今日は、単純作業に没頭。


私は、今、気がかりなことがたくさんある。

それらを考えだすと、また狂ってしまうのは目に見えている。

だから、今日は、単純作業に没頭している。

CDを、ウォークマンに録音し、曲名をひたすら入力する。

この作業の繰り返しをしている。

ウォークマンは、前から使用していたが、コンポから録音したので、アルバム名や曲名を入力することができていなくて、その時の気分で聴きたい曲を探すのが面倒だった。

だから、今までのデータを取り消して、もう一度録音している。

今の録音方法では、曲名を入力することができるからだ。

昔、CDをカセットテープに録音していた感覚に似ていて、どこか懐かしい。

多忙な人には、無駄な作業に思えるかもしれないが、私にとっては、至福の時間となっている。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト

とりあえず今はノーマルのつもり。


朝方に変なブログ書いた後に寝て、今起きました。

あの記事を書いたのは、3人目とbyhが混じっているような気がします。

これ以上考えても、変なゾーンに入るだけだろうから、とりあえず置いといて、明日、心療内科の先生に聞いてみようと思います。

毎日何やかんやとありますが、今は自分ではノーマルのつもりです。

しびれは少し残っていますが、まあまあ元気です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

水面下でのバトル?B子の反撃?


昨日、昼寝をしたから今も起きている。

音楽を聴いたり、ゲームをしながら今に至った。

表面上では、B子は出て来なかった。

自分では、穏やかに音楽を楽しみ、ゲームをしていると思っていた。

だけど…。

しびれが悪化している。

つま先から太もも、手先から肩まで、じゃんじゃんにしびれている。

私のしびれは、疲労と関連が全くない訳ではないが、メンタルが大いに関係している。

これは、どういうことか?

表には現れなかったけど、B子が反撃しているのか?水面下で。

昨日、自分のことをたまには認めてあげようという試みをした。

それに対するB子の反応なのか?

私は、先日、私という人間が、3人の人格に分離していると言われた。

B子とbyhの違いは、自分でも分かる。

でも、新たに存在が分かった3人目がよく分からない。

byhと、3人目の違いがよく分からない。

先生は、3人目の存在が重要と言っていた。

でも、多分、B子は、3人目を拒絶している。

byhは、どちらかと言えば、3人目に期待していると思う。

その葛藤が、しびれ悪化の原因かもしれない。

自分のブログ記事を読み返してみると、同一人物が書いたものとは思えない。

それに、まだ明らかにされていないかもしれない、4人目、5人目とかがいたらどうしよう?と不安になる。

私って、何なのか?

本当に分からない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

アイスコーヒー 甘さひかえめ


私が口にする飲み物は、お茶か、水か、ブラックコーヒーでした。

私が勝手に作った食にまつわるルールの中に、

『水分でカロリー摂取はしない』

があったからです。

よく、食後にホットのブラックコーヒーを飲んでいましたが、最近暑くなってきてからは、ペットボトルのアイスブラックコーヒーを飲んでいました。

週一の心療内科受診で外出する時に、ドラッグストアで安売りしている物をまとめ買いしていました。

でも、荷物が重くなってしんどいので、Amazonで注文しました。

その、注文した頃、私は狂いに狂っていたので、チョンボをしていて、届いた商品は、無糖ではなく、甘さひかえめの物でした。

『絶対飲まない。誰かにあげよう。』

そう思ったものの、引きこもりっ子は、会う人もなく、ずっとほったらかしにしていました。

それを、今日、飲みました。

カロリーのある飲み物を口にしたのは、多分、約1年ぶりです。

私は、本当は、甘党です。

ケーキや、和菓子も大好きです。

飲み物も、拒食になる前は、砂糖、ミルク入りのコーヒーを飲んでいました。


おいしかったです。

摂食障害でない方には通じないかもしれませんが、これは、私の中では大きな一歩です。


『久しぶりに飲み物でカロリーとれたね、頑張った!よしよし。』

さっそく、ちょっと前にトライしようと思った心がけをしてみました。


たまには、自分で自分を認めるのも悪くないかな?と思いました。

でも、慣れてないので、自分がしたことに照れ臭さも感じています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

『いい子いい子』とされている感じ?


昨日の夜は、後輩に癒されたこともあり、久しぶりにぐっすり眠れましたが、
お昼ごはんを食べてから今まで、お昼寝していました。

よっぽど疲れがたまっていたのでしょうね。

今、耳鳴りゼロではありませんが、音はわりとクリアに聞こえています。

手足のしびれも先の方に少しある程度になっています。

いい感じです。


お昼寝に入る前に、昨日、後輩から言われたことを思い出していました。

「( 虐待や過干渉についての話のあと )そっかぁ。ごめん、僕、byhちゃんが当時そんなこと抱えていたなんて、全然分からなかった。気づいてあげられなかったことは悔しいけど、多分、当時はbyhちゃんも、そのことに触れられるとダメだったのかもとも思うよ。でも、今は状況が変わってる。こわくて開けられなかった箱のフタをbyhちゃんは開けたんだから、すごいよ。しんどかったと思うけど、頑張ったね。フタを開けたことで、今、新たな苦しいこともいっぱいあると思う。でも、フタを開ける前と違うのは、もう、前みたいにしんどい時にしんどいって言うのを我慢しなくていいんだよ。しんどい、苦しい、助けて、とかbyhちゃんが感じたことをそのまま出したらいいと思うよ。byhちゃんのことだから、誰にでもは言えないだろうし、出せないと思うけど、僕になら出せないかな?遠く離れた場所にいるけど、気持ちはいつでもbyhちゃんの近くにいるから、安心していいよ。」


かっちょいいこと、言ってくれたなあと思います。

そして、私のこと、よく分かっているなあと思います。


だから、この後輩には癒されるんだろうなと思います。


私は、親にはされたことがないけど、小さい子どもが何かをして、親のところに駆け寄った時に、親が『いい子いい子』と頭を撫でたり、体をさすったりしてくれる時の感覚って、この後輩がしてくれてることと似ているのかな?と思いました。

そういうことを、この後輩以外からも、日常の中で感じられたら、私の病気は良くなっていくのかもしれないと漠然とですが感じました。

B子は、自分で自分を責め、いじめ、攻撃することで、親からされた本当の傷をごまかしています。

そんなB子は、人に助けてサインを出したり、甘えたり、人から認めてもらったりすることに対して、警戒するかもしれません。

でも、本当の私には、そんな『いい子いい子』をされてることを体感することが必要なんじゃないかなと思います。

それは、物の見方や感じ方、捉え方を変えれば、身近な色んなところで見つけられるような気がします。

例えば、このブログを読んでくれている方を思い浮かべる時、このブログへの足跡を残してくれた方を思い浮かべる時、拍手ボタンを押してくれてるのに気づいた時、コメントが届いた時、本を読んでいる時、音楽を聴いている時など、色んなところで体感できるような気がします。

要は、私の気持ち次第です。


B子が焦って反撃してくるかもしれないけど、私は『やらずに後悔』より、『やってみて後悔』派です。


どうなるかは分からないけど、ちょっと、トライしてみようと思います。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

先生、ごめんなさい。


昨日は、2ヶ月に1度の耳鼻科受診の日でした。

私は、この受診を毎回楽しみにしています。

耳鼻科の先生は、おそらく、私よりずっと年下だけど、しっかりしていて、とてもやさしい先生です。

毎回、耳の話はそこそこに、狂った私の話をいっぱい聞いてくれます。

摂食障害であることを認められなかった私に、心療内科受診をさりげなくすすめてくれたのは、この先生です。



こんなに良くしてくれている先生に、私は、昨日、いけないことをしました。

『よく、摂食障害の人は、ウソをつく。』

これは、ほとんどの摂食障害の本に書かれています。

そして、私もそうです。

普段はウソつきは嫌いなのに、摂食障害に関することになるとウソつきになります。

例えば、心療内科の先生には、私が今も脂肪を落とす薬や利尿剤、ダイエットサプリを飲んでいることは内緒にしています。

昨日は、聴力検査の結果が悪かったので、私は耳鼻科の先生にあるお願いをしました。

「先生、これ以上聴力落ちるの、嫌だ。中止している、一番効いていたあの薬、再開してほしい。」
と言いました。

実はこれ、半分以上ウソです。

確かに、音楽好きな私にとっては、耳鳴りや耳がつまることで音がクリアに聞こえないことは、つらいです。
でも、私がこの薬を再開してと頼んだ理由は、別にありました。

この薬には、食欲減退の副作用があります。
最近、食欲が増進してきた自分が嫌で、この薬を手に入れたくなったのです。

結果は、この薬は処方してもらえませんでした。

耳鼻科の先生は、「うーん、この薬は4週間続けて飲まないと意味がないから、せっかく食べれるようになってきてるのに、またこの薬がきっかけで食欲が落ちるかもしれないし、心療内科の先生が、この薬は使っちゃダメってことで中止になってるから、さすがに僕は出せないですよ。どうしてもと言うなら、僕が心療内科の先生にお手紙書いて、OKの返事が来たら出せるけど…。」と言いました。

『心療内科の先生に連絡を取られると、私が悪さしてるのバレちゃうから困る!』

そう思った私は、その薬を出してもらうことを諦めました。



昨日、後輩からの電話で癒された今の私が思います。

『耳鼻科の先生、ごめんなさい。私は、先生にいつも良くしてもらっているのに、良からぬことを考えていました。
先生が薬を処方しなかったのは正解です。本当にごめんなさい。』


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

そういうことか。


今も、数時間前に電話で聞いた後輩の声が私を包んでくれている。

昔から、そう。

その後輩の声に、言葉に安心するんだ。


私は、中高一貫の学校に通っていた。

後輩は2歳年下。

後輩が中1、私が中3の時からの付き合いだ。


当時はまだ私は『いい子ちゃん』をしていたので、当然、虐待の話はしていなかった。

多分、その当時はそんなに深い話はしていなかったけど、その後輩には、昔から癒されていた。

数年ぶりの電話だったので、虐待のことは、昨日初めて話した。

出会ってから27年も経つのに、この感覚はずっと一緒だ。



さて、この後輩は男性?女性?

どちらを、イメージしましたか??






正解は、、、



男性。



でも、私としては、この後輩が男性だから癒されているんじゃない。

この後輩の人柄に癒されている。




ここで、先日の精神保健福祉センターの面談で先生に言われたことを思い出した。


私に必要なのは、この後輩のような存在なんだろうな。


年齢、性別関係なく、私を認めてくれるひと。

そう思った。


後輩は、結婚して、2人の子どものお父さんになっていた。

歳を重ねた分、言うことも大人になっていたけど、

この後輩にしか出せないやさしさは全然変わっていなかった。

本当に私にとっては、大切な存在なんだなと改めて思った。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

『声』で抱きしめてくれたひと。


1時間くらい前に、珍しく私のケータイが鳴った。

中高時代の後輩からの電話だった。

私は、吹奏楽部でテナーサックスを吹いていた。

後輩は、トランペットを吹いていた。


もう、しばらく会ってない。

電話も、何年かに1回くらいしかかかってこないけど、

不思議なことに、その後輩は、私がピンチの時に電話をくれる。


何でも、話せる。

今日も、いろんな話を聞いてもらった。


毎回、まるで、私の方が後輩みたいになる。

声で私を包んでくれる。

いつもは自分を攻撃してしまうけど、その子の声を聞くと、やさしい気持ちになれる。

「本当は、会って、ぎゅって抱きしめてあげたいけど、会えなくてごめんね」と後輩が言った。


『ううん、会わなくても、声で抱きしめてくれてるよ』

とは言えず、

「ありがとう」とだけ返すひねくれっ子の私。


今、涙が止まらない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

『おひとりさま』は何かと大変です。


今日、耳鼻科受診を終えて会計に行くと、ロビーで『出前無料行政相談』というのをやっていました。

『おひとりさま』の私には、気になることが色々あります。

全然眠くないし、この後も暇だし、ちょっと覗いてみようと思いました。

まず、総合案内窓口で、どんなことを相談したいのかを簡単に説明して、弁護士、市役所など、相談内容に合うブースに案内してもらうというシステムでした。

その、総合案内窓口にて…。

「私は、身寄りがいない、いわゆる『おひとりさま』なのですが、今後、入院したり転居の際に保証人になってくれる人がいないのですが、行政機関でそういう対応をしてもらえるのか?また、事前に準備しておいた方がいいものはないか?を知りたいです。」

私がそう言ったら、窓口にいた数人のうちのひとりのおっさんが、
「え?その歳で親御さんも親戚もおらんの?」と聞いてきました。

私は、「両親が離婚しており、父親側とは20年以上交流がありません。母方とは、事情があって去年に縁を切ったので、母方の親戚にも頼ることができません。兄弟姉妹もいません。」と答えました。

そしたら、そのおっさんは、露骨に嫌な顔つきをして、「何?お母さん、生きてるんやろ?それやのに縁を切った?どういうこっちゃ。」と言ってきました。

『これこれ、親を敬うのが当たり前ってやつ。しかも、相談窓口に立つ人なら、心の中ではどう思おうが勝手だけど、顔に出すなよ』と思いました。

まあ、世間の大半の人が、このおっさんと同じような考え方をしていると思います。

私は、この風潮を変えたいんです。

私の家庭の場合は、私の考えでは、親=加害者、私=被害者です。
それを、他人が見たら、親=被害者、私=加害者に逆転しています。

何の事情も知らないやつが、なぜ、勝手にそう決めつけるのかが理解不能です。

多数決じゃないでしょ?と思います。



入り口で、いきなり不快な思いをしましたが、とりあえず、グッとこらえて、案内してもらいました。

私の場合は、弁護士さんが対応してくれました。


急なイベントだったので、下調べも不充分だし、字が書けないからメモも取れなかったですが、空いていたので、取り決め上の20分をかなりのオーバーで対応してくれました。

弁護士さんは、とても感じの良い方でした。

とりあえず、今日の相談で知ったことは、

・遺言書には、大きく分けると『自筆証書遺言』と『公正証書遺言』があるが、私のようなおひとりさまの場合は、『公正証書遺言』を作成しておいた方が良い。

・死後に、どこかの機関に寄付したい場合は、事前に寄付したい機関に申し出をしておかないと、遺言書を作成しても希望する機関に財産が届かない。

・虐待が原因で何らかの疾患にかかった場合( 私の場合なら摂食障害 )、かかりつけ医に、『親からの虐待が原因により摂食障害と診断する』旨の診断書を書いてもらっておくと、何らかのトラブルが発生した時に役立つことがある。

・親の葬儀は、子が引き受けなければいけないという義務はない。
しかしながら、親戚などの理解が得られない可能性が高いため、上記のような診断書や、自筆で自分が親からどんなことをされたかを書面に残しておくのが好ましい。

・親と同じお墓に入りたくない場合は、遺言書にその旨を書いておくこと。
また、生前のうちに自分で永代供養墓の手配をしておく。

・転居などで保証人が必要な場合、民間ビジネスでも代理保証人となってくれるものがある。
( 私は、かなりの田舎者ですが、私の県内にもそういうビジネスがあるみたいで安心しました。)

・転居先によっては、保証人がいらない賃貸マンションがあったり、家主さんとの交渉次第でプラスアルファのお金を払えば入居させてくれる場合がある。

・入院で保証人が必要な場合、まずは病院に自分の家庭事情を説明すること。
保証人なしでも入院を受け入れてくれるケースもある。

等々、教えてもらいました。


『おひとりさま』には、事前の準備が必要なものが色々ありますね。

認知症にならないうちに、きちんとしておこうと思いました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

今日の耳鼻科受診


睡眠時間ゼロで耳鼻科受診したら、やっぱり聴力検査の結果が悪かったです。

いつもは、軽度難聴でおさまっているのに、今日は軽度~中等度難聴になっていました。

最近、耳鳴りの音が大きかったり、耳がつまった感じになったり、左右差があったりと、自覚症状があったので予想通りではあるのですが、実際に数値やグラフを見るとへこみます。

まあ、ストレスとも関係ある病気だし、生活リズムはめちゃくちゃだし、仕方ないなあと思いました。

社会適合者になるためには、生活リズムを改善しないといけないですね。

夜は寝て、朝起きる人になりたいです。

B子がいい子でいてくれたら、もうちょっと夜に寝やすくなりそうですが、B子は『夜は私の時間』とでしゃばってくるので困ったものです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR