患者さんと医療従事者との関係について。


私が、看護学校に通っていた頃は、
『患者と医療従事者は対等である』と習った。

医療従事者には、実際は医師、看護師の他にも色んな人がいるけど、
話を簡潔にまとめたいので、申し訳ないけど、この記事では、医師と看護師だけにしておく。

『患者さん=看護師=医師』だ。

だけど、実際に就職してみると、違っているケースがあまりにも多かった。

『患者さん<看護師<医師』となっていることが多いと感じていた。

医師は、『オレ、私が治してやってるんだぞっ!』みたいなアホが大勢いた。
『それが、あなたの仕事だろ?給料もらってるんなら、恩着せがましい態度を取るなよ』と私は思っていた。
新人の頃、患者さんに対して謙虚な姿勢でいた医師が、数年後には先に書いたようなアホに染まっていく姿を見ると悲しかった。
『あなたも、そうなっちゃったんだね…。』と。
ひどい場合は、新人時代からアホ医者なやつがいる。こいつは、もう救いようがない。

こんな医師が多いから、「病状説明は1回したらもうしない」とか平気で言う奴らであふれている。

でも、患者さんは、聞き慣れない専門用語、訳分からないカタカナだらけの薬の名前を、まくし立てて言われても、ただでさえ病気になったショックもあるのに、1回聞いたところで全てを理解し、受け入れられるはずはないのだ。

アホ医者は、それが分からない。勉強できても意味がない。

だから、私は、医師が患者さんに病状や治療の説明をする場に、可能な限り同席していた。
患者さんの理解度、病気に対する受け入れがどれくらいできているかを知るためと、
患者さんが医師からの説明を再度求めても、医者が応じない場合に、前回の説明でどういう話があったかを代わりに言えるからだ。

ごくまれに、素晴らしい医師がいる。
こういう医師を見つけた時には、『この先生と一緒に仕事ができて良かった』と思えた。
こういう医師は、患者さんが疑問を感じても、その都度、きちんと対応してくれる。
看護師がパイプ役となり、「○○さん、最近~~なんですよ、ちょっと気になります。」と報告しても、嫌な顔せず、「そうなんだ、知らなかったから、教えてくれてありがとう。私も、気にかけておきます」という返事があって、
チーム医療の醍醐味を感じることができる。


看護師も、ピンきりだ。
『世話してやってる感』丸出しの看護師、口の軽い看護師、やってないケアをカルテ上ではやったことにしている看護師、色々いる。
『白衣の天使』は、9分9厘嘘だと思っておいた方がいい。


患者さんは、『先生に病気を治して頂いている』、『看護師さんにはお世話になっている』と遠慮がちな傾向が強い。
医療従事者は、単なる奉仕活動をしているのではない。
ちゃんと給料をもらって仕事をしている。
治療を受けるのは、患者さんご本人。
自分が納得いくまで、医師に説明を求めていいし、看護師に援助してもらうことに気兼ねしなくていいのだ。



今、患者になった私は、この思いが更に強くなった。

職場復帰したら、

『患者さん=看護師=医師』の世界を目指したい。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私の考え

こんばんは。
私の場合、看護師になったのは、自分に自信がなく嫌な人間だと思っていて、看護師になれば優しくなれるかもしれないと思ったからです。
看護師になりたての頃は、患者さんを助けてあげようなんておこがましい事を考えていました。
でも、助けらえていたのは、私の方でした。
エンドステージの患者さんが風邪で熱がある私を心配し「私の所で座って、休んでいらっしゃい。」と言ってくださった方。初めのうちは「新人なんかに注射なんかさせない!」と言っていた方が毎日笑顔で部屋を訪問すると「もう、そろそろ注射させてやってもいいぞ。ついでにここで休んでいけ。」と言ってくださった方など優しい患者さんに恵まれました。
看護師になりたての頃は1年間で50人以上亡くなるような病棟にいましたが、その頃は看護師になってよかったと思いました。患者さんあっての看護師。
そう、思えるようになりました。

カメ子さんへ。

カメ子さん、こんばんは。byhです。
コメント、ありがとうございます。
お体の調子はいかがでしょうか?

私が所属していた病棟は、血液内科、呼吸器内科が主なところでした。血液疾患は、抗がん剤治療ができなくなっても輸血が必須なので、ホスピスは受け入れてくれません。呼吸器疾患は肺癌が多いですが、うちの医師はホスピスへの転院をすすめるタイミングが下手で、結局うちの病棟で亡くなる方が大半でした。

私は、集団に馴染めない体質のようで、この職場でも浮きまくっていましたが、患者さんにはかわいがってもらえました。

死を意識している患者さんの感受性は鋭いです。私が記事に書いたようなことをする看護師は、自己満足に浸っていましたが、患者さんには見破られていました。

患者さんから学ぶことは、本当にたくさんありますし、心に残ります。

私は、メニエールの関係で、職場復帰の部署は夜勤のない外来になりそうですが、私なりにできることをしていきたいと思っています。まだ、先の話ですけどね。
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR