変なこだわりかもしれませんが…。


まだ、聴力低下のショックから立ち直れていないbyhです。

だから、今日は昼間もネガティブ全開です。


これから書くブログの内容も、おそらくネガティブな仕上がりになると思いますので、嫌な方は読まないで下さいね。





私は、結構、言葉へのこだわりが強い方だと思います。

手元には、辞書を置いていて、気になる言葉はすぐに調べます。

自分がブログを書く時も、できるだけ言葉のチョイスは慎重にしているつもりです。

時々、『ら抜き言葉』になることがありますが、できるだけ、自分の感情と言葉に溝ができないように気をつけています。


私は、今、虐待を知らない人たちに、いかにして虐待を理解してもらうか?を自分の課題にしています。

そして、ひとりでも多くの方に、私の考えに『共感』してもらえたらいいなあと思っていました。

でも、それは、どうやら違うみたいです。

辞書によると、『共感』とは、

「他人と同じような感情( 考え )になること。」とありました。

私が、虐待を受けたことのない人の気持ちが分からないのと同様に、虐待を受けたことのない人は、虐待されている、あるいは虐待されていた人の気持ちは、分からないと思います。

ですから、私の考えに共感してくれる方は、虐待の経験がある方になると思います。



『共感』が適切でないならば、どんな言葉が適切なのでしょうか?

試しに、『同情』を調べてみました。

『同情』とは、

「差し迫って困っている相手の苦しみ・悩みを、相手の立場に立って理解し、そのうちによい運がめぐってくることもあるのだからあまり悲観的にならないようにという気持ちを抱く( 言動に表わす )こと。」
とありました。


・・・「そのうちによい運が…」の辺りから、違和感があります。


それでは、『関心』はどうでしょうか?

『関心』とは、

「その事について自分自身に直接かかわりがあるかどうかに関係なく、無視するわけにはいかないと感じ、より深く知ろう( 今後の成り行きに注目しよう )とする気持ちを持つこと。」

とありました。


私が求めていたのは、『共感』でも、『同情』でもなく、『関心』のようです。

『関心』が、一番、自分の気持ちにしっくりきます。


ちょっと、心のモヤモヤがすっきりしました。


私は、よく、こんなことを考えて過ごしています。

そんな窮屈な生き方は、しんどいし、余計にネガティブになりそうな気もしますが、これが、私なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

一人目妊娠中からずっと子育ての不安を持っていました。byhさんのブログに助けられています。

誰もが関心がない訳ではないけれど、虐待とは口に出して言えないのではないかと私は思います。
虐待という言葉が親に対してきつすぎると尾木ママは言っていました。「親子関係不全」がいいのではと。

byhさんが受けたものは私から見ても大変そうです。

ぴよさんへ。

ぴよさん、こんばんは。byhです。

ぴよさんは、子どもと母親という、両方の立場を経験されているので、私とはまた違う苦悩があるのではないかと思います。

私の周りにも、何人かのお母さんが、「自分のしていることが虐待なのでは?」と悩んでいることがありますが、そういう疑問を感じている人は、ちゃんと愛情を持っているケースが多いように感じます。

そういう方には、「虐待」という言葉はきつすぎるかもしれないですね。

私は、虐待を研究している小児科医から「あなたは確かに虐待被害者です。でもあなたのお母さんもまた、被害者なのです。そこは分かってあげて下さい。」と言われたことがあります。

でも、力もコミュニケーション能力も未熟な小さな子どものお腹の上に馬乗りになって、ガムテープで口をふさぐような大人に理解を示すほど、私の心は寛容ではありません。

これは、私の親限定の話ですが、私の親には「虐待」という表現でも、私の受けた傷を伝えることはできず、私は、「あなたのしたことは立派な犯罪です。傷害事件であり、殺人未遂だ」と言って、やっと事の重大さに気づき、今、脱け殻になっています。

そんな親には、尾木ママの考えは通用しないように私は感じます。

ケースバイケースではないかな?と思います。


byhさんの場合は親を許す必要はないです。私も自分の気持ちに正直にやっていきます。ありがとうございます。

ぴよさんへ。

そうですね。私自身、許すことはないだろうと思っています。

ただ、そんなしょうもない女に支配されっ放しの人生は、あまりにもくだらないので、この経験が、いい方面に活かすことができれば…と思っています。

それが、取材の依頼を受けた理由でもありますね。
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR