目標設定が難しい。


よく、心療内科の先生に言われる。

「目標は低く、実現可能なものからね。」

これは、私が完璧主義かつ、全か無か思考の傾向が強いからだ。

『完璧主義』というと、一旦取り組み始めると、最後までやり遂げそうだが、
私の場合は違っている。

幼い頃、『100点取るのが当たり前』と叩き込まれ、
95点でもしばかれまくった。

学校のテストは回避できないが、大人になった今は、やるもやらないも自分次第だ。

やることに点数もないのに、幼い頃の刷り込みによって、
いまだに、何かをするなら100点じゃないとダメだと思ってしまう。

だから、100点取るのが無理だと思ってしまうと、それには手をつけないのだ。


これが、『全か無か思考』


摂食障害の治療をしていく中で、この思考を手放せるようにしようと言われている。


でも、虐待のことを自分なりに調べていく中で、
心療内科の先生に言われているような、『目標は低く、実現可能なものから』では、
手遅れになるんじゃないか?と思う。

・・・というか、既に手遅れ状態なのだ。

先日、厚生労働省のホームページで虐待について書かれているものを見た。

そこには、
「児童虐待が増えています」と書かれており、グラフでも虐待件数の増加を示している。

そして、その原因として、
①家庭、地域の養育力の低下

②児童虐待の認識の広がり

を挙げている。


②に注目してほしい。
私は、②を挙げた厚生労働省は、過去にも虐待が存在していたことを認めていると捉えた。

それなのに、虐待対策の対象を児童だけにしか焦点を当てないことに疑問を感じている。


私は、先日、そのことについて、厚生労働省の見解を聞きたくて電話をしたのだが、
全く話にならなかった。

そのことに対して、私は危機感を持っている。

動くべき公的機関が機能していない状況を、どうすれば動かせるのか?

『目標は低く…。』では、犠牲者が増えるだけじゃないのか?

自分にできることは何か?

私が、このブログで虐待後遺症について書くことは、無駄だとは思っていないが、
それだけでは足りないと思う。

実は、何度か、あるテレビ局に『虐待の現状を報道してほしい』と
メールを送ったりもしたが、無視されている。

『公的機関に頼れないなら、マスコミで取り上げてもらえたら…。』

そう思ったが、それもうまくいかない。

身の丈に合った目標では、追いつかない。

どうすればいいのか?

目標設定が難しい。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

私がお付き合いしている人も教育ママに育てられ、ずっと厳しくしつけられていたそうです。そのせいで、余計に勉強ができなくなり、母親が望むような大学には入れなかったそうです。それから母親に犯行もするようになり、メンタルも壊れてしまったそうです。

私は、たまにテストで100点を取っても、他の事でもいい記録を出しても親には褒められた事がありません。せめて「よくやったね。」と言って欲しかったです。そう、ずっと母親には甘えられませんでした。
だから今も自分自身に自信を持つ事ができません。
私は要らない子だったのではないかと考えた事もありました。
でも、今は他人で私を心配し、理解してくれようとしてくれる人達がいます。
その人達がいるだけで十分です。

カメ子さんへ。

カメ子さん、こんばんは。byhです。
コメント、ありがとうございます。

私の親も、「学校のテストは習ったことが問題に出ているのだから、100点取るのが当たり前だ。」という教育ママでした。

中高は、進学校に入れられ、そこではさすがに100点は取れませんでしたが、その頃には、私の母親の頭は離婚のことでいっぱいで、私のことはどうでも良かったようです。

縁を切った今もなお、親から受けた影響に悩まされ、病気にもなってしまったのに、加害者は今は好きな男と平然と暮らしています。

理不尽だなあと思いますが、今は、このブログを通して支えて下さる方々のおかげで、何とかやっていけています。

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR