もう1つ聞いてきたこと。


昨日の心療内科受診は、結構疲れたみたいで、知らないうちに2時間ちょっと寝ていました。

そして、今復活です。

昨日の診察では、もう1つ聞いてきたことがありました。

それは、受診の頻度についてです。

先日、精神保健福祉センターの精神科医に、「1年以上も心療内科に通っているのに、今も週一で通っているということは、それだけ重症なんだよ。」と言われたことが気になっていました。

そのことを、心療内科の先生に聞いてみました。

私・・・「精神保健福祉センターの精神科医にこう言われたんですけど、やっぱり、私は、そんなにこじれているんですか?」

先生・・・「ああ、そう言われたんだ。・・・確かに、それは当たりです。最初の頃よりかは良くなってきていますよ。だから、自我も芽生えてきてるでしょ。でも、僕としては、まだ、byhさんの診察は、しばらく週一を続ける必要があると考えてる。さっきも言ったけど、決して悪くなってる訳じゃないからね。僕の説明不足で不安にさせてしまったけど、B子さんになってる時にはしんどいと思うけど、治療を進める中で出てきた反応だから、手応えありと捉えてくれたらいいかな。確実に、良い方に向かっているからね。」


そうなんだぁ。良かったぁ。

実は、自分でも受診頻度については前から気になっていたのです。

待合室にいる時に、他の患者さんが、会計して次回の予約日を決めてるのが聞こえてくるけど、
だいたいの人が、2週間後とか、3週間後のどの曜日がいいか?って決めてるから、私は、今は体重も増えてきてるのに、なんでずっと週一のままなんだろう?って思っていたけど、先生は、ちゃんと私の状態を見て考えてくれているんだなと思いました。

私が通っている心療内科は、本当に小さなクリニックですが、先生は素晴らしいし、良心的で、いいクリニックです。

普段は、だいたい診察の流れは、前回の受診から今回の受診までにどんなことがあったかを話して、その会話の中で先生がアドバイスをくれて、血圧を測って終了という感じです。

最初のうちは、体重測定がありましたが、35kgの、一番体重が落ちた後、増え始めてからは、私が「体重測定がこわい。」と言うと、私のわがままを聞いてくれて、体重測定はなくなりました。


でも、昨日は、私の話が長くなることが事前に予測できていたので、受付で、
「今日の私は、普段よりややこしいです。先生に聞きたいこともあるので、診察時間がいつもより長くなりそうです。
待ち時間が長くなってもいいので、できるだけ先生とゆっくりお話したいです。」
と言うと、融通をきかせてくれました。

だから、昨日は40分くらい先生と話をしてきました。

病院に行ったのに、それのために新たなストレスが生まれたり、疑問点が解決されないまま診察が終わることは、病院に行かずに家でモヤモヤするよりダメージが大きいことを、看護師の私は知っています。

でも、本来あるべき姿をしている病院が、あまりにも少ない現状も私は知っています。

そんな中で、私が通っている心療内科、耳鼻科、病院ではないけど、精神保健福祉センターは、本当に良くしてくれていると思います。

だから、私も、B子がいたり、生理になったり、ちょっとしたことがきっかけで荒れ狂ってしまうけど、頑張って虐待後遺症を治そうと思えます。

支えてくれているのは、私と関わってくれている医師だけでなく、このブログを読んで下さっている方々もです。
( 冷やかしさんは別にさせてもらいますが…。)

このブログのタイトルにした、『虐待後遺症に負けない!』と言える日が来るのには、まだまだ時間が必要なことは分かっています。

でも、狂いながら、もがきながら、このタイトルを堂々と言えるように、治療を頑張っていきたいと思います。

何かと騒がしいブログですが、これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR