帰ってきました。


予定通り、抗不安薬を飲まずに外出しました。

外出時のマストアイテムであるマスク着用の上に、今日は、サングラスと帽子つきで行きました。

鏡で見ると、変人オーラ全開でしたが…。

運よく、知り合いに会うこともなく、クリニックまでたどり着くことができました。

診察では、『全か無か思考』について、私が体験した「スコン」と落ちた話をしました。

先生は、「それは、大きな前進だよ。イベントは簡単には起こらないけど、諦めなければ、またそういう体験ができるからね。」と言ってくれました。

『良かった!無事に終わった。薬なしで行けた…。』と思ったのですが、
帰りのバスを待っている時に、嫌な予感がしました。

『まだ気を抜くのは早いな』という直感がありました。

そして、バスに乗っている道中で、私の予感は的中しました。

バスが信号に引っかかり停車しました。

対向車線に見覚えのある車…。

見覚えのある二人…。

母親と、妊娠検査薬の男でした。

車のナンバーも合っていたので、見間違いではありません。

私は変装していたので、向こうは私には気づいていませんでした。

妊娠検査薬の男は、変わりない様子でした。

母親は、別人のようになっていました。

抜け殻の、やつれたばばあになっていました。

私を怒鳴りつけたり、叩いたり、蹴ったりしていた頃の威勢はありませんでした。

不仲とはいえ、夫がいるのに、そこらじゅうの男にフェロモンを振りまいていた面影も一切ありませんでした。

私は、母親が虐待を認めなかった時に、メールで、
「虐待という言葉で分からないなら、はっきり言ってやる!
あなたのしたことは、立派な犯罪です。傷害事件であり、殺人未遂です。
今の時代なら、全国ニュースで取り上げられてもおかしくないレベルですよ?」
と言ってやりました。

多分、そのことが相当堪えて、抜け殻みたいになっているのだろうと思いました。


私は、人としての器が小さい人間です。
お人好しでもありません。

『ざまあみろ』

そう思いました。

もし、今日見かけた母親が、何事もなかったように、ニコニコ笑っている姿を見ていたら、私は、またどん底に落ちていたと思います。

ある意味、今日、あの姿を見たことは良かったのかなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

byhさんお疲れ様でした!今日はゆっくり休めるといいですね。

私も母親本人に「私がされたことは虐待だよ!嫌な思いしていること分からないの?」と言ったことがあります。

そしたら「分からない」と言って笑っていました。
そこまで言っても分からないなら、もうこの人を母親だと思うのをやめようと心に決めたのですが、なかなか見捨てることはできないままでいます。

一つよかったことは完璧主義な母親でしたが、私は小児喘息だったので完璧にはできたことがないということです。今も掃除は雑にしかできていません(._.)

ありがとうございます。

ぴよさん、こんばんは。byhです。
コメント、ありがとうございます。

そうなんですよ、虐待加害者は、虐待してる自覚がない人が多いですね。

私の母親は、私が手紙で「3~4歳の頃、あなたは泣いている私を、回っている洗濯機の中に入れました。」と書いたのですが、母親の内縁の夫から「私があの子を洗濯機に入れたのは、8ヶ月くらいのことだから、なんで覚えているんだろう」と言ったそうです。虐待を認めるどころか、私の知らなかった虐待までカミングアウトしてきました。

でも、今の私の気分は、すっきりしています。

とりあえず、引きこもり脱出を目標にしつつ、虐待のことも自分なりに少しずつ勉強していこうと思っています。

今日は、よく眠れそうです♪
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR