自分に優しくできないのなら…。


日付が変わったから昨日のことになりますが、1日の大半を彼のことを考えて過ごしていました。


そしたら、自然に心が穏やかになり、トゲトゲが取れたような感覚がありました。


彼は、私の中にいると思い続いていたつもりでしたが、年月の流れや、自分の体調、メンタル、自分を取り巻く環境の変化などにより、昨日みたいに彼のことをじっくり思う時間が少なくなっていたと思います。


トゲトゲが取れたように感じ、自分を攻撃しなかったのは、きっと、私の中にいる彼を自分と一緒に苦しめたくなかったからかもしれないなあと思いました。


「そんなにいじめんなよ。楽しまんと損やで。」

そんな声が聞こえるような気がします。


私は、ずっと怒鳴られ、けなされ続けて大人になり、褒めてもらったこともないので、自己肯定感がゼロに近いです。

だから、自分で自分を攻撃したり、責めたり、いじめたりしてしまいます。


『医療従事者が何を非現実的なことを言ってるの?』と思う方もいるかもしれませんが、
昨日みたいに、私の中に彼がいると意識すると、自分への過度な攻撃がましになるかもしれないと思いました。

ネガティブ全開、狂った状態の時に、そういう意識を保てるかは微妙なところですが、
自分自身を好きになれないなら、自分の中にいる大切な人を守る気持ちを持つと、今までとは違う何かが見えてくるかもしれないなあと思いました。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。
byhさん眠れたでしょうか?
昨日は子供と一緒に寝てしまいました。
心の中に大切な人がいるのは素敵です。嫌なこと、傷ついたことだけが残るわけではないのですね。

ぴよさんへ。

ぴよさん、おはようございます。
byhです。コメント、ありがとうこざいます。

ぴよさんは、昨日は眠れたようですね。
私も、4時には寝て、今起きたので、私にしてはよく眠れた方です。

私は、彼の希望で、看取りをしていないんですよね。

『悲嘆のプロセス』というのがあるのですが、教科書上では、私は、正常な悲嘆のプロセスができていなくて、正直、まだ彼の死を受け入れることができていない面があるのですが、それでもいいかな?と思いました。

彼には、「オレに縛られたらあかんで」と言われているので、思いっきり逆らっていますが、それくらい、いい人でした。

これからも、彼のことを大事にしていきたいなと思っています。

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR