ただただ悔しい。


これから書く内容は、読む方によっては、
『そんなの、ただの被害妄想だ』
『自分の努力が足りないだけじゃないのか』
『卑屈になり過ぎなんじゃないか』
『こじつけもいいところだ』
と感じるかもしれない。

でも、このブログは、私のテリトリー。
思ったことをそのまま書く。


私は、メニエール病の薬を3種類内服している。
本当は、4種類だった。
1種類は、拒食悪化の危険があるために止められている。
前回の耳鼻科受診で先生に再開して欲しいと頼んだけど、処方してもらえなかった薬だ。

その薬が、一番効いていた。

拒食にさえなってなかったら、薬を止められることもなく、ここまで聴力低下はしなかっただろう。

メニエール病発症のきっかけは、職場での対人関係の行き詰まりだ。

私は、この職場だけでなく、どの集団にも馴染めない。

前の職場でも、大学でも、高校でも、中学でも、小学校でも、保育園でも、どこでもだ。

クラスメートや同僚には、「何を考えているか分からない」と言われてはじかれる。

教師には、「協調性がない、子どもらしさがない」と目の敵にされる。

上司には、『かわいげのない部下』扱いをされる。

掘り下げると、全てが虐待にたどり着く。


心療内科の先生は、精神科医の中では理解のある方だと思うが、
上記のことは理解してくれていない。

精神保健福祉センターの精神科医は、理解してくれているが、
この先生は、臨床( 医療現場 )にはいない人。

虐待されていなかったら、こんなにも対人関係に苦しむことはなかったのではないか?

メニエール病にはならなかったのではないか?

拒食にもならなかったのではないか?

もう少し、周囲の人たちと馴染めたのではないか?

上司から、厄介者扱いされずに済んだのではないか?

教師からのいじめにも遭わずに済んだのではないか?

クラスメートからもいじめられずに済んだのではないか?


私は、15歳の時に『結婚はしない』と決意したが、
本当は、大の子ども好き。
15歳までは、結婚もしたかったし、子どもも欲しかった。


全ての歯車が、幼少期の虐待から狂っている。

虐待された事実を、なかったことにはできない。



今、ただただ悔しくてたまらない。


何度も言うが、世間は、この実態を知らなさ過ぎる。


この溝を何とかして変えたいと、強く思う。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

byhさんおはようございます。

眠れなくてつらいですね。性格は虐待の影響を受けると私も思います。

思春期の反抗も押さえつけられるし、多分幼児期のイヤイヤも押さえつけられたのではないかと思います。

byhさんの性格とは少し違うけれど、私は自己主張ができず、自分を責めてきました。

お大事にしてください。

ぴよさんへ。

ぴよさん、おはようございます。byhです。

ぴよさんは、お元気ですか?
先日、コメントをいただいた時、普段のぴよさんと違って、元気がないような気がしていたので、ちょっと心配していました。

私は、色々ありつつ、何とかどん底ネガティブ回避を目指しています。

やっぱり、虐待を受けると、自己肯定感は低くなるみたいですね。親に褒めてもらったり、認めてもらうことなく成長してしまうので…。

私も、思春期の反抗期はせずに大人になりました。
その頃は、あの女の愚痴の聞き役をさせられていました。

心療内科の先生や、精神保健福祉センターの精神科医にも、「反抗期に反抗できていたら、ここまでこじらすこともなかったのに…。」と言われます。

なかなか簡単にはいきませんが、お互いに、あまり自分を責め過ぎないようにやっていけるといいですね。

こちらは、昨日の夜は涼しかったですが、今日は暑いです。
ぴよさんも、心身ともにお大事になさって下さいね。

こんにちは

やはりメニエル病はストレス性のものだったみたいですね。
薬が減った事とメンタル面の性で悪化しているのかもしれませんね。

私が小学6年生の卒業文書に「大人になったらお母さんになって2人くらいの子供を持ちたい。」と書いていました。
でも、段々と自分が子供を持つと私は母のように子供に当たってしまうのではないかと考えるようになり、子供を持つ事はできませんでした。
本当は私も子供が好きなのに・・・。
今、いいパートナーはいますが、私はもう子供を産めない身体。
彼氏がスヌーピーに似ているので、私がスヌーピーのぬいぐるみを買い、彼氏とうちらの子と言っています。
もっと早く離婚し、いいパートナーと巡り会い、子供を持ち優しい母親になりたかったです。

カメ子さんへ。

カメ子さん、こんにちは。byhです。

そうです。私のメニエール病は、ストレスが原因です。
職場での対人関係だと確信しています。

毒親に育てられた子は、やはり、自分が結婚し、親となることへの不安がつきまとうみたいですね。

私は、結婚には踏み切れませんでした。

だから、虐待をされて育っても、結婚し、子育てをされている方はすごいなと思います。

カメ子さんの彼氏さんは、スヌーピーに似ているんですね。
優しい方なんだろうなあと思います。
お二人での時間を大切に、今までつらかったことはなしにはできないとは思いますが、めいいっぱい幸せを共有できるといいですね。
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR