに楽しんでもらおうとしてる!』
と、感動しまくりでした。

プラネタリウムで星を見ながら音楽を聴くのは初めてで、
とても新鮮でした。

びっくりしたのは、最後に雄飛さんが言った言葉でした。

「実は、今日、リハーサルし過ぎて、喉を潰してしまいました。
申し訳ありません。次が最後の曲ですが、正直なところ、バックバンドなしの弾き語りも初めてだし、この喉で出せないキーがあるかもしれないです。でも、1曲でも多く聴いてもらいたいので歌わせて下さい。途中でもし僕の声が出なくなったら、皆さんが『ゆうひー』とか『イエーイ』と声を出して助けてくれると嬉しいです。一緒に盛り上がりましょう。」
と言いました。


これについては、受け取り方は、人それぞれだと思います。

私は、
『雄飛さんって、なんて勇気のある方なんだろう。
そして、ライブは自分だけでなく、スタッフやお客さんと一緒につくるものって考えているんだろうな。
だから、雄飛さんのライブは毎回楽しいんだなあ。』
と、しみじみ感じました。

プロが「調子悪い」って言うのは間違いなのかもしれません。
でも、20年以上やってきて、お客さんを信じているからこそ、
「調子悪い」「助けて」が言えるんだと思います。

普段、「助けて」が言えない私は、
より強く、そういうことを言う勇気の大切さを学びました。

そういう意味でも、今日のライブは本当に最高でした。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR