ふと思い出した出来事。


 今日は、私の住む地域は晴れていますが風が冷たいです。

 こんな日に、思い出す出来事があります。

 虐待とは全然関係ない話ですが...。

 私は、元気だった頃、呼吸器内科、血液内科、感染症患者さんが入院する病棟で仕事をしていました。

 感染症患者さんの中には、HIV感染症の患者さんもいました。

 この病気は、とても偏見の強い病気です。

 医療従事者でさえ、偏見を持っている人が多いです。

 HIVの患者さんが入院してくるという情報が入ってくると、
その患者さんの担当看護師になることを拒否する看護師もいました。

 そんなこんなで、私は結構な人数のHIV感染症患者さんの担当看護師となる機会が多かったです。

 感染経路は、患者さんによってさまざまです。

 男性同士の性交渉により感染された方、男性同士で性交渉をする人のパートナーの方、海外でハメを外して感染された方、いわゆる薬害エイズの被害者の方などなど...。

 HIV感染症患者さんは、飲んでいる治療薬の血中濃度を調べたり、薬の効果判定のために、頻回に採血をします。

 その採血も、多くの看護師がしたがらないのが現状です。

 HIVの感染経路は血液もそのひとつではありますが、手袋をしていれば感染することはありません。

 採血時に手袋をはめるのは、HIV感染症患者さんだけでなく全ての患者さんにしていることです。

 万が一、針刺し事故を起こしたとして、感染のリスクが高いのは、HIVよりもB型肝炎なのですが、看護師なら知っているはずの知識なのに、B型肝炎患者の採血は嫌がらないのに、HIV感染症患者さんの採血を露骨に嫌がる看護師が多いのは、とても悲しいことで、恥ずかしいことだと私は思っています。

 医療従事者でさえ、こんな偏見の塊です。

 HIV感染症になった患者さんは、日々の生活でもこのような偏見と向き合っています。

 数年前の冬の日...。

 ちょうど、今日みたいに晴れてるけど冷たい風が吹いている日のことでした。

 勤務先の病棟に1本の電話がありました。

 私が担当していた、薬害エイズ被害者のHIV感染症患者さんが、パチンコ店で転倒して頭を打ち、出血したそうです。

 この方は、勇気を出して、自分がHIV感染症患者であることを周りの人に言ったそうです。

 この方は、血液がサラサラになる薬を飲んでいたので、ちょっとした出血も命取りとなります。

 しかも、この時の出血部位は頭部。

 結局、救急車要請が遅くなり、私の勤務先の病院に到着した時には、
この方は亡くなられていました。

 悔しかったです。

 応急処置が早ければ、この患者さんは助かっていたのではないか?といまだに思います。

 そして、この患者さんの勇気と気配りのすごさ。

 自分の手当てが遅れることを承知の上で、他の人に感染しないように気を配って、
自分がHIV感染症であることを周りの人に告げた行為はすごいことだと思います。

 偏見とは、本当に恐ろしいものです。

 偏見のない世の中にしていきたいですね。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


 
スポンサーサイト

今日は耳鼻科受診の日でした。


 昨日はたくさん寝て、旅の疲れをできるだけ取り、
今日は耳鼻科に行ってきました。

 毎回恒例の聴力検査がありました。

 結果は、こんな感じでした。

 まずは、前回1月6日のものがこちら。
2017022413453417d.jpg

 そして、本日の結果がこちらです。
20170224134614742.jpg

 まあ、左耳は軽度難聴ではありますが、前回より少し良くなっていました。

 1番効いていたイソバイドという薬を内服していた頃よりはちょっと悪いのですが、
結構いい感じでした。

 先生に、
「メニエール病はストレスとの関係が強い病気なので、心の病気の治療の目通しが立ったことも大きいのかもしれないですね。」
と言われました。

 はい、そう思います。

 そして、先日まで旅をしてリフレッシュしてきたことも良かったと思います。

 調子に乗って、先生に相談してみました。

 「イソバイドは確かに効いてる実感がありましたが、その他の薬は、正直なところ、飲んでも飲まなくても体調にあまり変化がないのですが、まだ継続しないとダメでしょうか?」

 そしたら、先生が、
「うーん、そうですね。今、調子がいいので、一旦やめてみましょうか。
それで、もし体調が悪くなったら再開するようにしてみましょう。」

 やったあ!

 これで、内服薬がかなり少なくなりました。

 朝1錠、寝る前2錠だけになりました。

 効いているかいないかよく分からない薬を朝昼晩と飲むのが少し嫌になっていたんですよね。

 あとは、ストレスの原因となるものと、いかにうまく付き合っていくかだと思います。

 このまま、薬を中止した状態を維持できるようにしていきたいですね。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

今回の旅で見えた課題。


 今夜、夜行バスで地元に戻ります。

 今は夜行バスの発車待ちをしています。

 今回の旅で見えた課題がありました。

 まず、体のこと。

 拒食っ子からは抜け出して、今は毎日1日3食をして、
体重は拒食になる前より増えています。

 体重計にはこわくて乗れませんが、ズボンが入らなくなったので、
拒食前より明らかに太りました。

 だけど、体重は増えても、体力が全然ないです。

 引きこもりになって、お部屋の中中心の生活をしていたので、
特に足の筋力低下が著しいです。

 私は以前、血液疾患(例えば白血病など)になった患者さんが入院される病棟で勤務していました。

 白血病は、若い世代の方もなるので、私より若い方と関わる機会がよくありましたが、
「たった1ヶ月ちょっとの入院で、足の力がすごく落ちます。」と話される方が多かったです。

 特別な運動をしていなくても、私のように引きこもりをしないで生活をしていると、
下半身は結構使っているんですね。

 でも、私は診察日以外は、ほとんど狭い部屋にこもっていました。

 2015年の夏からなので、そりゃあ体力がなくなりますよね。

 地元で外に出たくなかった理由は色々あったのですが、
もう、いつまでもそんなことを言っていられませんね。

 そろそろ、体力向上を目標とした生活スタイルに変えていく必要があると痛感しました。

 そして、心の問題。

 私は、褒められたことがほとんどない状態で大人になりました。

 だから、褒められた時の嬉しさがよく分かりませんでした。

 褒め方も、よく分からないまま大人になりました。

 そして、そんな私は、周りの人や物事のマイナス面ばかり目につきやすい子だと思いました。

 それは、自分の心も、他の人の心も、不快にさせてしまいます。

 自分だけが不快ならまだいい、でも周りの人を不快な気持ちにさせるのは良くない。

 そして、できることなら、自分も心地よい気持ちで日々を過ごしたい。

 人生は、一度しかないのだから...。

 多分、今まで、環境が変わっても周りから浮いて孤立してしまうことを繰り返していた原因は、ここにあると思いました。

 褒められることも、褒めることも慣れていきたいです。

 これからの人生を豊かなものにするために...。

 そんなことを感じた旅でした。

 今回の旅は、また運が良ければ富士山が見られるところに来ていましたが、
残念ながら、今回の滞在中に富士山を見ることはできませんでした。

 『また今度見においで』

 富士山が、そう言ってくれていると思うようにします。

 これが、プラス変換!!かな??


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

『生きててもいいのかな』の世界から『生きてていいんだ』の世界へ...。


 私は、今も旅の途中です。

 場所は、1月にも訪れた、富士山が見られるところです。

 でも、今回はまだ富士山を見ることはできていません。
『これかな?』という、かすかなシルエットは見えました。
晴れてたら見られるという訳ではなさそうですね。

 今回の旅行中には、実は私にはある課題がありました。

 決戦日は、旅先に着いた2月14日でした。

 バレンタインデーでしたが、バレンタイン絡みの決戦ではないです。

 これからの自分との決戦という感じです。

 まだ、詳しいことは書けませんが、助けられながら課題をクリアすることができました。

 2月14日は、おそらく、人生のターニングポイントだったと思います。

 それを、通過しました。

 このターンが正解だったか、そうでなかったかは、
これからの自分次第だと思います。

 旅の前半でいくつかのミッションをクリアし、心に余裕が出てきたので、今までのことを考えたりしています。

 2015年の夏から、摂食障害、うつ、解離性障害、複雑性PTSDなどなど、病気のオンパレードでした。

 仕事を休職して、自分と向き合ったり、虐待と向き合うことが多くなりました。

 それがつらかった時期もありました。

 でも、今は、変な表現ですが『病気になって良かったのかも?』
と思っています。

 病気になる前は、仕事に没頭する日々でした。

 仕事がある日は仕事に打ち込み、休みの日は寝て終わり...。

 『おひとりさま』だから、老後のために貯金をして誰かに迷惑をかけないようにしておこう。

 つまらない日々でした。

 それが、病気になってから価値観が変わり始め、
12月には、こんな記事を書いていました。

http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-801.html
 ⬆
 『生まれてきてすみません』から『生きててもいいのかな』になりました。

 そして、今回の旅では、
『生きててもいいのかな』から『生きてていいんだ』
と思っている自分がいます。

 今回の旅行中は、今のところ心身ともに安定していて、
フラッシュバックも、離人感も、人格交代もしていません。

 『もう、新しい治療、しなくていいんじゃない?』
そう思ってしまうこともありますが、
ここは気持ちを引き締めて、地に足をしっかりつけて、
治療をちゃんと受けて、これからの人生を良い人生にしたいと思います。

 旅は後半になりました。

 南国育ちの私には、寒さが堪えますが、
残りの時間を有意義に過ごしていきたいと思います。

 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

旅の途中ですが...。


 私は今もまだ旅の途中です。

 今日、悲しいことを知りました。

 私が大好きなミッフィーちゃんの作者、ディックブルーナさんが、
2月16日に永眠されたそうです。

 保育園児の頃から、40代のおばちゃんになっても、
私を癒してくれたミッフィーちゃん...。

 これからも、ずーっとミッフィーちゃんのファンでいます。

 ディックブルーナさんのご冥福をお祈りします。

 201702180850330b2.jpg

 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


旅の前にひと仕事ありました。


 ブログお休み宣言をしておきながら更新している気まぐれbyhです。

 旅は夜行バスで行くので、まだど田舎にいます。

 今日は、心療内科受診の日でした。

 先日、複雑性PTSDの治療をしてくれる先生からのお手紙を渡すというミッションがありました。

 これ、ちょっと緊張していました。

 複雑性PTSDの治療をしてくれる先生が、お手紙の書き方を今通院している心療内科の先生に失礼な感じにならないように配慮はしてくれているとのことでしたが、私は、そのお手紙の中身は見ていなかったからです。

 それに、看護師時代に、嫌というほど、医師のセカンドオピニオンに対する反応を見てきているからです。

 本来は、セカンドオピニオンは決して悪いことではないのですが、
大半の医師が嫌な顔をします。

 私の場合も、治療の場を別の病院に変えることになるので、心療内科の先生の機嫌が悪くなるかな?と思っていました。

 が、実際はそうではありませんでした。

 「STAIR&NST治療ですか。新しい治療ですよね。せっかくのチャンスだから、受けてみるといいと思いますよ。どんな感じか、僕にも教えて欲しいですね。この先生には、郵送でお返事を書きますね。治療の場をそちらの病院に引き継ぎと書いてあるけど、できれば、こちらでも引き続きbyhさんの診察を続けたいですね。」
 
 え??

 そういう展開???

 予想外でした。

 私はてっきり、「それでは、次回からは新しい病院で治療を頑張って下さい」と言われると思っていたので...。

 とりあえず、傷病手当をもらうためにも何度かこの心療内科には行かないといけないとは思っていましたが、先生も、新しい治療に関心があるようです。

 嫌な顔をされずに済んだことで調子に乗った私は、
今内服している薬の相談をしました。

 実は、最近、拒食どころか、食べ過ぎで太ってしまい、
ズボンが入らなくなりました。

 体重計には乗っていませんが、明らかに拒食になる前よりも太っています。

 私は食欲増進目的で、ドグマチールとパキシルという薬を処方されていました。

 でも、『この薬、もういらないのでは?』と思い、
今朝から自己判断で飲むのをやめていました。

 先生にそのことを伝えたところ、
「確かにドグマチールには食欲増進作用があるから、これはやめてもいいですよ。
ただ、パキシルはまだbyhさんには必要です。この薬はそんなに食欲増進作用はないから心配しなくていいよ。byhさん、まだ情緒不安定なことがあるでしょ?時々何かをぶっ壊したりするでしょ?だから、パキシルは続けますね。」

 にこやかに、さわやかに、言われちゃいました。

 まあ、ドグマチールが中止許可が出たのでよしとします。

 さて、ぼちぼち旅の最終準備に取りかかろうと思います。

 
2017021317130293b.jpg

 1日早いですが、私からブログを読んで下さっている皆さまへ感謝の気持ちです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

自分さがしの旅をしてきます。


 明日の夜から、またちょっと旅をしてきます。

 寒いかな?

 寒いだろうな。

 今度は、どんな自分と向き合えるかな?

 しばらく、ブログはお休みします。

 とか言いながら、書きたいことができたら更新するかもしれませんが...。

 皆さまも、風邪やインフルエンザなどに気をつけてお過ごし下さいね。

20170212132928535.jpg


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


『文化的虐待』知ってますか?


 文化的虐待。

 私は初めてこの言葉を聞きました。

 まだ、メジャーな言葉ではないようですが...。

 例えば、生まれた家がとある自営業をしていて、親が子どもの意思を確認することなく、
当然のように家業を継がせたり、弁護士の親が子どもに弁護士になることを強要することなどを意味しているらしいです。

 心理的虐待ともリンクしている感じですね。

 この文化的虐待のこわいところは、
加害者が『良かれと思っている』ところにあると思います。

 子どもが家業を継いだり、親と同じ職業に就きたいと思っていたらいいのですが、
そうではない場合、子どもの意思を尊重していないから虐待になるということです。

 人生の選択肢を失って、自分の気持ちを押し殺して望まない人生を歩くことは、
とてもつらいことだと思います。

 私は、自分が主に身体的虐待の被害者なので、虐待問題の中でも、身体的虐待や児童虐待問題に目が行きがちですが、他にも色んな虐待問題がありますね。

 介護虐待、障がい者虐待、ネグレクト、経済的虐待、そして今日知った文化的虐待...。

 知らないことが、まだまだたくさんあります。

 自分の身の回りに起こった出来事だけでなく、自分の知らない世界を知ることはとても大切なことだと感じた日でした。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ガムテープの壁。


私には、NGワードならぬ、NG物品というのがある。

ガムテープ。

これで殺されかけたことがトラウマになっている。

看護師の仕事を休職する前は、ガムテープで殺されかけたことは、
記憶の奥底に封印されていたので、日常的に使っていた。

ガムテープで口を塞がれ、泣き止むどころか息ができないようにされたことを思い出したのは、休職中に、摂食障害の治療を始めて虐待と向き合うことになってからのことだ。

私は本が好きで、図書館で借りることもあるけど、
できるだけじっくり、繰り返し読みたい派なので、
特に医療、看護系の本はいつでも調べられるように買っていた。

でも、医療、看護は日々進化している。

そろそろ限界かな?と思い、手放すことにした。

利用したのは、ネットオフ。

申し込みをしたら、まず段ボールが家に送られてくる。

その段ボールに本を梱包し、指定日に佐川急便が取りに来て送ってくれるというシステムだ。

今日は、午前中にその段ボールが届いた。

私の家にはガムテープがないので、昨日買い物した時に一緒に買った。

その時は、大丈夫だった。

今朝、段ボールが届き、さっそく段ボールを組み立てて、本の梱包をしようとしたけど、
段ボールの組み立て段階で手が止まった。

ガムテープを触ることができない。

心臓バクバク。

真冬なのに、汗だくになった。

『やっぱり、無理なのか?』

タバコばかり吸って、作業に入れない。

好きな音楽を爆音で聞いて、テンション上げてみようとしたけど、
どうしても触ることができない。

とりあえず、頓服の抗不安薬を飲んだ。

『これからは、過去にとらわれるのではなく、前に向かっていくんだろ?』

何度も、自分に言い聞かせた。

『B子にはならない。』

気が遠くなりそうなところを何度も、踏みとどまった。

そして、お昼ごはんを食べて再トライした。

『これ(ガムテープ)は、凶器ではない。道具なんだ。』
とつぶやきながら、何とか1つの段ボールを組み立てることができた。

自力じゃないけど。

お薬のチカラも借りたけど。

自分だけのお守りのチカラも借りたけど。

今、手汗ハンパないけど。

動悸もしてるけど。

とりあえず、B子にはならなかった。

fsにもならなかった。

記憶も、飛ばなかった。

まだ、助けは必要だけど、
とりあえず、ガムテープの壁、ちょっとは越えたかな?


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

タイムラグあり過ぎて恥ずかしい。


今日、郵便受けを見に行ったら、摂食障害の自助グループの会報誌が届いていました。

私が投稿したものが掲載されていました。

書いたのは、去年の9月。

『ただただ悔しい』というタイトルで書いたものでした。

当時は、体重は増えてきたものの、食べられる食材はかなり限られていた状態でした。

服も、ワンピースしか着られなくて…。

仕事ができない自分のことを許せなくて…。

この自助グループにはルールがあって、会員以外の人に会報誌の内容を公表してはいけないことになっているので、詳細は敢えて書きませんが、『悔しい』というより、ただの恨みつらみばかり書いていて、読んでいて恥ずかしくなりました。

『今の私は、この気持ちとは違うのに、他の会員さんは、byhという人は、こんなことを考えているんだと思うのだろうな』というタイムラグに違和感を持ちました。

この自助グループは1年毎に会員を継続するかを決めるスタイルなのですが、
私は、会員をやめるつもりです。

ライブ感覚で、リアルに情報共有できるならいいのですが、
私の望むスタイルとは違うんですよね。

私は、生身の人間。

そのことを、改めて実感できたことは良かったと思います。

昔と比べると、過去より未来のことを考える時間が増えてきたなあと感じました。

そういう意味では、今日はいい日だったと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR