FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのことでした。


 今日の話も、11月25日の出来事です。

 この日、写真展の会場で、クロージングアーティストトークがありました。

 てっきり、写真家の長谷川さんがメインでお話をされるイベントだと思っていたのですが...。

 なんと、このイベントで、私は人前で虐待の話をする機会をいただきました。

 この日は写真集に載っている人が私を含めて3人来ていて、
それぞれの思いを語りました。

 実は、前日に長谷川さんから、
『トークイベントの中で話を振ってもいいですか?』
と言われていたので、心の準備はまあまあできていました。

 少し予想と違っていたのは、
私は長谷川さんが何か私に質問をして、それに答えるくらいに考えていたのですが、
実際は『どうぞ』と言われて自由に話すスタイルでした。

 私はブログでは、
『私は虐待被害者です』と書き、
自分が過去にされたことや、虐待と向き合ってもがいていることや、日々感じたことなどを思いつくままに書いていますが、面と向かって虐待のことを話すのは初めてのことでした。

 11月8日に虐待の講演会に行った時、
『自分はまだまだ人前で経験したことを語れる段階ではないなあ』
と感じていたのですが、語れる段階ではないけど語っちゃったのかもしれません。

 『こんばんは。私は虐待当事者です。』と言ってから、
長谷川さんの写真集に載せていただいた経緯や、虐待と向き合うことになったきっかけ、虐待と向き合う中で感じたこと、これから何が必要か?私なりの考えを話してきました。

 短い時間でしたが、自分が以前から語りたいと思っていたことが話せたかなと思っています。

 このブログでも書いたことがあると思いますが、こんな話をしてきました。
 
 ・虐待問題を考えていく中で、私が必要だと思っていることは、
虐待を経験したことのない方にも虐待問題に同情ではなく関心を持っていただくこと。

・された虐待による生きづらさもあるけれど、やっとの思いでその気持ちを外に出した時の、
『親に育ててもらっておきながら、なんてことを言うんだ?』という世間の圧を強く感じ、その圧をなくしていきたいと思っている。

・『親のことや、家族が好き』と言う人たちと同じように、『親のこと、好きじゃないんだ』と言う人がいてもいいんじゃないか?

・虐待のことをオープンに語りたい人は語れる場がもっと多くなることを望んでいる。

・もちろん、自分の経験したことを語りたいか?語りたくないか?実際に語るか?語らないかを決めるのは本人!

 ⬆
 だいたい、このような内容を話してきたのですが、
ちょっと聞いて下さっている方々の反応が私にはよく分からなかったです。

 まあ、テーマが虐待なので、にこにこしながら聞く話ではないと思うのですが、
私があまり人前で話をした経験がないのもあり、単調に話していたからそんな感じになったのかな?と思います。

 その辺りは、今後の課題ですね。
 


にほん村 メンタルヘルスブログへ



 
スポンサーサイト

写真展がご縁で虐待の取材をしていただきました。


 先日行ってきた長谷川美祈さんの写真展で素敵な出会いがありました。

 この写真展を見に行った時、私は自分の写真を見て下さっている方に声をかけてみようかな?と思っていました。

 でも、実際に写真を見て下さっている方に声をかけるのは、難しかったです。

 まず、何と声をかければいいのか?言葉が浮かばない...。

 声をかけたところで、会話が成り立つのかな?

 写真を見て、それぞれの方が色々と思いを巡らすだろうから、
声をかけると邪魔になるかなあ??

 そんなことを思うと、なかなか声をかけることができませんでした。

 そうこうしているうちに講演会の時間が迫り、ギャラリーから講演会の会場に移動しました。

 あーあ。声、かけられなかったよ...。

 講演会の後は直帰するつもりでいましたが、
長谷川さんが、『今日はギャラリーがまだやっているので、一緒に見に行きませんか?』と言って下さったので、再びギャラリーに行ったのです。

 その時に、私の写真を真剣な表情で見て下さっている方がいました。

 声をかけようかな?
そんなことを考える前に、写真を指さして、『これ、私なんです』と話しかけていました。

 なんか変なテンションになっていたので、その時どんな会話をしたのか全ては覚えていないのですが、私が声をかけた方はライターさんでした。

 そして、この日の出会いがきっかけとなり、
虐待の取材をしていただいたのです。

 取材は一昨日にしていただきました。

 自分が受けた虐待のこと、虐待と向き合い始めてからのこと、治療のこと、虐待をなくすためには、何が問題で、どういう課題があるか?など、私なりの思いや考えをたくさん聞いていただきました。

 こういう話をする機会をいただけて、本当に良かったなあと思いました。

 私は頭の中であれこれ考えることも好きですが、
人と話すことで得るものが多いなあと思います。
 
 今回も、新たな気づきがあったり、自分のことを客観視できたり、頭の中のごちゃっとした部分を整理整頓できました。

 このブログを始めたことがきっかけで、出会いがあり、自分の世界が広がる感覚もとても心地良いです。
 ⬆
 こんな風に書くと、何だか私が社交的な人物っぽく感じられるかもしれませんが、
相変わらず、ストライクゾーンは狭いです。

 でも、少しずつ広げられるといいなあと思うようになりました。

 取材をしていただいたものが記事になるのは春頃の予定だそうです。

 また、詳細が分かり次第お知らせしたいと思っていますので、よろしくお願いします。




にほん村 メンタルヘルスブログへ



 

講演会に行って...。続き。


 先日の講演会、後半は質問を受けながら話が広がるというスタイルでした。

 私は縮こまってしまいましたが、
結構積極的に手をあげている方が多かったです。

 その中で、こういう方がいらっしゃいました。

 『私は、直接親から暴力をされたとかはないのですが、
今思えば、ソフトな虐待?って言うんでしょうか...。
両親が言い争いをしているのをよく見ていて、
それが結構残っていて...。
 私は3人きょうだいなのですが、3人とも今も精神科に通院していて...。』
という内容の話をされていました。

 ?!

 それは、ソフトな虐待なのでしょうか??

 少し前に、どこかの専門家が
『やさしい虐待』
なんてことを言っていましたが、
そもそも虐待に『やさしい』とか『ソフト』とかあるのでしょうか?

 まあ、ご本人がそう感じておられるのなら、
私がそこに口を挟むことはできないですが、
個人的には違和感がありまくりです。

 『両親が子どもの前で言い争いをして、子どもに精神的ダメージを与える』
これは、面前DVであり、心理的虐待、精神的虐待です。

 まだ、虐待=身体的虐待という認識が強いのかなあと感じました。

 命を落としたり、負傷したりする身体的虐待は、
警察が動いたり、メディアにも取り上げられやすく、
他の虐待に比べて注目されがちになるのかもしれないですが...。

 うーん。

 なんか、もどかしいです。

 そろそろ『これは虐待?』みたいなのは終わってほしいです。

 本当は、虐待なんてこの世からなくなってほしいのですが...。

 せめて、できるだけ早い段階で
『これは虐待』と気づける世の中の仕組みが必要だと思います。

 そして、
『家でこんなことをされている、されていた』ことを
オープンに話せる場も必要で、
その話に対して真剣に向き合い、対応できる大人ももっといなければならないのだと思います。



にほん村 メンタルヘルスブログへ



 

講演会に行って...。


 今日は、先日の講演会のお話です。

 20171115112835b7d.jpg

 201711151129080c1.jpg

 私は虐待に関する講演会には初めて行きましたが、
この講演会のように、支援者、当事者、支援者でも当事者でもない方が集まるスタイルは珍しいそうです。

 そういう意味では、貴重な機会だったと思うのですが...。

 実は、この講演会の内容、あまり覚えていません。

 講演会では、長谷川さんの撮られた写真がスライドショーで流れていました。

 それを見ていて、のどがキュッと締めつけられたような感覚になり、
かなりぼーっとしてしまいました。

 自分の写真を見てフラッシュバックを起こしたのではないのですが、
少し苦しくなりました。

 そういう状態になってしまった自分にびっくりして焦って、
我に返った頃は、講演会は既に終盤になっていました。

 私は、虐待は家庭という閉鎖的な環境で行われていて、
なかなか世間に虐待の実態が明らかにされていないことが問題で、
少しでも多くの方に知っていただくためには、経験者が語ることが必要だと考えています。

 ただ、この語ることについては、
さまざまな考え方があると思います。

 つらい思いを人前で話すことは、簡単なことではないからです。

 語らないという選択も、あると思っています。

 大切なのは、語りたい人は語る、語りたくない人は語らないと、
自分の意思で決めることだと思います。

 私は、語りたい派です。
それは、虐待と向き合うことになってから、変わってないなあと思います。

 が、この講演会で、
自分は語りたいのだけど、まだ人前で語る段階には届いていないことを痛感しました。

 講演会が始まるまでは、
講演会の後で質問タイムがあるだろうから、そこで手をあげてみようなんて思っていたのですが、全然ダメでしたね。

 でも、自分の理想像と現実との差を知ることができたのは良かったと思っています。

 その理想に近づけるように、今の私ができることをしていきたいです。



 にほん村 メンタルヘルスブログへ



 

写真展に行ってきました。


 こんにちは。

 風邪は引いていませんが、頭が痛かったり、耳鳴りがしたり、お腹が痛かったりと、
なかなか更新できずにいました。

 11月8日に、長谷川美祈さんの写真展、
『INTERNAL NOTEBOOK』に行ってきました。

20171113145628a89.jpg
 ⬆
 画像はギャラリーさんのTwitterにあったものを勝手にお借りしてしまいました。
お隣に他の方が写っていたのですが、プライバシーのこともあるので、私が勝手に切り取らせていただいております。
(色々勝手なことをしているので、この写真は、後で削除するかもです)

 ぽやーんとした状態で行ってきたのですが、
ぽやーんなりにも色々感じることはありました。

 この写真を撮影していただいた頃は、
拒食の一番ひどい状態からは抜けていたけど、
まだ自分だけの食のルールがたくさんあって、
食べられないものがたくさんあったなあ。

 当時はど田舎の病院に復職するつもりだったから、
顔が分からないように、わざとピンぼけに撮っていただいたなあ。

 心療内科の薬や、ダイエットサプリなど、色々飲んでたなあ。

 皮膚むしり、まだしてたなあ。

 大人の女性に見られることが嫌で、髪は伸ばしてなかったなあ。

 体重が35kgになっても生理が止まらなかったの嫌だったなあ。

 当時の日記、手のしびれのせいもあるけど、
怒り狂ってて、何書いてるか、自分でもよく分からないや。

 。・。・。・

 大きな写真パネルの裏には、
取材をしていただいた時のインタビュー内容が紹介されていました。

 自分の写真や、自分がインタビューで話したことを、
見たり読んだりして下さっている方々を見て、何だか不思議な気持ちにもなりました。

 取材をしていただいたのが、1年ちょっと前のこと。

 今の私は、のらりくらりとしていて、それについてはもどかしさを感じたりもするけど、
この1年の間に、色んなことが大きく変化したんだなあ。
 
 今、当時の自分を振り返ると、
あの体力で、あの精神状態で色々動いていたのが信じられないです。
 過覚醒、過活動状態だったように思います。
 
 なんであんなに病んでいた時に頑張れてたのに、
今はそれができない?と考えていましたが、
病んでいたからこそできたことなのかもしれないです。

 。・。・。・

 この写真展に行ったことで、私にとっては初めて体験したこともありました。

 それは、虐待当事者の方と顔を合わせて話をすることです。

 この日、写真展に展示されている方がギャラリーに来られていて、
短い時間ではありましたが、お話することができました。

 私は、この写真展に来る前に、
長谷川さんに写真集のサンプルを見せていただいていたので、
そのことも関係しているかもしれないですが、
『はじめまして』と挨拶はしましたが、
どこか『はじめまして』ではない感覚もあり、これまた不思議な気持ちになりました。

 今の自分が悩んでいることを聞いていただき、
あたたかいお言葉をいただいて、
ぽやーんとした状態でも、この写真展を見に来て良かったなあと思いました。

 写真展を見た後は、
虐待防止講演会『虐待されるということ』を聞いてきたのですが、
そのことについては、また改めて記事にしたいと思います。


 
にほん村 メンタルヘルスブログへ



プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。