詳細は分からないけど、おかしいことに変わりはない。


法務局。

ここは、私が今まで虐待に関する問い合わせや相談をした機関の中で、
一番まともな対応をしてくれたところだった。


でも、まだ詳しいことが分からないにせよ、人が関わる仕事だとせよ、
法律に関することで、地域格差や個人差があるのは矛盾している。


こうなると、法律自体の存在意義すら疑問を感じてくる。


もう、何を信じたらいいのか分からない。


結局、虐待被害者は泣き寝入りするしかないのか?

このままだと、虐待被害者を守ってくれるものはできないだろう。

ひっそりと、いることすら分からないくらいに存在感を消して、
命が尽きるのを待つしかないのか?

それが、これ以上、傷を増やさない、自分を守る生き方なのか?

親を選べないなら、最初から生まれない方がよかった。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

byhさんこんばんは

いろんな所に働きかけて、フラッシュバックもしてまで、自分のためだけでなく、虐待後遺症をもつ人のために、行動できるなんて立派です。

ですが、byhさん1人がそこまで頑張る必要はないのです。と言ってもそうしなければ気がすまない性格の方だとは思いますが。

虐待の相談件数が増える中で、虐待した親にも注目は行くはずです。その親の支援をする過程で虐待後遺症にも、なんとか社会に関心が向くようになってもらえないだろうか?と思っています。

あとは、取材もうけるんですよね?その機会にいいアイデアがあるかもしれません。
今は仕事ができないけれど、復帰すれば、たくさんの人と関わることになります。

私はつい最近まで、虐待のこと、親子関係のことを心を開いて話せることができなかったけれど、少しずつできるようになってきました。

byhさんは大変な思いをされたので、少し休憩を入れてもらえるといいのかなと思います。

あまりいい答えではなかったかしら?長い夜がやってきましたね。いつもありがとうございます。
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR