21世紀版の『日本一醜い親への手紙』が出ますよ!


 お知らせです。

 ライターの今一生さんは、まだ『虐待』という言葉が世間に取り上げられることの少なかった1997年に、『日本一醜い親への手紙』という本を出版されています。

 私は、この本を読みましたが、虐待を受けた方の生の声が赤裸々に書かれた本で、
読まれる方によっては、フラッシュバックを起こす可能性がある本です。

 でも、それだけリアリティーのある内容の本でした。

 2017年の秋に、新編の『日本一醜い親への手紙』(仮題)が発売される予定になっています。

 虐待された方から「親への手紙」を公募中です。


 手紙の投稿は、こちらのサイトにアクセスするとできるようです。
http://letters-to-parents.blogspot.jp/

 私は、投稿してみようと思っています。

 それは、自分が虐待された恨みつらみの意味ではなく、
虐待の世界を知らない方々に、『こういう実態があるんだよ』、『虐待はあってはならないものなんだ』ということを知っていただきたいから投稿したいのです。

『この世の中から虐待をなくすためには、経験者が語る必要がある』

『虐待からの生き残りだからこそできること』
 ⬆
 このことは、私は自分のブログでしつこいくらいに書いていますが、
採用されるかどうかは別として、この今さんの出版される、
21世紀版『日本一醜い親への手紙』は、
私がしたいこととニーズが一致しているので、参加します。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 



ある問題とは?そして、その対策について。


 私が昨日ブログ記事に書こうと思って書かなかったことは、
摂食障害に関することです。

 昨日よりは冷静になったので、トゲトゲしく書くつもりはないですが、
私のブログで時々言っていますが、『言葉は凶器になり得ます』。

 これから書く内容は、摂食障害や心の病気を抱えていらっしゃる方を傷つけたり、プレッシャーを与えてしまう可能性があります。

 でも、私は自分勝手ではありますが、書きたいと思います。

 なので、申し訳ありませんが、ブログを読んで下さっている方々は、
ご自身のことはご自身で守っていただけると幸いです。









 ...と、前置きをしたところで、本題に入ります。

 私は先日まで、『運が良ければ富士山が見られる街』に行っていました。

 この街での滞在中は、精神状態が落ち着いており、
1日3食がきちんとできていました。

 だいぶ前に1日3食宣言をしていましたが、
厳密に言うと、3食はしているけど、主食は食べられない時もありました。

 それが、毎食炭水化物を摂取することに抵抗感がなくなり、
『良い傾向だな』と思っていたのですが...。

 地元に戻ってきた一昨日と昨日、私はあり得ないレベルの過食をしてしまいました。

 昨日は、主食となるもの、しかも高カロリーなものを7回食べ、
プラスアルファでお菓子なども食べました。

 『食べる』というよりは、固形物も『飲んでいる』ような感じでした。

 それでも、お腹は満腹になりませんでした。

 私は、幼少期に母親に喉の中に指を突っ込まれ、血だらけになったトラウマがあるから、自己誘発嘔吐はできません。

 下剤は、随分前にやめると決めたので使いませんでした。

 このまま行くと、デブ一直線です。

 さて、どうするか?を考えました。

 まずは過食した原因について。

 これは、私のことを知らない街で、非日常的な生活をしてきて、
地元という現実に戻ってきた時に、心のシフトチェンジがうまくいかず、ストレスになり、
そのストレス解消方法として、過食に陥ったのだと思いました。

 まあ、これは表面的な理由であり、摂食障害の原因の根っこには、
愛着障害や虐待後遺症があると思います。

 これから、その部分にアプローチする治療を受ける訳ですが、
治療開始まではまだ時間がかかると言われています。

 過食をしたのは2日間。

 まだ、挽回のチャンスはあると捉えました。

 過食が定着する前に手を打とうと思いました。

 実は、拒食が過食に転じるケースはよくあることです。

 『食べなさ過ぎ』か、『食べ過ぎ』かの違いはありますが、
抱えている問題は同じです。

 なので、私が今まで心療内科の先生に言われた言葉を思い出しました。

 『目標は低く、実現可能なものからね』

 この言葉を治療中に何度も聞いています。

 それプラス、自分の性格や傾向を考慮して、
今の私にできそうな対策を考えました。

 ・食材の買い置きはしない。
  ⬆
 私の住まいはど田舎なので、近所にスーパーがありません。
今までは、心療内科受診の日にまとめ買いをしていました。
 でも、今の状態では、一度に全部食べてしまう可能性が高いです。
 落ち着くまでは、買い置きはせず、割高にはなりはすが、その都度コンビニで買うことにしました。
 買い置きをしないことで、引きこもり対策も兼ねています。

 ・コンビニに行く時は、所持金を設定する。
  ⬆
 買い置きをしなくても、お金に余裕を持たせていると、大量買いをする可能性があるので、
それを防ぐために金額を低めに設定しました。

 ・規則正しい生活をし、決められた時間に食事をとる。
  ⬆
 だらだら食いを防ぐために、食事をする時間を決めました。

 ・ゆっくり、よく噛んで食べる。
  ⬆
 飲むように食べると、満腹感が得られないので、きちんと咀嚼することにしました。

 ・甘いものは、1日1回はOKとする。
  ⬆
 これは、ストイックになり過ぎて、挫折した時の反動を防ぐために取り入れました。

 ・食べていない時間帯は、運動をする、あるいは両手を使う作業をする。
  ⬆
 何もしていないと、口がさびしくなり、食べ物に手を出してしまいたくなると思うので取り入れました。

 以上が私が考え、実行することに決めた過食への対策です。

 しばらくは、これらのことに取り組みたいと思います。

 一応、前置きをしてこのブログ記事を書きましたが、
それでも読んでしまった摂食障害や心の病気を抱えていらっしゃる方々は、
この記事を読んで、ご自分を責めないで下さいね。

 診断名は同じでも、取り組み方は人それぞれだと思います。

 頑張りたくても頑張れない時期もあります。

 性格も、人それぞれです。

 私は、褒められて伸びるタイプではなく、自分をある程度追い込まないと動けないタイプなので、こういう対策を考えただけです。

 本来の私の性格的には『甘いものは、1日1回はOKとする』は、性に合わないのですが、
心療内科の先生からのアドバイスを元に、ちょっと緩めのものも取り入れてみました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

幻の記事は葬り去り、今夜は楽しく...。


 実は、今日のお昼にブログを書いていました。

 ある問題について...。

 しかし、8割ほど書いた時点で下書き保存をしたのですが、
うまく保存できていませんでした。

 夜に落ち着いて書こうと思っていたのですが、
気持ちが変わりました。

 おそらく、あの記事が公開されていたら、傷つく人が出る、そして、自分にとっても何ひとつ良いことはない内容でした。

 問題については、未解決なので、また日を改めて書くかもしれないですが、
今日の昼間とは違う方法で書くつもりでいます。

 という訳で、ブログ内容は大きく方向転換。

 今夜は楽しいことを書きたいと思います。

 自己満足の趣味の話題なので、興味のない方はスルーして下さいね。

 実は、今、私は高松にいます。

 ホフディランの小宮山雄飛さんの相方、ワタナベイビーさんのソロライブに行ってきました。

 私は雄飛さんが大好きで、時々ブログにも書いていますが、
ワタナベイビーさんも大好きなのです。

 ライブ会場は、カフェっぽいお店の2階でした。

 201703182251040e8.jpg
 ⬆
 自由席でしたが、最前列の真ん前で見ることができました。

 セットリストは、ファンのリクエスト曲ばかりで構成したとのことでした。

 ホフディランとしての曲から、ワタナベイビーさんのソロ曲、カバー曲など、盛りだくさんでした。

 ワタナベイビーさんの曲で、
『育児研究中』という曲があります。

 私は、この曲を聴くと、泣きそうになるか、泣きます。
今日は泣きました。

 ワタナベイビーさんは、お子さんがいるのですが、
この曲は、お子さんが生まれたばかりの頃に作られた曲です。

 曲も素敵なのですが、歌詞が好きなんです。

 こんな歌詞です。

 キミが僕を見てるよ 僕は満ち足りているよ
 誰にもジャマできない キミの人生さ

 キミが手を伸ばしてるよ 僕の手を握ってるよ
 誰にもジャマできない キミの人生さ

 言葉も覚え始めなくていいのさ
 いつまでも赤ん坊のままでいいのさ

 育児研究中 育児勉強中
 型通りの親にはならないぜ
 キミを研究中 キミを勉強中
 お手本通りの親には
 なれない ならないぜ

 キミが何か喋ってるよ でも僕にはわからないよ
 誰にもジャマできない キミの人生さ

 体も大きくならなくていいのさ
 いつまでも赤ん坊のままでいいのさ

 育児研究中 育児勉強中
 型通りの親にはならないぜ
 キミを研究中 キミを勉強中
 お手本通りの親には
 なれない ならないぜ

 ママを困らせようぜ パパを懲らしめようぜ
 問いつめてやろうぜ 朝まで

 育児研究中 育児勉強中
 型通りの親にはならないぜ
 キミを研究中 キミを勉強中
 お手本通りの親には
 なれない ならない なれない ならない
 死んでもならないぜ

 ⬆
 こんな歌詞です。
ちなみに、歌はこんな感じです。

 ⬆
 ワタナベイビーさんの声は独特なので、お好みは分かれるとは思いますが、
私はこれを聴くとグッと来るんですよね。

 お子さまは、今は3歳くらいになっていると思います。

 今日のライブのMCで、
「この曲は、息子が生まれたばかりの頃に作ったから、『赤ん坊のままでいいのさ』って歌ってますが、実際は困りますけどね、育ってくれないと...。」
と言われていましたが...。

 息子さん、素敵なお父さんの元に生まれて良かったね。
聴くたびに、そう思って泣いてしまいます。

 育児本通りじゃなくていいんです。
 愛情があれば、いいんです。

 私がこの曲を聴いて泣いてしまうのは、
『こういう親の元に生まれたかったなあ』
という気持ちもあるのかもしれません。
 
 ライブでは、昔、ホフディランが活動休止していた頃にワタナベイビーさんが出されたソロアルバムの話題になり、
「ブックオフにも、ヤフオクにもないけど、どこに行っちゃったのかな?」
と言われていたので、
思わず、「私の家にあります!」と言ったら、ワタナベイビーさんと少しお話することができました。

 あと、7月2日に、ホフディラン結成20周年を記念したライブの告知があり、
「この高松ライブに来てくれてる方には東京は遠いから無理かな?」
と言われていたので、
「私、行きまーす!チケット取れましたよ!!」と言ったら、
私の席の真ん前まで来てくれて、握手をしてくれました。

 アンコールは、まさかのオザケン(小沢健二さん)の名アルバム『LIFE』の全曲ダイジェストカバー!
オザケンは大学時代によく聴いていたので、20代にタイムスリップした感じになりました。

 ライブ後は、恒例のワタナベイビーさんが手売りする物販コーナーで、
新アルバムをゲットしました。

 頼んでいないのに、サインを目の前で書いてくれるのがお約束です。
20170318233111fb6.jpg

2017031823313802b.jpg

 そして、CDを買っている時に、ライブ開始から気になっていたことを聞いてみました。

 「ベイビーさんのシャツ、みうらじゅんさんのイラストが描かれていますよね?」

 「おっ?!よく気づいたねっ!僕がみうらじゅんさんにお願いして描いてもらったんだ。」

 「私、みうらじゅんさん、大好きなんです。写真撮らせてもらってもいいですか?」

 「もちろん!撮って撮って~!!」

という訳で、撮らせていただきました。
2017031823370478a.jpg

 ベイビーさんとみうらじゅんさんが仲良しなのは知っていましたが、
まさかここでみうらじゅんさんのイラストが見られるなんて!!

 今日は、これで満足です。

 明日から、また日常に戻りますが、
何とかかんとかやっていこうと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

本日旅の最終日。ついに!!


 今回の『運が良ければ富士山が見られる街』への旅も、
今日が最終日となりました。

 今日の夜行バスでまたど田舎に戻ります。

 今回は、約10日間の滞在でした。

 ほぼ毎日、富士山を見に行っていましたが、なかなか見られませんでした。

 先ほど、滞在先から、運が良ければ富士山が見られるスポットに行ってきました。

 前回の旅では見られなかった富士山。

 今回は、こうなりました。

 はい、最終日に見ることができました。

 地元の方らしき女性が、話しかけてくれました。

 「ご旅行ですか?」

 「はい、そうなんですよ。10日間くらいこちらの街で過ごして、ほぼ毎日来ていましたが、最終日にやっと見ることができました。」

 「この時期にこんなにくっきり見えるのは珍しいんですよ。あなた、ラッキーですね!」

 やっぱり、天気が良ければ見られるという訳ではなさそうです。

 その女性が、「また、お会いできるといいなあ。気をつけて帰ってね。」
と言って下さった後は、このスポットには私ひとりになりました。

 眺めていると自然と涙があふれてきました。

 写真よりも、実物はもっと迫力がありました。

 願掛けではなく、誓ってきました。

 『春からの治療、全力で臨みます。』

 しばらく眺めていて、ずっとこうしていたかったのですが、
外国人の老夫婦が来られたので、特等席を譲りました。

 「I'm very happy to see you and share this beautiful FUZISAN with you!」

 「あなたに会えて、この美しい富士山をあなたと一緒に見られて嬉しい!」
と言って下さり、富士山に感動して泣いてる私の肩を撫でてくれました。

 今回の旅も、素敵な旅になりました。

 富士山や、この街の方々から力をもらいました。

 先ほど誓ってきたことを忘れずに、地元に戻ったら、
STAIR&NSTの治療に全力で臨みます!!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

続きを読む

『所持金0円、東京プロジェクト』ラストスパート!


 少し前のお話になりますが、私はある方の絵を注文しました。

 詳細は、こちらの記事で取り上げています。

 http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-857.html

 ある事情を抱えた方が、所持金0円の状態で上京されました。
 その方には絵の才能があります。
 その方に絵を注文したり、缶バッチを買ったり、LINEスタンプを注文したり、寄付をすることで、
東京で暮らしていけるよう応援しようというプロジェクトです。

 私は、今回の旅でまだ見ることができていない、
『運が良ければ見られる富士山』の絵をお願いしました。

 先日、その方からメールをいただきました。

 大変な状況の中で、所持金0円の状態で東京に出てこられ、
心も体もしんどいでしょうに、心のこもったあたたかいメッセージをいただき、
私の方が力をもらいました。

 このプロジェクトは、ライターの今一生さんの呼びかけで始まったものですが、
絵の注文、缶バッチの注文、LINEスタンプの注文、寄付などで、住む場所を確保できたそうです。

 お金が絡んだ応援はできなくても、今一生さんのツイートをリツイートで拡散して、
このプロジェクトに参加された方もたくさんいらっしゃったようです。

 私も微力ながら、このプロジェクトに参加できたことを嬉しく思っています。

 このプロジェクトは3月18日まで行われています。

 私のブログを読んで下さっている方々に押しつけるつもりはないのですが、
例えば、実際にお金が絡んだ応援をしなくても、Twitterをされている方々は今一生さんのツイートを拡散して下さると、フォロワーさんのどなたかの目にとまるかもしれないです。

 私は、以前はTwitterをしていましたが、個人的に思うことがありやめてしまったので、Twitterで拡散することはできないですが、少しでも多くの方にこのプロジェクトを知っていただけると嬉しいなあと思い、記事として取り上げることにしました。

 今は、何が起こるか分からない時代です。

 困った時には、信頼できる人に『助けて』と素直に言い、
信頼できる人が困っている時には『助けて』と言ってもらえるような生き方をしたいです。

 この記事を読まれた方が、どう感じられるかは分からないですが、
私としては、綺麗事ではなく、率直な気持ちを表現したつもりです。

 だから、何度もしつこいですが、押しつけのつもりはないです。

 『byhって、自己満足してるだけじゃない?』と思われても構いません。

  そんなことを思いながらこの記事を書きました。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 
 
 

自分で『メンヘラ』と言うのはやめます。


 まだ、旅の途中ですが、ふと思ったことがありました。

 私は、以前はよく『メンヘラ』という言葉を使っていました。

 それを、やめようと思います。

 メンヘラの意味は、ざっくりと表現すると、
『心の健康に問題を抱えた人』という感じです。

 詳しいことは、こちらのページをご参考にして下さい。
http://menhera.jp/1110

 私は、この『メンヘラ』という言葉を使っていた時は、
ちょっとというか、かなり卑屈な気持ちで使っていました。

 好きで摂食障害になった訳じゃない。

 好きでうつになった訳じゃない。

 好きで自傷行為をしている訳じゃない。

 好きで記憶ぶっ飛び女になった訳じゃない。

 好きで多重人格になった訳じゃない。

 ⬇
 全部、虐待のせい。

 エリートにしたいと思って、あんた(母親)が自分の知的レベルも考えずに、
しつけを超えた子育てをした結果が、この有様だよ。

 エリートどころか、日常生活にも支障があるわ。

 そんな気持ちで使っていました。

 今の私の精神状態は、
摂食障害、うつ、自傷行為は良くなりましたが、
離人感、多重人格はまだ時々あるので、
心の健康にはまだ問題はあります。
複雑性PTSDという診断もつきました。

 だから、このメンヘラの定義に該当はしています。

 でも、私は、それらの症状を克服したいと思っています。

 『病は気から』とはよく言ったものです。

 私は看護師をしていたので、今までたくさんの患者さんとの出会いがありました。

 あくまでも、私が受けた印象ではありますが、
『病気を治したい』と強く思っている方の方が、
経過が良好なケースが多かったように感じていました。

 がんなどの疾患の患者さんが多い病棟にいたので、
中には残念ながら、お亡くなりになる方もいらっしゃいましたが、
『治りたい』という気持ちの強い方は、医師の見立てよりも長く生きられた方が多かったです。

 私の心の病気は、生死をさまようようなものではありませんが、
やはり、自分から『治りたい』と思うことが重要な気がします。

 そういう理由から、病識を持ちながらも、
自分から『メンヘラ』と言うのはやめようと思いました。

 これは、私が自分で勝手に思ったことです。

 もし、ブログを読んで下さっている方の中に、
ご自身のことを『メンヘラ』と言っている方がいらっしゃったとしても、
決してそのことを否定している訳ではないことをご理解いただけると幸いです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

旅先ライフを満喫中です。


 こんにちは。

 旅先からのブログ更新です。

 今いるところは、前回の旅と同じく、
『運が良ければ富士山が見られるところ』です。

 ほぼ毎日、富士山見物スポットに足を運んでいますが、
残念ながら、まだ見ることができていません。

 振り返れば、この街の虜になったきっかけとなった、
あのキレイな富士山が見られたのは、貴重な体験だったのかもしれないですね。

 そして、勝手に縁を感じて何度も来ています。

 今回の旅行前に、風邪をこじらせたのと喘息のために、
ほとんど運動できないままこの土地に来ましたが、
今のところ、体調はとてもいいです。

 耳鳴り、ほとんどしません。

 手足のしびれも、夜に指先にほんの少し感じるくらいです。

 私は、どちらかと言うと、環境の変化が苦手なタイプなのですが、
この土地とは相性がいいみたいです。

 前回の旅で見つけたコーヒー屋さんがあるのですが、
昨日行ってみたら、マスターが私のことを覚えてくれていて、
「おかえり~!」と言ってくれたのがとても嬉しかったです。

 このコーヒー屋さんは、立地条件はそんなに良い所ではないのですが、
常連さんと思われるお客さんで賑わっています。

 私が他県から来たことを、マスターとの会話を聞いていた他のお客さんが、
「この街を紹介しているこんな本がありますよ~」と、
さりげなく持ってきてくれたりします。

 人付き合いが苦手な私が不快にならない絶妙な距離感と温かさ...。

 ますます、この街が好きになりました。

 4月からの治療が始まると、なかなか来られなくなりそうなので、
今回はちょっと長めの滞在にしています。

 旅の前に目標としていた、体力向上にも少しずつ取り組んでいて、
今回は、エレベーター、エスカレーターは使わずに、階段を上り下りしています。

 旅はもう少しで折り返し地点。

 しばらく、こちらの街で元気をもらって有意義に過ごしたいと思っています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


行ってきます。


 心療内科から帰ってきました。

 もう少ししたら、お気に入りの街に旅をしてきます。

 ブログは少しの間お休みするかな?

 心に余裕があって、書きたいことがあったら更新するかもです。

 それでは、行ってきます。

 20170306174339ed2.jpg
 ⬆
 いつも抱っこして寝ているこの子は、ちょっと大きすぎるのでお留守番。

 ちびうさこちゃんを連れて行きます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ネガ回避。


 昼間の人格交代、地味にへこみました。

 最近なかったから。

 あー、まだ多重人格、治ってないんやなあと思いました。

 このままでは、ネガまっしぐら。

 月曜日の夜行バスで私はまた旅をします。

 切り替えスイッチオン!

 fsが部屋を片付けてくれて良かったやん?

 旅行中じゃなくて良かったやん?

 何とかネガ回避しました。

 楽しいこと、考えよう。

 今度は富士山、見られるかな?

201703050035598b2.jpg
 ⬆
 富士山じゃなくて、テントやけど、それ。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


いますよ。


 今、状況確認後、部屋中のあれこれを片付け、一段落したのでこれを書いている。

 はい、私はfs。

 byhは、最近落ち着いていたので、人格交代がおさまっていると考えていたようだが、
それは違う。

 私は、ずっといた。

 ただ、出番がなかったので、表に出てなかっただけだ。

 今日は、byhがヤバそうだったから、出てきているのだろう。

 『だろう』と表現したのは、気づいたら私fsになっていたからだ。

 おそらく、byh➡離人感➡私fsの順で私になっている。

 そして、恒例の掃除をしまくった。

 ブログでは、byhは3月のことを書いていたが、
部屋のカレンダーは1月のまま。

 3月に変えた。

 買ったCDは、開封すらしていない。

 開封し、ウォークマンに録音した。

 相変わらず、ずぼらな生活をしているようだ。

 来週からの旅行の準備は、珍しくbyhが自分でしていた。
余程、行くのが楽しみなのだろう。
 好きなことには、エネルギーを使えるらしい。

 掃除は苦手だから、ほたくっている。

 耳鼻科の聴力検査結果の用紙も床に置きっぱなし。
ブログで写真に載せていたから、その時からそのまま放置していたようだ。

 今回、私が出てきたきっかけは、すぐに分かった。

 byhが夜中に書いていた、粘着テープの虐待ニュースだろう。

 ガムテープには、かなりのトラウマがあるようだ。

 まあ、命の危険を感じた出来事だから、トラウマにもなるだろう。

 ちなみに、今、床にガムテープが転がっているが、
私は平気で触ることができる。

 ニュースを見てみたが、『アホがいるな』くらいにしか感じない。

 私は、byhが将来やりたいことが何かを知っている。

 byh自身もブログに書いていたが、今のbyhの精神力では、将来やりたいことは実現不可能だ。

 私なら、できるかもしれない。動揺しないから。

 ただ、私がしてもそれはbyhが望む結果には結びつかないだろう。

 だから、その領域には手は出さない。

 その辺りは、私は主人格ではないとわきまえているつもりだ。

 byhは、春からの治療にかなりの期待をしている。

 私は、うまく行けばラッキーくらいに考えている。

 なぜなら、複雑性PTSDという診断名は、まだ正式には認められておらず、
治療も実験段階だからだ。

 前例が少なすぎる。

 ただ、関心はある。

 治療を進めていく中で、私たち3人がどうなっていくのかは気になる。

 まだ、精神科の先生とは直接会話をしたことはない。

 機会があれば、話してみたい。

 眠気が来た。

 今回の私の出番はそろそろ終わりのようだ。

 少し、休む。

 
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


 

 

 
 

 
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR