早めに寝ようと思ったら、B子出現。


疲れているので、今日は早めに寝ようと思って、睡眠薬を飲んで横になった。

でも、いつもの癖なのか、全然眠くならない上に、B子が出てきた。

byhに言いたいことがあるみたいだ。

昨日の夜、手のしびれが軽い時に、サンダーバードのプラモ作りをしたことに文句があるらしい。

ブログの文章で、どこまでうまく伝えられるか分からないけど、今の私は、B子メインでbyhが少し混じっている感じだ。

私は、手のしびれが改善したら、遺言書を作ろうと思っていた。

でも、昨日、それをしなかった。

しなかった理由としては、久々に手が動かしやすくて、ちょっと浮かれていたことがある。

後は、先日、たまたま無料行政相談に行った時に、遺言書のことを聞いて、私の場合は、『公正証書遺言』を作るのがベターなので、私ひとりでは作れないことも関係している。

ただ、虐待の傷を負ったB子は納得しなかった。

先日の相談で、新たに分かった、おひとりさまの私がしておくべきことがあるのをbyhに知らせに来た。

『あの女にされたことを書面に残してよ』
と、byhにお願いしている。

確かに、そうだ。

人生、何があるか分からないけど、年齢の順番で考えると、
死ぬのは、あの女→妊娠検査薬の男→私の順になる。

虐待をされたことのない人は、『何もそこまで徹底しなくても…。』と思うかもしれないが、私は、あの女が病気になり、何らかのサポートが必要になっても助けるつもりはないし、死んでも私が葬儀を手配するつもりは更々ない。

弁護士さんが、「そもそも、法律上では子が親の葬儀を引き受ける義務はない。」と言った時は、正直ホッとした。

ただ、世間はそうは思っていないことも分かっている。

だから、私は、遺言書を作る前に、まず、私がされた虐待経験を書面に残すという作業が必要なのだ。

弁護士さんと話をした時は、字が書けなかったので、メモが取れなかったが、確か自筆で自分がされたことを書いておくのが望ましいと言っていたと思う。

B子は、byhにそれをやってほしいのだ。

そして、byhもそのことに異論はない。

前に、あの女に手紙を送りつけた時は、ワードを使った。

それでも、仕上がったものは10枚になった。

それを自筆で作るには、体力も気力も必要だ。

でも、やらない訳にはいかない。

虐待のことは、親戚は全く知らないから…。

ただでさえ、最近は情緒不安定だが、この作業に手をつけると、更に荒れることは予測がつく。

でも、逃げていても、埒があかない。


明日から、手のしびれが軽い時には、この作業をやってみようと思う。

フラッシュバックや、解離を起こすかもしれないけど、取り組んでみようと思う。


もし、このブログもめちゃくちゃになってしまったら、私のわがままですが、許してくれるとありがたいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR