約10ヶ月ぶりの再会でした。


 私は去年の9月に、虐待の取材を受けました。

 取材をして下さったのは、写真家の長谷川美祈さんです。

 関連記事はこちらです。
http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-398.html

http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-399.html

http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-400.html

http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-402.html

 取材では、こんな写真を撮っていただきました。
2016090522581797e.jpg
 ⬆
 今はもうしていませんが、皮膚むしりを再現しているところです。

 今日は、長谷川さんが私の住むど田舎に会いに来てくれました。
お会いするのは今日が二度目でしたが、長谷川さんの前では、不思議と何でも話せます。

 今日も、近況や将来のこと、虐待の話など、たくさんお話してきました。

 私が取材していただいた写真は、今年の11月頃に出版される予定です。
今日は、完成前の写真集を見せていただきました。

 私の他にも写真集に出ている方々がいらっしゃって、
それぞれの生き方、ストーリーがつまった、素敵な写真集でした。

 今日、長谷川さんが何度も言ってくれました。

 「すごく表情が良くなってますね。」

 とても嬉しかったです。

 取材を受けた頃は、
まだ拒食の真っ只中でした。

 今より10kg近く痩せていて、炭水化物はほとんど食べていませんでした。

 ダイエットサプリと下剤を飲みまくっていました。

 皮膚むしりもまだしていました。

 B子、fs(私の別人格)がしょっちゅう出てきていました。

 今後自分がどうなるかなんて考えられませんでした。

 ・・・

 色々なことがあったけど、ちょっとずつ前に進めていると思えました。

 B子、fsは、私の中のどこかにいるような気はしますが...。

 この写真集が世に出る頃、私はど田舎を出て、
別の街で過ごしていると思います。

 写真集を手に取る日が、とても楽しみです。


にほん村 メンタルヘルスブログへ

 
 

 



スポンサーサイト

リンクだらけですが、必死です。


 私は、自分の虐待経験をライターの今一生さんが編集、出版される、
『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)に応募しました。

 この本についての告知は、このブログで何度か紹介させていただきました。

 早ければ、今年の秋に出版される予定です。

 早ければ...。

 この本の出版には、乗り越えなければいけないことがあります。

 それは、この本の出版の前に資金を準備することです。

 この本を前払いで購入する方法、寄付によって出版が成立します。

 私は、虐待からの生き残りとして、自分の経験を応募し、
前払いで数冊予約をしました。

 実は、まだこの資金、目標達成していないそうです。

 虐待は年々増加傾向ですが、
虐待の現状を伝えるものは世の中に広まっていません。
 そのため、虐待問題は一向に改善しないのだと思っています。

 だから、今の時代にこの本が出版されることが必要不可欠だと思っています。

 少しでも多くの方の力を貸していただきたいと思っています。
詳細は、今一生さんのブログ記事をご覧いただけると幸いです。

http://con-isshow.blogspot.jp/2017/06/340challenge.html

 私は、サザエさんのような一家団らんの風景も、欲しいものを親に甘えておねだりするちびまる子ちゃんの世界はピンときません。

 こちらの動画で紹介されているような世界が、ずっと身近でリアルに感じます。














 ⬆
 それぞれ、短い動画なので、ぜひ見ていただきたいです。
よろしくお願いします。



にほん村 メンタルヘルスブログへ

前半終了しました。


 今日は水曜日。
精神科受診の日でした。

 先週もらった資料を見て、何となく
『そろそろトラウマの治療に入るかなあ』
と思っていましたが...。

 今日と来週は、今までの復習みたいなことをするそうです。

 はい、治療の前半戦終了してました。

 先生には、3回目から内容がキツくなると聞いていましたが、
今まではわりと順調でした。

 毎週宿題が出て、毎日書き物をしないといけないのが大変ですが、
何とかやってくることができました。

 最近体調不良だった原因は睡眠薬の副作用だったみたいで、
やっと自分に合う薬が見つかりました。

 ここからが踏ん張り時ですね。

 おそらく、再来週からは過去の虐待とがっつり向き合うことになります。

 それを予期していた訳ではないですが、
来週の治療が終わったら、地元から離れたところに行ってきます。

 心も体もリフレッシュして、
トラウマ治療に備えたいと思います。

 全然関係ないですが、
今日6月21日はミッフィーちゃんのお誕生日です。
201706211926089ac.jpg

 ミッフィーちゃんはいったいいくつになったのかな?

 正解は、、

201706211927098b0.jpg
 らしいです。

 いくつになってもミッフィーちゃんはかわいいです。


にほん村 メンタルヘルスブログへ



優しい虐待?


 お久しぶりです。

 少しずつ良くなってはいますが、手足が思うように動かなくて、
書きたいことはあるのになかなか更新できずにいました。

 今日はまだ体が楽な方なので、数日前から気になっていたことを書きたいと思います。

 『優しい虐待』
 ⬆
 こんな言葉があるそうです。

 え?優しいの??何それ???

 Twitterから流れてきた言葉でした。

 ネットで調べてみました。
私が見たのはこちらの記事です。
 http://maodays.info/4012.html
 ⬆
 この記事によると、
『優しい虐待』とは、
子どもが小さい頃に、親が自分の思い通りにコントロールしようとすること。
それにより、子どもの心に心理的外傷(トラウマ)を残すこと。
とあります。

 これのどこが優しいのか、私にはさっぱり分かりません。
タチの悪い心理的虐待としか思えないのですが...。

 おそらく、この『優しい虐待』という言葉を作った人は、
虐待のこと、全然分かってないです。

 私は自分のブログでも書いたことがありますが、
虐待は程度の問題ではないと思っています。

 見た目で誰かが気づくような虐待でなくても、
された子どもの心が傷ついていたならば、それは虐待です。

 虐待は、あった時点でアウト。

 優しいなんてものはないよというのが私の考えです。

 虐待の認識、まだまだだなあと思いました。

 
にほん村 メンタルヘルスブログへ

原因はフィジカル(身体面)?いえいえメンタル(精神面)ありまくり。


 私が、最近苦戦しているのは、手足の症状です。

 『手足の症状』と言っても、私の場合、色んな症状が出ていました。

 ・しびれ
 これは、以前からある症状で、ひどい時はお箸が使えなくてフォークでごはんを食べたり、字がまともに書けなくなっていました。
 先生からは、コンバージョンディスオーダー(転換性障害、身体表現性障害)というもので、ストレスが原因だと言われています。
 ちょっと前までは、手の指の第一関節くらいまでにおさまっていたのですが、最近またひどくなっていました。

 ・こわばり
 主に関節が固まったようになり、手足が思うように動かなくなりました。
細かい作業ができなかったり、歩く時に膝の関節がキシキシする感じになり、うまく歩けない時があります。

 ・つり
 これは、手足の外側(小指側)がつった感じになります。

 ・痙攣
 時々ですが、主に足の筋肉がピクピクして、思うように動けなくなります。

 ・脱力感
 文字通り体の力が抜けた状態になります。歩きにくくなります。

 ⬆
 このような症状が出ていました。

 『つり』と『痙攣』については、
脱水症状のようで、ポカリを飲むと30分から1時間で楽になります。

 その他の症状の原因が『?』でした。

 自分では、精神面は安定していると思っているのに、しびれが悪化しているのはなぜだろう?

 こわばりは、関節リウマチの症状として知られているけど、リウマチの場合は症状が出やすいのは朝起きた時。私のこわばりは、夕方にかけてひどくなる。数年前にリウマチの検査はしているけど陰性だった。

 一応、看護師なので、色々考えていました。
でも、夏バテによる食欲不振から生じる栄養不足と脱水症状以外に思いつかない!

 モヤモヤが残っていました。

 昨日、親しい人と電話で話をしていて、私の体調不良のことが話題になりました。

 その時、
 「それって、自覚がない部分のストレスが体に及ぼす影響では?」
ということになり、何となく思い浮かべると...。

 ありましたありました。

 1.生活リズムが改善しないことへの焦り
 2.運動ができないもどかしさ
 3.引っ越し準備がはかどらないことが心配
 4.地元を去る時に必要な手続き(仕事、お役所、実家絡みなど)がうまくできるか?
 5.引っ越した後、体力がどうなっているか? 
 6.次の仕事への支障がないか不安
 7.治療が進むにつれて、虐待の痛みをうまく表現できなくなるのではないか?
 8.今一生さんの『親への手紙』プロジェクトのことが気がかり

 ⬆
 ざっと考えただけで、これだけ出てきました。

 特に3~7については、まだ先のこと。

 8については、プロジェクトの期限は6月末ですが、
私は手紙の応募を済ませたし、この本を前払いで買うクラウドファンディングもしました。
Twitterでの拡散など、できることは既にしています。

 優先順位を考えると、1と2ですが、
まずは1だけで良くないか?と思いました。

 こうして文字にしてみると、自分の傾向がよく分かりますね。

 私は、先々のことを考え過ぎる傾向があります。
先のことは、先延ばしにして、必要になった時に考えればいいですね。

 あとは、完璧主義。
これが、更に自分を追い込みます。
目標設定を高くし過ぎてしまい、できないことを責めてしまう。
 ⬇
 だから、敢えて目標設定は低めに、できたことに目を向けよう。

ということになりました。

 こういう話を聞いてもらっただけで、
不思議なくらいに手足の症状が和らぎました。
私の症状の大半が、メンタル(精神面)が原因であったことの証だと思いました。

 私の完璧主義は、幼い頃から100点を求められたことの名残です。

 染みついた習慣を改善するのは難しいですが、深呼吸しながら、
ユルッと取り組みたいと思います。

20170613170116f11.jpg
 ⬆
 歩いていて、お花が咲いていたり、チョウが飛んでいることに気づけるくらいの余裕が欲しいですね。



 にほん村 メンタルヘルスブログへ


色々建て直し中です。


 おはようございます。

 久しぶりに早起きすることができました。

 実は、また体調を崩していました。

 先週の精神科受診の時に睡眠薬を変更してもらったのですが、
そのお薬も少し強かったようで、夕方頃まで寝てしまうことが多かったです。

 最近、内服量を半分にしてみて、やっと夜に寝て朝に起きられるようになりました。

 お腹の調子も崩していたので、
何を食べてもすぐに下していました。

 そのせいか、脱水症状も起こしてしまい、
手足がつったり、足が痙攣したりで、ポカリを飲んでしのいでいました。

 体重も減ってしまい、今は運動ができていなくて、
日常生活がギリギリと言った感じです。

 生活リズムの改善、何度か取り組んでいますが、
なかなか難しいですね。

 あと一歩というところで、建て直しがきかず、悪くなったり良くなったりを繰り返しています。

 諦めず、地道にできることからトライしていくしかないみたいですね。

 皆さまも、熱中症などには気をつけてお過ごし下さいね。


 にほん村 メンタルヘルスブログへ

赤ちゃんポストのこと。


 今日、久しぶりにテレビを見ました。

 NHKのクローズアップ現代で『赤ちゃんポスト』のことを放送することを知ったからです。

 10年になるそうです。

 赤ちゃんポストに預けられた子どもたちの数は130人になったそうです。

 インタビューでは、里親さんに育てられた子どもが、
しっかりした口調で質問に答えられている姿が印象的でした。

 『(実の親については)少なくともお腹の中で育ててくれたことに感謝はしています』

 『(里親さんは)一緒に暮らしているので本当の家族という感じ』

 『将来は自分と同じような境遇の人の力になりたい』

一方で、こんな声も...。

 『自分の本当の親のことを知りたい』

 うーん、やっぱりそうなるか。

 きっかけは、学校の課題で自分の生い立ちを調べないといけなかった時に、赤ちゃんの頃の写真がなかったからだそう。

 もう、学校は過去より未来に目を向けたことをした方が良くない?と思います。

 そして、いくら里親さんが実の子どものように育ててくれていても、ルーツは知りたくなるのでしょうね。

 私だったら、知りたくないと思ってしまうのは、自分の過去があるからなんでしょうね。

 どんな事情であれ、勝手に子どもを作り、いざ産まれるとなると育てられないから匿名で預けられることのできる赤ちゃんポストに子どもを託した親...。

 私は、どうしても、こういう親が無理やり子どもを産み、育ててたとしても、
まともな育児はしないだろうと思ってしまいます。

 でも、赤ちゃんポストに託された子どもたちには、それぞれの考えがあるようで、
中には、当時この赤ちゃんポストの制度を承認した市長に、
『なぜ、この制度を承認した?』と聞いてくる子どももいるそうです。

 番組が30分程度でしたが、個人的にはこういう番組は、
もっと掘り下げて放送したらいいのになあ。と思いました。

 思うことは他にも色々ありましたが、情報が少ないので控えておきます。


 にほん村 メンタルヘルスブログへ

私は、今だなあ。


 私は時代の流れに逆らうヘビースモーカーです。

 今日、タバコの箱を開けたら、小っさいしおりのような物が入っていました。

 マンガのような吹き出しがあり、
『自分らしく輝いてる?』とあります。

 ちょっと前までの私なら、この時点で、
『はあ?』となり、この紙切れは捨てていたと思いますが、
何となく、続きを読んでみようと思いました。

 『拝啓、キラキラさま。』
人生って、
ひとりひとりが主人公。
〇〇〇〇(タバコの銘柄)ユーザーの
みなさまに、“きらめく”
人や瞬間について
ナマ声・アンケート調査!

ナマ声は裏面へ
 ⬆
とありました。

 はい、素直に裏面へ行ってみましたよ。

 『今までの人生でいちばんキラキラしていたのはいつ?』
というアンケート結果がありました。

 20代・・・39.3%
 30代・・・26.2%
 40代・・・13.1%
未経験・・・14.8%
 10代以下・6.6%

 ⬆
 だそうです。

 ふーん。

 私は、今だなあ。

 はい、40をちょっと過ぎた今頃になり、やっと本当の自分でいられるようになりました。

 だから、今。

 多くの人よりは遅れたかもしれないけど、
年月の遅れは、濃さでカバーするよ。

 最近、やっと前向きな気持ち、自分を認める気持ちが生まれてきたようです。

 他の人から『え?そんなことで?』と思われてもいいんです。

 これが、自己肯定感というものみたいですね。

 以前は、『ちょっと芽生えてきたかな?』くらいのものでしたが、
最近は、『これが自己肯定感だな』と実感できる場面が増えてきました。

 私は、経験しなくていいことを経験したけど、
そのつらさがあるから、このありがたみをものすごく感じます。

 珍しくほっこりした記事になり、ちょっと恥ずかしいです。

20170608004952d85.jpg




 にほん村 メンタルヘルスブログへ


 

別の意味でfsになりたい私。


 最近は、落ち着いていますが、私は多重人格になっていました。

 3人いるのですが、そのうちの1人はfsと言います。

 fsは、free stylerの略です。

 fsは感情が私byhと比べると客観的な人格、無駄なことが嫌いな人格というイメージがあります。

 おそらく、色んなことに敏感に反応して、いちいちダメージを受ける私が、
自分の身を自分で守ることを目的に生まれた人格です。

 今朝、ブログ記事にした、夢の内容を考えていました。

 「方向は合っている」

 「自分の感覚を信じて」

 「イメージを忘れず」

 「変わるのは周りではなく、自分」

 「しなやかに、やわらかく」

 「心配ない。もう始まっている」

 ⬆
 この意味を考えていました。

 最近、私にはある変化が生まれています。

 そして、気が楽になっています。

 以前は、ひとりで過ごしている時にも気が張っていましたが、それがなくなってきました。

 感受性アンテナは強いままなのですが、fsに代わってもらわなくても、
いちいちダメージを喰らうことが少なくなってきたのかもしれません。

 その『何となく』感じている自分の変化について、
『大丈夫。間違ってないよ。』と言われているような夢でした。

 私は、虐待親の元に生まれてしまったことが人生最大の失敗。
挽回は不可能だと思っていました。

 でも、そう決めつけるのはまだ早いのでは?と思うようになってきました。

 100点取るのが当たり前の家庭で育ち、
100点取ることができても褒められることはなく、
100点を目指さなくてもよくなっているのに、自分から100点を取りに行っていました。

 多分、もうそんなことはしなくていいのだと思います。

 『誰かに望まれる私』ではなく、
『私が望む私』でいいのだと思いました。

 もっと、自由に...。

 私は、私だけのfree stylerを目指したいと思います。

 
 にほん村 メンタルヘルスブログへ

不思議な夢を2回見た。


 私は普段は夢を見ないか、見たとしても覚えていないことが多い。

 昨夜は不思議な夢を2回見た。

 夢の中で、私はブログを書いていた。

 いつもは、頭の中で書きたいことが浮かんだら書くスタイルだけど、
夢の中では、聞こえてくる声を聞きながら、
自分でも復唱しながら文字にしていた。

 声の主は、私の祖父。
母親の父親だが、私が血縁者の中で1番慕っていた人だ。

 私が高3の時に他界したが、唯一身内の中で私のことを支えてくれていた人だ。

 夢の中では姿は見せてくれなかったけど、声は、確かに祖父の声だった。

 「方向は、合っている」

 「自分の感覚を信じて」

 「イメージを忘れず」

 「変わるのは周りではなく、自分」

 「しなやかに、やわらかく」

 「心配ない。もう始まっている」

 ・・・
 
 2回とも、同じところで目が覚めた。

 ・・・

 「心配ない。もう始まっている」

 現実世界でも同じ言葉をつぶやき、
ゆったりとした気持ちで今日という日を過ごしている。


   にほん村 メンタルヘルスブログへ
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR