法務局からお返事が届きました。


5月27日の『新たな挑戦』という記事で、私は県の法務局人権擁護課にメール相談をしたことを取り上げました。

相談内容は、
虐待後遺症を抱えて生きづらさを感じている人に対して、相談に応じてくれる公的機関がないのは人権侵害に該当するのではないか?
です。

本音を言うと、自分でも『これは、かなりこじつけ感が強いかな?』、『前に厚生労働省にこてんぱんにされたから、期待しない方がいいな』と思っていました。

そして、今日、メールでお返事が届きました。

結論から言うと、人権侵害に対する答えは、ノーコメントでした。
おそらく、他の公的機関との兼ね合いもあり、はっきりとした返答は避けたかったのだと思います。


私が驚いたのは、以下の内容です。
法務局からの返事を、割愛して紹介します。

「虐待を受けてきたとのことで、今まで言葉では表せないほどのつらい思いをしてきたことでしょう。そのようなつらい境遇に負けずに、これまで生きてこれたのは、あなたの努力と忍耐があってのことでしょう。」


今まで、市役所、県庁、県立精神保健福祉センター、厚生労働省に相談してきましたが、公的機関から、このような言葉が聞かれたのは、今回が初めてです。
法務局の方に誠意を感じました。
こういう姿勢は、本来なら、精神保健福祉センターや厚生労働省がもっと持つべきだと思いました。


次に、
「あなたのような生きづらさを感じている方は、専門医のもとで、地道に治療を行うことが最善だと思います。時間がかかるかもしれないけど、薬の処方だけでは終わらせない、患者さんの話をじっくり聞いてくれる医師を探してみてはいかがでしょうか。その過程の中で、気が滅入るような出来事があれば、『みんなの人権110番』にお気軽に、電話かメールをして下さい。電話番号は○○、メールアドレスは○○です。」
とありました。


私は、医療機関は儲け重視で、患者の話をろくに聞かず、薬を処方して稼ぐ病院が多い。とメールに書いていたので、それに対するアドバイスだと思います。

もう、完全に法律からかけ離れているのに、ここまで対応してくれるなんて、びっくりです。
ご丁寧に、困った時の連絡先まで教えてくれました。

今回の、法務局への相談は、虐待後遺症を抱えて生きづらさを感じている人の現状改善には至らなかったです。
でも、相談したことには、私個人としては、大きな意味があったし、得たものもあったと感じています。

頭で考えるだけでなく、考えたことを行動することは、勇気がいりますが、私は大事なことだと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ、byhさん。

 法務局から返信があったのは良かったですね。
確かに、虐待後遺症から人権侵害へ結びつけるのは
こじつけ感があるとも思いますが、そうした訴えかけが
重要だと思います。
 
 実を言うと、僕も公募ガイドの人権に関する公募に対して
投稿した事があります。
「コミュニケーション能力の低い人の権利が侵害されている」
みたいなタイトルで送った記憶があります。

 法務局からのメールの内容は素晴らしい内容ですね。
その法務局内に、そういう文章を書ける人物がいたのでしょうね。
電話やメールなどの具体的な手段まで教えて頂けるのは、
なかなか無い事だと思います。

「自分がダメな人間なんだし、黙っておこう」
「親にも色々あったんだし、何も言わないでおこう」
みたいな事なかれ主義が、
虐待後遺症の問題を遅らせたのだと思っています。
 当事者が世間に訴えかけて行く、
それは大変に勇気がいる事だし、
前進への行動だと思います。
それを実践したbyhさんは凄いと思います。

ナギヒロさん、ありがとうございます。

ナギヒロさん、こんばんは。
byhです。
いつも暖かいコメント、本当にありがとうございます。

私事ですが、ここ最近は、色んなことが続いていて、拒食モード→うつ悪化→眠れない→しびれ、耳鳴り悪化と、悪いサイクルにはまってしまい、かなりへこんでいます。

気晴らしに、本読んだり、ゲームしたり、趣味のサンダーバード見たりして、何とか抜け出したいのですが、集中力がなくて全然気晴らしになっていません。

それで、ぼーっとしているところに、ナギヒロさんからのコメントが届きました。

心が折れていましたが、『自分のしていることは無駄ではない』と思うことができました。

ナギヒロさんは、私よりずっと前から虐待と向き合い続いていますよね。だから、ナギヒロさんのコメントは、心の支えになったり、勇気をもらえたり、勉強にもなります。

先月、ハートネットのナギヒロさんのカキコミ板にコメントしたのが、ご縁でしたね。あの時がネットへの初コメントでしたが、挑戦して本当に良かったと思っています。

これからも、よろしくお願いします。

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR