第2回 精神保健福祉センターの面談② ~分籍届~


先生・・・「他に、どんなことがあったの?」

私 ・・ ・「色々考えた末に、分籍届を出しました。戸籍抜いちゃいました。」

先生・・・「やっぱり、あんなひどいことをしたお母さんと同じ戸籍にいるのが嫌だった?」

私 ・・・ 「はい。自分の体の上に馬乗りになって、ガムテープで口をふさぐような人殺しと、一緒の戸籍にいることが、どうしても嫌でした。これから、自分が歳を重ねるにつれて、保証人が必要になったり、不自由するかもしれませんが、それでも抜きたいと思いました。」

先生・・・「まあ、あなたがされたことを考えると、そうなりますよね。」

私 ・・・ 「はい。あと、向こうは気づいていませんでしたが、一度あの女を見かけました。ただの脱け殻のばばあになっていました。私がメールであなたのしたことは立派な犯罪だ、傷害事件であり、殺人未遂だと言ったことは、堪えたみたいです。私は『ざまあみろ』と思いました。そして、戸籍を抜く決心も揺らぐことはありませんでした。」

先生・・・「うん、それでいいよ。『ざまあみろ』って思ったことは間違ってない。親を捨てることができたね。」

私 ・・・ 「はい、ある程度はできたと思います。ただ、分籍の手続きの中で、元の戸籍謄本を見て、今までに経験したことのないくらいのフラッシュバックを起こしました。その後10時間くらいの記憶がなくて、普段は見ないテレビがついていたり、着替えをしていたり、パンを食べた跡がありました。心療内科の先生には、『解離』だと言われました。」

先生・・・「そうだね、間違いなく、それは解離ですね。あなたは、本当に去年までよく仕事ができていたよね。それが信じられない。」

私 ・・・ 「まあ、仕事をしていた頃は、虐待と向き合わずに、いい子ちゃんしてましたから。」

先生・・・「その無理に、体が耐えられなくなったんだね。それで、摂食障害になったんだよ。でも、言い方を変えると、あなたが親を捨てる準備が整ったんだろうね。」

私 ・・・「そうかもしれません。メニエール病になって、あの女の過干渉がヒートアップしたことは、今となっては、親と縁を切るいいきっかけになったと思います。」


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR