『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』が届きました。


 東京に引っ越してきて1ヶ月になりました。

 まだ、仕事はしていないし、体力不足を痛感する日々ですが、
毎日を穏やかに過ごしています。

 数日前、待ちに待っていた本が届きました。

 『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』です。

 2017092707031529d.jpg

 この本が書店に並ぶのは10月2日からのようですが、
前払い購入をした人には届いています。

 目次を見ると、虐待を経験した100人の思いが込められた手紙は、
4つのパートに分類されていて、それぞれの手紙のタイトルは、この本を編集された今一生さんがつけて下さったようです。

 そのタイトルを見ながら自分が書いた手紙を探しました。

 私の書いた手紙は、『あなたを捨てます』というタイトルでした。

 実際に投稿した手紙がコンパクトに編集されています。

 ひとりでも多くの方に、この本を買って読んでいただきたいので、
この記事ではネタバレは控えておきますが、
色んな気持ちがこみ上げてきました。

 私がこの手紙を書いたのは、
まだど田舎に引きこもっていた頃で、
複雑性PTSDの治療が始まる前だったので、
この手紙に出てくる私は、まだガムテープがこわくて、
見ると記憶がぶっ飛んでいました。
 外出すると、親に出くわすかもしれないと思って、
外出は極力控えていました。

 虐待と向き合うことになってから、治療を受けて東京に出てくるまでは、
きつかったです。

 『虐待がなかったら、今こんな思いをしなくて済んだのに...。』
と、思っていました。

 虐待を受けたことについては、今でも、
『本当なら、こんなこと経験しなくて良かったのになあ』
という気持ちはあります。

 でも、それだけではなくて、
『自分は、虐待の経験、虐待と向き合った経験から今の自分につながっているんだな』
と思います。

 ・・・
 自分のページに目を通した後は、
この本の最初から最後まで通して読みました。

 やっぱり私は、
ちびまる子ちゃんやサザエさんの世界よりも、
この本に出てくる家族の方がリアリティーを感じました。

 この本のタイトル、
『日本一醜い親への手紙』は、
中には『手紙』が醜いと思っている方がいらっしゃるようですが、
私は、醜いのはこの本に登場している親たちだと思います。

 親から適切な愛情をいっぱい受けて育った人には分からない感覚かもしれないです。

 でも、残念ながら、こういう醜い親はいます。

 この本は、そのことを知っていただくためにとても重要な本だと私は思います。

 多くの方に読んでいただけると嬉しいです。


にほん村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

続けるチャンスはありますね。


 こんにちは。

 久しぶりのブログ更新になりました。

 実は、また風邪をこじらせてしまって、しばらく寝込んでいました。
 体、弱すぎです。

 風邪をこじらせる前に、ちょっと取り組んでいたことがありました。

 それは、朝、走ることです。

 何度か記事に書いたことがありますが、
私はかなりの運動嫌いで、運動音痴です。

 こちらに引っ越してくる前にも、
ウォーキングやごろ寝ヨガなど、
比較的簡単な運動に挑戦したことがありましたが、
体調を崩したりがきっかけで長続きしていませんでした。

 今回は、夜型の生活を改善することと、体力をつけることを目標にして、
近所のウォーキングコースを走っていました。

 走ると言っても、かなりのろのろだったり、途中で歩いたりしていましたが、
最初は嫌々だったのが、少しずつ楽しくなってきたところで風邪を引きました。

 多分、今までの感じだとこのままフェードアウトしていましたが、
今回は、『体調が良くなったらまた再開したいなあ』と思っていました。

 でも、約1週間休んでしまったのと、
熱が出ていた時にほとんど一日中寝ていたこともあり、
生活リズムはすっかり夜型に戻ってしまいました。

 眠剤を飲んで寝ても眠れず、追加の眠剤を飲んで、
やっと眠くなったのが朝方4時頃でした。

 『あ~、今から寝たら早起きできないだろうなあ。』
と、一瞬思いましたが、
『寝る前から無理って決めるの、どーよ?』
と思い直して就寝...。

 その結果、6時半に起きて、距離はかなり短いですが走ることができました。

 疲れたけど、楽しかったです。

 『どうせ無理』と決めつけず、
『起きた時に調子が良ければ走ればいいし、悪かったら別の日に走ったらいいやん?』
と気楽な感じでいたのが良かったみたいです。

 近所のウォーキングコースは、川沿いにあって、
走っていると色んな景色が見られます。

 まだ、ちょっとしか走れないのであまり見たことのない景色が多いですが、
少しずつ距離をのばして色んな景色を見たいなあと思っています。

 そして、すぐ風邪をこじらせる体質も改善したいですね。


にほん村 メンタルヘルスブログへ


 
 

Aちゃんと再会。


 最近は、また少しバタバタしていますが、
週末にAちゃんに会いに行ってきました。

 Aちゃんは、10年くらい生活を共にしていた、
同志のような人です。

 私の母親の内縁の夫の子どもです。

 私の母親と内縁の夫は入籍していないので、
姉妹でもないし、友だちというのも何か違う感じです。

 昔、一緒に暮らしていた頃は、
お互いが気を遣い過ぎていて、本音で話をしたことはありませんでした。

 約1年前、私がまだど田舎で暮らしていて、
写真家の長谷川美祈さんの取材を受けるために東京に遊びに行った時に、
虐待のことや、母親、内縁の夫、Aちゃんと私の4人で暮らしていたことなどについて、
たくさん話をしたことがきっかけで、Aちゃんと深い話をする間柄になりました。

 私は、母親と内縁の夫とは縁を切りましたが、
Aちゃんとは連絡を取り合っていて、東京への引っ越しが落ち着いたら、
また会おうねということになっていたのです。

 Aちゃんは、ど田舎で一緒に暮らしていた頃は、
かなりの引っ込み思案で、自分の意見は人前で話せない子でした。

 去年、会いに行った時に、
『Aちゃん、たくましく生きてるなあ』と感じましたが、
先日再会した時も、
『更にパワーアップしてる?』
と感じました。

 私が東京に引っ越す前は、
『東京に引っ越したら、Aちゃんともっと会う機会が増えるかな?』 
と楽しみにしていたのですが、
Aちゃんは、もう少しすると東京とは離れた土地で生活をすることにしたそうです。

 残念ではありますが、
Aちゃんの新生活を応援したいと思います。


にほん村 メンタルヘルスブログへ


再現ライブを観て感じたこと。


 こんにちは。

 今日は久しぶりに趣味の話題からちょっと真面目なお話をしたいと思います。

 私はホフディランという2人組のアーティストが大好きです。
時々、このブログにも書いていますが、彼らがデビューした21年前から大好きです。

 9月2日にライブがあったので行ってきました。

20170904162724189.jpg

 このライブは、ちょっと珍しい感じのもので、
今から21年前に発売された『多摩川レコード』というアルバムを再現したものでした。

 CDに入っている音源を、ほぼほぼ忠実に生演奏で再現するという、
ファン歴21年にはかなり嬉しいライブでしたが、
詳しいことを書き始めるとマニアックになり過ぎるのでやめておきます。

 私がこのCDを買ったのは、大学4年生の時でした。

 ライブ前に、このライブを楽しむためにおさらいした時もそうでしたが、
ライブ当日も、曲を聴いていると大学4年生の頃の記憶がよみがえってきました。

 友だちほぼゼロだった大学時代。
 大学にはほとんど行かず、バイトに明け暮れていた日々。
 就職氷河期で、なかなか就職先が決まらなかった日々。

 決して良い思い出ではないですが、
今は『そんなこともあったなあ』と思えます。

 ライブで歌っているホフディランのお二人を見ていて、
『過去があるから今があるんだなあ』
としみじみ感じました。

 人には、自分の過去を振り返る中で、
『あれはなかったことにしておきたい』
というような出来事がある人が結構いるんじゃないかな?と思います。

 私の場合は、そんなことだらけでした。

 今、私はど田舎を出て、東京の端っこの方で生活を始めました。

 ど田舎を出ようと本格的に考え始めたのは、
今年に入ってからです。

 今の住まいを契約したのが2月でした。

 この頃は、
『今までの人生、リセットしてやり直すんだ!』
という思いが強かったように思います。

 『過去を一掃して、ゼロからスタートするんだ』
というようなイメージでした。

 実際、こちらに引っ越してみると、
ちょっと違いますね。

 当たり前ですが、
やはり、過去はなかったことにはならないです。

 『過去を抱えながらも新たな気持ちで...。』
という感覚に近いのかなと思います。

 虐待された痛みは忘れない。
だけど、虐待された自分に縛られ過ぎずに日々を過ごす。

 これまでは、
『虐待され、生きづらさを抱えた自分が幸せになれる訳がない』
と思いこんでいました。
 
 多分、この『思いこみ』が、
自分の中で捨てていい部分なのだと思います。

 表現が細かくなりますが、
『捨てなければならない』ではなく、
『捨てていい』だと思います。
 捨てたくなければ捨てなくていいし、
捨てたければ捨てればいいし、
捨てた後で『やっぱり必要』と思えば拾えばいいのかなと思います。

 前よりはユルッとした考え方ができるようになってきたかな?

 生活リズムの方は、最近ユルッとし過ぎなので、
ぼちぼち引き締めていきたいと思っています。

 ちょっと長くなりましたが、最後にお知らせです。

 ライターの今一生さんが編集される、
『新編 日本一醜い親への手紙(仮題)』に応募していた、
私の親への手紙、採用していただけました。

 今読み返すと、
私にとっては色んな意味で『痛い』手紙ですが、
この痛さがあったから、今があると思います。



にほん村 メンタルヘルスブログへ

 
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR