薬、効かなくなってきたかも?


 メニエール病の薬。

 自分からお願いして再開し、3ヶ月くらいかな?今。

 こないだの聴力検査では、いい結果が出ていたのだけど、
最近、また左耳の聴力が落ちているようです。

 昨日、テレビを見ていて気づきました。

 右耳をふさぐと聞こえにくかったです。

 明らかに左右差があります。

 ちょっとヘコみました。

 メニエール病の薬は他にはもうありません。

 発症してすぐなら、ステロイドが使えるのですが、
私は発症して1年半経過しているので、対象外です。

 このまま、また聞こえにくくなっていくのかなあ。

 頑張って1日3食してるんだけどなあ。

 でも、たとえ聴力が落ちていくにしても、せっかく習慣になってきた
1日3食は、継続しようと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト

いつものことだけど、やられた!!


 昨日から、人格交代が激しかったです。

 昼寝して、起きた私はbyhに戻っていました。

 fsがまた、色々していました。

 部屋は殺風景なくらいに掃除、整理整頓されていました。

 押し入れの中まで!

 そして、ある物がなくなっていました。

 とある通販サイトから届いていた誕生日プレゼントのギフトカタログ。

 私は、いくつか候補を見つけていたものの、迷っていて、
気になるページに付箋をつけていました。

 その注文をfsにやられていました。

 頼んでいた物は、スマホのメールを見て分かりました。

 『非常持ち出し袋』

 私が付箋を貼っていた商品は見事に却下されていました。

 ちょっと残念。。。

 一応、私自身も必要とは思っていたのですが、
懐中電灯とラジオくらいしか持っていなかったので、
いい機会だったとは思いました。

 私が住んでいる地域は、海も山も近くにあって、
地震が来たらヤバい所なので。

 ちなみに、私が欲しかった物は、
小物入れと、まず自分で買うことはないであろうお菓子でした。

 fsは、実用的な物を選んでいましたね。

 そして、fsは、生きたいのだなあと思いました。

 私も負けてられないねっ!

 そんなことを思いました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

精神保健福祉センターから電話あり。


 たった今、精神保健福祉センターから電話があった。

 県内にひとりの解離性障害を治せる医師に診察してもらえる可能性が出てきた。
時期は、その医師の都合で春以降なのだが...。

 これは、感情希薄な私でも嬉しいと思った。

 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

虐待は年中無休。


 やはり、人格交代があった。

 byh➡B子➡byh➡fs。

 私は今fsだ。

 byhがブログで使いたかったらしい画像を見つけたので、一応貼っておく。

 20161129083459d4c.jpg

 11月も、残りわずかとなった。

 誰が決めたか知らないが、
11月は、児童虐待防止推進月間だ。

 こういう何々推進月間というものはよく聞くが、
虐待は年中無休だ。

 主旨がよく分からない。

追伸:ブログコメントへの返事は、私fsがすると冷淡になると思うので、
   byhが戻ってきた時にやってもらうので、ご了承下さい。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ちょっとどうなるか分からない。


 今、心療内科に来ています。

 私は今、記憶が遠のきかけています。

 多分これは人格交代の兆候です。

 出てくるまでは分からないけど、
何となくですが、B子のような気がしています。

 私は、このブログを毎日更新していますが、
B子が出てきたら、ブログが書けないかもしれません。

 もし、B子だったら、B子が消えるまでさようなら。

 fsだったら、何かを書くかもしれません。

 私にも、どうなるかは分からないです。

 ただ、急に更新が途絶えたらびっくりする方もいらっしゃるかもしれないので、
ご挨拶をさせていただきました。

 コメントへのお返事は、まともな状態になったらさせていただきます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

虐待問題の影には世間との溝あり。


 昨日は、私にとっていい日だったので書かなかったけど、
ここ数日悶々としていることがある。

 今日は、それを書こうと思う。

 私はTwitterをしている。
140字という文字数制限があるのと、
私がフラッシュバックを起こして精神的に不安定だったのと、
手の内を明かしたくないというのがあって、
中途半端なツイートをしてしまった。

 『私は、虐待親(自分の親以外も)を法に触れないやり方でぶっ潰してやる!』

 『他の人の親は無理だけど、自分の親についてはこのやり方で公開処刑ができる。
今住んでる所にも居られなくなるかもな?』

  ⬆
 こんなことをツイートした。

 そしたら、来たよ。
「あなたのしようとしていることは、ただの仕返しではないですか?」と。

 ちげーよ。

 私は方法の詳細を書くと、パクられる可能性があるから、
曖昧な表現をしてしまったので、こういう解釈をされても仕方はないのだけど...。

 「私がこれからしようとしていることが、結果的に公開処刑になるだけのことです」
と返した。

 そしたら、
「それを、仕返しと言います」と来た。

 だから、違うんだって!

 Twitterに詳しいことを書かなかった私が悪いんだけどね。

 私は、虐待問題を世間に呼びかけたりする時は、
実名、顔出しでしようと思っている。

 私が住む地域は、めちゃくちゃ田舎。
しかも、私の本名は、結構珍しい姓だから、
実名で活動すると、
「あれ、誰々さんちの人だよね」となり、
私の毒母が虐待親であったことが明るみになるから、公開処刑になるということ。

 『痴漢は犯罪です』

 『いじめはダメ!』

 『セクハラはいけません』

 こういうことに関しては、世間は『そうだよね』となる。

 でも、おそらく
 『虐待は犯罪です』は簡単には世間に認められないと思う。

 なぜか?

 それは、対象が血縁者であるから。
 『親は敬うものだ』という風潮があるから。

 だから、虐待被害者が切実に呼びかけても、
『育ててもらっておきながら、何てひどい仕打ちをするのだ?』
という人が出てくると思う。

 このことは、何回もブログ記事で書いたけど、
ここが虐待被害者とそうでない人との大きな溝だと思う。

 こうも言われた。
「そもそも、虐待するようなバカに訴えかけても、理解されないのではないですか?
時間の無駄ではありませんか?
あなたが嫌なことを思い出すだけで終わるのではないですか?」

 虐待親が自分が虐待したことを認めないことは、とっくに知ってるわ!

 だから、これから親になる可能性がある人が虐待することのないように呼びかけるんだよ!

 でも、なかなか伝わらないんだろうなとは思う。

 だけど、時間の無駄とは思わない。

 市も県も国も動かないなら、自分で動くしかないじゃない?

 多分、私はバッシングされまくるだろうね。

 だけど、私はawayには慣れてる。

 そんなことではへこたれないよ。

 「虐待からの生き残りを舐めるなよ!!」



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ハグされちゃった!


 今日は予定通り、高校時代の後輩に会いました。

 人混みが苦手な私を気遣ってくれて、ドライブデート。
特に行き先は決めず、色んな話をしてきました。

 途中で、マクドのドライブスルーで、コーヒーと三角チョコパイを買って、
河原で一緒に食べました。

 会うのは本当に久しぶりだったけど、
何でも話せました。

 帰りの飛行機の時間があるので、2時間半くらいしか一緒にいられなかったけど、
とても素敵な時間でした。

 ちょっとびっくりしたのは、
お別れする時にハグされちゃったこと。

 でも、スキンシップが大の苦手な私が、
全然嫌じゃなかったどころか、嬉しかったです。

 この子は、本当に波長が合うんです。

 私はストライクゾーンが極端に狭いのに、
どストライクという感じです。

 改めて、この子とは、ずっと仲良しでいたいと思いました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

また、この子に救われた!


 さっき、珍しくメールが届いた。

 あの子からだった。

 以前、このブログ記事に書いた『声』でだきしめてくれたひと。
http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-219.html

 私が昨日のフラッシュバックを引きずって参っているところにメール。

 友人の結婚式があって帰省しているから、体調よかったら会えないかな?というお誘い。

 明日、会うことになった。

 この子には、本当に不思議な力を感じる。

 引きこもりの私だけど、即答でOKした。

 メンタル不安定な私を気遣ってくれて、
「しんどかったら、当日キャンセルありだよ~」って言ってくれた。

 もう、しばらく会ってないから、余程のことがない限り会いたい。

 また、助けられた。

 すさんでいた心が、ちょっとのメールのやり取りで消えていった。

 滅多に会えないけど、何でも話せる。

 この子も私のことを大事にしてくれているし、
私も、この子のことを大切な存在だと思っている。

 恋愛感情ではない、特別な感情がある。

 そういう人は、ずっと大切にしていたい。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

久々のフラッシュバック。


 昨日の夜は、久しぶりにフラッシュバックを起こしました。

 何がきっかけか分からないけど、急によみがえった記憶...。

 それは、私が小3の時の出来事。

 いとこのお姉さん(大人)と、あの女と、私の3人で、
ラーメン屋に行きました。

 私は、コーンラーメンを注文しました。
何度かそのお店には行ったことがあって、
コーンラーメンを注文すると、穴の開いたお玉がついてくるのですが、
その日のお店は満員で、子どもの私が見ても、お店が回っていない状態でした。

 そして、その日のコーンラーメンには、お玉がついていませんでした。

 私は、『お店の人、忙しくてお玉を忘れたんだろうな』と思いました。

 そして、『こんなにドタバタしてるのに、お玉持ってきて下さいと言うのは、お店の人に悪いなあ』と思いました。

 それが、あの女のキレポイントでした。

 「ちゃんと店員さんに、自分の言葉で『お玉持ってきて』と言いなさい。」

 私は、言えませんでした。

 そしたら、満員のお店の中で、あの女が怒鳴り始め、
私は頭をどつかれまくりました。

 いとこのお姉さんが見かねて、
「私が言おうか?」と言ってくれましたが、
スイッチの入ったあの女は、「あんたは黙っといて」と言い、
怒鳴り、叩き続けました。

 他のお客さん達も、私達を見ていました。

 私が泣いてしまったら、
「びーびー泣いてないで、コーンをひと粒も残さず食べろ!」と怒鳴られました。

 私は悔しかったので、汁の一滴も残さず食べました。
味なんて、しなかったです。

 帰宅後。

 あの女は、まだ言い足りていなかったらしく、夕方から寝る時間まで、
私を正座させ、延々私の頭をどついていました。

 「店員さん、忙しそうだから、お玉持ってきてと言えなかった」
とは、私はあの女には言っていません。

 言うと、もっと殴られるから。

 ただ、ひたすら耐えました。

 あの女が気が済むまで。

 こんなこと、一生思い出さなくていいのに、何で思い出しちゃったんだろう?

 殺人レベルの虐待ではないけど、いっぱい人がいるところで、
怒鳴られ、どつかれるのはつらかったです。

 私は、ラーメンは嫌いではないですが、
ラーメン屋に行くことは好きではありませんでした。

 その理由が、昨日分かりました。

 こんな、押し込められた嫌な出来事が、まだ自分の中にはあるような気がします。

 自分が、こわいです。

 今日は、いつもに増して鏡で顔を見たくない。

 私の顔は、あの女にそっくりだから。

 そして、確実にあの狂った遺伝子を受け継いでいることを思い知らされるから。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ハンディキャップを力に変えて...。


 突然ですが皆さんは、『今治タオル』はご存知ですか?
愛媛県の今治市で作られているタオルです。

 今治市は、昔からタオルの生産地でしたが、
今治タオルは、ブランドとして有名になり、
高級ホテルなどでも使われるようになりました。

 先日、ライターの今一生さんがお話されているのを聞いたのですが、
今治ブランドが確立した背景には、あるエピソードがあるのだそうです。

 今治タオルの品質の最終チェック、どんな方がされていると思いますか?

 答えは、視覚障害者の方々なのだそうです。

 視覚に障害のある方々は、他の感覚で目が見えない部分をカバーされているので、
目が見える人に比べ、触覚がずば抜けているそうです。

 だから、今治タオルのさわり心地が今治ブランドとして成立するかをチェックするのだそうです。

 ハンディキャップをネガティブに捉えず、強みにして活かされた一例ですね。

 私は、この話を聞いて、自分もそういうことがしたいと思いました。

 私は、虐待被害者。
これは、変えようのない事実です。

 愛情をいっぱい受けて育った人より、苦労をしました。
いじめにも遭いました。

 でも、この経験を活かすも殺すも自分次第なんじゃないかな?と思います。

 私は、ネグレクト以外の虐待経験がある、いじめられた経験がある、
医療の知識がちょっとある、看護の知識はそこそこある。

 そういうハンディキャップや、経験を活かしたことをやってみたいなあと思います。

 虐待問題を扱うことをするために必要なもので、私が持っていないもの、経験していないことは、
ネグレクト、直接的な性的虐待、法律、教育、福祉の知識などです。

 こういう経験をされた方や、知識を持っている方とタッグを組むと、
公的機関に負けないものが作れるんじゃないかなあ...。

 ああ、またスケールの大きなことを考えてしまいました。

 でも、将来的には、こういうことをしてみたいです。

 そのためには、地盤を固める必要がありますね。

 まずは、自分の心身を安定させて、仕事のできる状態になることです。

 小さいことをこつこつと頑張りたいと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR