嬉しいお知らせもありました。


 さっきはちょっと残念な話題になってしまいましたが、
実は良いこともありました。

 私のブログを前から読んで下さっている方はご存じかもしれませんが、
私は、去年の9月に写真家の長谷川美祈さんから虐待の取材を受けました。

 これが、私が自分のブログ以外で虐待のことを初めて語った機会でした。
(ハートネットTVのカキコミとか、公的機関への電話は除きます)

 ちなみに、関連記事はこちらです。
http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-398.html

http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-399.html

http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-400.html

http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-475.html

 この長谷川さんの取材を受けたものは、写真集となって、
今年の11月頃に『Internal Notebook』というタイトルで発売される予定です。

 この長谷川さんの写真集が、カッセルダミーアワードのショートリストに選ばれました。
詳細はこちらです。
  ⬇
 http://fotobookfestival.org/kassel-dummy-award-2017/

 長谷川さんの写真集は、上から2段目、左から3番目の、
黒地にシールが貼られていて、オレンジでinjosという文字が見える本です。

 世界各国からノミネートされた300冊の発売前の本の中から、49冊の本が選ばれて、
そのうちの1冊が長谷川さんの写真集ということです!

 すごいですよね。

 虐待の深刻さは、日本より海外の方が関心を持っているのかもしれないですね。

 そして、この写真集の中には私が載っています!

 長谷川さんの取材されている姿を見ているので、
この写真集が選ばれたことを、私も大変嬉しく思っています。

 長谷川さんからは、もう少し前にこのことを教えていただいていましたが、
私が薬の副作用でぼーっとしていたので、意識がクリアになった時に記事として取り上げたいと思っていました。

 長谷川さんとは、この取材をご縁に、今でも連絡を頂いたり、
虐待問題について相談に乗って頂いたり、色々な情報を教えて頂いています。

 今回のことも、長谷川さんのご好意で記事として取り上げることができました。

 ぼーっとしていたので、遅くなってしまいましたが...。

 『長谷川さん、この度は本当におめでとうございます。』

 『そして、これからもよろしくお願いします。』

 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



 
スポンサーサイト

『やっぱりな』という結果でした。


 昨夜、ある発表がありました。

 ライターの今一生さんが、先日、各政党に手紙を送り、
『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)へのクラウドファンディング、寄付を呼びかけ、
どれくらいの反応があったかを公表するというものです。

 私は、個人的にはTwitterを利用して、Twitterをしている議員さんに手当たり次第ツイートをして、
このプロジェクトのことをお知らせしていました。

 私の取り組みは、ノーヒットでした。

 あまり期待はしていませんでしたが、今さんは本を出版されている実績があり、
私のような何者か分からない子よりも、認知度はあるはずなので、少しは反応があったかと思っていたのですが...。

 結果は、こうなりました。
 ⬇
 http://con-isshow.blogspot.jp/2017/04/zero-parties.html

 はい、もうネタバレになりますが、今さんもノーヒットでした。

 Twitterで呟きましたが、
『保育園落ちた日本死ね』という、匿名のカキコミにはあんなに反応したのに、
名前を明らかにして、データも添えて真剣に訴えている声は国会議員には届かないようです。

 虐待問題、どうでもいいんでしょうね。

 時期的に、北朝鮮の問題とか色々ある状況とかぶっていましたが、
私はおそらく、どの時期にこの呼びかけをしても、どの政党も反応はなかったのではないかと思っています。

 票につながらない問題には、関心がないのでしょう。

 悔しいけど、これが現状ですね。

 でも、諦めませんよ。

 私は、民間ベースでできることを考え、行動していきます。

 今さんも、そうおっしゃっていました。

 時間はかかると思います。

 だけど、指をくわえて誰かが何かをしてくれるのを待っているのは私のスタイルではないですね。

 今は治療もあったりで、行動に制限がありますが、
やりたいことは色々あります。

 昨日の発表は、その決意を固めてくれたと捉えておきます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


今のところノーヒット。


 今日は、のんびりというか、ぐうたらとしていましたが、
昨日、私はあることを半日ちょっとかけてしていました。

 関連している過去記事はこちらです。

 http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-898.html
 ⬆
 この記事で私はこう書いていました。

 以下、11の政党の公式サイトのページからお目当ての議員を探し、手紙のリンクをつけて、『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)の購入・寄付を急いでほしいと伝えてみてほしい。

★自由民主党 ★民進党 ★日本共産党 ★公明党 ★社民党
★日本維新の会 ★自由党 ★山本太郎となかまたち
★日本のこころ ★新党大地党 ★沖縄社会大衆党
 
 ⬆
 私は、この部分を取り組んでみたいと思います! 


 これを実践してみました。

 本当は、実名で書面に残る形でやりたかったのですが、
今さんが各政党に送られた手紙には期限があり、今さんの手紙に、どの政党がどれだけ反応してクラウドファンディングをしたかを集計して、発表されることになっているため、
とりあえず今回は、Twitterアカウントを利用して、各政党の議員さんを検索し、片っ端から、今さんが各政党の代表に送られた手紙とクラウドファンディングのことを説明されているブログ記事と動画を添付してツイートしてみました。

 私は、このブログでも何度かお話したことがありますが、
感受性が強い方です。

 パッと見で、その人が表に出していない本音を見抜いたり、心のイメージが色などで見えたりします。

 ネットの世界は、直接会っていないので、感覚は薄れますが、
文字や写真からも、あるイメージが伝わってきます。

 議員さんには、
『児童虐待に関心はありますか?
選挙権のない子どもの人権はいつまでも放置されるのでしょうか?
是非こちらをご覧下さい。』
というメッセージと、今さんのブログ記事のリンクを貼って送りました。

 私は議員さんのことは、あまり詳しくないのと、
ひとりでも多くの議員さんにこのメッセージを見てもらいたいと思い、とにかく手当たり次第送りまくりました。

 すると、出てくるんですよね、気持ちの悪い笑顔が...。

 嘘のかたまりの笑顔。

 途中、具合が悪くなったので、休憩しながら何とか検索してヒットした議員さんにメッセージを送り終わりました。

 中には、『子どもの未来を明るいものに...』なんて自己PRしている議員さんがいましたが、私の抱いた印象では、嘘ですね。

 実際、昨日メッセージを送って、議員さんからの返事は1つも届いていません。

 まあ、予想通りではありますが...。

 でも、動かずにはいられなかったんですよね。

 私は、この21世紀版の
『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)に、
かなりの可能性を感じています。

 本が出版されるために、悔いを残したくありませんでした。

 だから、後悔はありません。

 ただ、感じたことは、
やはり、虐待問題の解決は、国や公的機関では無理。
やるなら、民間ベースだなということは率直に思いましたね。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


「広島の方ですか?」「いいえ、違います」


 いきなり、こんなタイトルで、
『何のこっちゃ』と思われるかもしれないですね。

 これは、私が時々言われて、答える会話のことです。

 はい、私は今、
『運が良ければ富士山が見られる街』から、
地元のど田舎に戻ってきています。

 明日、治療があるので、嫌々戻ってきました。
戻ってくるなり、耳鳴りと手のしびれが悪化しています。

 私の地元は、西日本のど田舎です。

 方言が特殊で、ご存じの方なら、この方言を聞くと、
『ああ、この人はこの地域の人だな』と分かると思います。

 私は、この独特な生粋の方言は使いません。

 18歳の時に大阪に出て10年暮らしていたので大阪弁の名残があります。
それと、不思議なことに、私の周りには広島出身の人が多くて、
広島弁も特徴があるのですが、イントネーションが地元の方言と少し似ています。

 そして、私は、大阪弁と広島弁と地元の方言をミックスしたような話し方をするようになりました。

 多分、そのミックスされた方言の中で、広島弁が色濃く出ているので、
「広島の方ですか?」と聞かれるのだと思います。

 これ、私は多分意図的にこういう言葉を使っていますね。

 地元、嫌いなんです。

 前にも書きましたが、私の苗字はちょっとあるようでない苗字です。

 仕事をしていた時に、私の名札を見て、
「〇〇さん、〇〇の人?」と聞かれることが嫌でした。

 私の勤務先は、そこそこ規模の大きな病院で、県内ではここでしか受けられない治療が多いので、
県内でも幅広い地域の方が入院されるのですが、
だいたい、「〇〇さん、〇〇の人?」という会話があります。
更に詳しい人からは、「あんた、〇〇さんのお孫さんでしょ(語尾は敢えて変えている)」と言われることも...。

 もう、こんな狭苦しいところに縛られるのは嫌になってきました。

 『運が良ければ富士山が見られる街』で数日間過ごすと、それをより感じました。

 親は捨てた。

 今まで嘘つきだらけの人生だったから、これからは本当の私でありたい。

 だけど、私の苗字が、地元が解放してくれない。

 私、治療が終わったら、地元を捨てます。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

 

これが、スゴいことだ!


真夜中のブログ記事で取り上げた、今一生さんが、11の政党に送られた手紙はこちらです。

青文字の部分が引用させていただいた文面です。

拝啓
フリーランスのライター・編集者をしております、今一生(こんいっしょう)と申します。
1997 年、私は『日本一醜い親への手紙』という本を企画・編集し、出版しました。
虐待された当事者から「親への手紙」を公募し、100 通分を 1 冊にまとめた、世界で
も類のない本です。
児童虐待がどれだけ深刻なのかの現実を事細かに伝える本は、他にありません。
内容の一部は下記リンクにある 5 分のネット動画でも観られます。
https://www.youtube.com/watch?v=wgv1rfLqze4
それから 20 年。全国の児童相談所へ寄せられる虐待相談の件数は、1990 年で
1000 件台だったのが、2015 年には 10 万件を突破。25 年で 100 倍に増え続けました。
2014 年 4 月から 2015 年 3 月までの1 年間に厚生労働省が把握した「子ども虐待
により死亡した事例」は計 71 人。ほぼ 5 日ごとに1人の子どもが親に殺されています。
国家間の戦争は非日常ですが、親から子へなされる一方的な虐待は日常です。
命からがら生き残っても、心や体に傷を負い、生涯に渡る長い通院・入院生活を余
儀なくされている方も大勢います。私の大事な友だち 3 人も、親からの虐待によるうつ
病をこじらせ、生活保護の暮らしの果てに自殺しました。待ったなしのはずです。
児童虐待がこれほど深刻化していても、その実態をつぶさに知る政治家はほとん
どいらっしゃらず、その結果、この国は虐待対策に満足な予算を割いていません。
そこで今年、虐待された当事者たちの手紙を新たに公募し、本を作って彼らの痛み
を多くの人に知っていただこうと、1 冊 2000 円(税・送料込み)の先払いで本を買って
いただくことで制作費を賄うプロジェクトを始めています。また、「衝撃的な内容だと思
うと怖くて読めないが、出版は応援したい」との声に応え、寄付も受け付けています。
●虐待された方から「親への手紙」を 公募中 (購入&寄付サイト)
http://letters-to-parents.blogspot.jp/
この手紙は国会に議員のいるすべての政党に送っており、4 月 25 日午後 3 時まで
にどの政党がいくらの購入・寄付をされたかの額面をインターネット上で発表します。
選挙権のない 18 歳未満の子どもたちが希望を持てる結果を楽しみにしております。
敬具


 今さんのブログで書かれていた、上記の手紙を送られた宛先と、それにまつわるお話はこちらです。
これも、青文字の部分を今さんのブログから引用させていただきます。

なお、宛先は下記の通り。

〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
自由民主党本部 女性局長 髙階恵美子さま

〒100-0014, 東京都千代田区永田町2丁目-1-1
参議院議員会館411号室  民進党代表 蓮舫 さま

〒151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-7 
日本共産党中央委員会 委員長・志位和夫さま

〒100-8962 東京都千代田区永田町2−1−1
参議院議員会館806号室 公明党代表 山口那津男さま

〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館1111号室 社民党 福島みずほさま

〒581-0081 大阪府八尾市南本町4丁目6−37
日本維新の会 松井一郎さま

〒102-0083 東京都千代田区麹町4-5-6 麹町森永ビル4F
自由党本部 代表 小沢一郎さま

〒100-8962 東京都千代田区永田町2丁目1−1
参議院議員会館302号室 山本太郎となかまたち 山本太郎さま

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル6階
日本のこころ 代表 中山恭子さま

〒100-0014 東京都千代田区永田町2-9-6 十全ビル206
新党大地党 本部 代表 鈴木宗男さま

〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎1-17-19 クリーン泉崎ビル3階
沖縄社会大衆党 委員長 糸数慶子さま


 赤いハンコの「速達」が目立つ封筒で出したので、事務所のスタッフは早めに開封するはず。
 しかも、手紙はたった1枚。
 手紙には、以下の動画へのリンクURLを大きく赤字で書いておいた。



 この動画を見ても、親から虐待された100人の手紙をおさめた本を、政党が党内の議員や党員に読ませたいと思わないとしたら、あなたはどう思う?

 それどころか、この手紙の内容をスタッフが一読しただけでゴミ箱へ投げ捨てられ、政治家自身がこの動画すら見ること無いままだったら、あなたはどう思う?

 2014 年 4 月から 2015 年 3 月までの1 年間に厚生労働省が把握した「子ども虐待 により死亡した事例」は計 71 人。
 ほぼ 5 日ごとに1人の子どもが、親に殺されている。

 国家間の戦争は非日常だが、子どもは親から日常的に虐待を受けている。
 なのに、いまこの時も起こっている深刻な問題に手を付けず、大人だけの未来を優先的に与野党が議論している図は、被虐待児の目から希望を奪うだろう。



 命からがら生き残っても、心や体に傷を負い、生涯に渡る長い通院・入院生活を余儀なくされている方も大勢いる。
 僕の友だち 3 人も、親からの虐待によるうつ病をこじらせ、生活保護の暮らしの果てに自殺してしまった。

 全国の児童相談所ヘ寄せられる虐待相談も、1990年からの25年間で約100倍に増え続けるばかり。
 もう、待ったなしのはずだ。





●4月25日(火)夜、各政党の購入・寄付の額面を公開!

 僕は手紙の最後に、こう書いておいた。

「この手紙は国会に議員のいるすべての政党に送っており、4 月 25 日午後 3 時までにどの政党がいくらの購入・寄付をされたかの額面をインターネット上で発表します。」

 つまり、今あなたがごらんのこのブログで、「たった2000円から始める革命 ~政党篇(後編)」という記事を4月25日の夜には書くので、そこで発表するのだ。

 『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)の前払い購入代金は、1冊あたり2000円(税・送料込み)。
 党内で議員・党員などに虐待の深刻さを学んでもらう教材として100冊買っても、20万円しかかからない。
 しかも、領収書も発行できるし、本のエンドクレジットに名前も載せられる。

 それどころか、大量購入や多額の寄付をしたなら、その事実はこのブログやtwitter、facebookなどを通じてネット上に広く拡散・保存される。
 宣伝広告費のコスパ(費用対効果)だけを考えてみても、これ以上、政党の良いイメージをアピールできるチャンスはない。

 資金力が抜群にある自民党は、与党として長らく児童虐待の対策予算を十分にとってこなかった責任が重いため、よほど多くの冊数を買ったり、他党を圧倒する寄付額を見せない限り、信頼回復は望めない。
 購入・寄付の額面の多さは、必ずしも資金力のある政党のイメージアップに有利とは限らないのだ。

 それでも、自分が支持している政党のスタッフが、今回の手紙を無視し、児童虐待の対策予算アップにさほど関心を示さないとしたら、親に虐待された国民は大いに失望し、政党や政治家への支持をやめるだろう。
 被虐待の経験者は、本当にマイノリティか?
 彼らの痛みに共感する人も含めて考える時、これは小さな問題か?

 そこで、あなたに支持する政党の議員(※地方議員を含む)がいるなら、いまご覧のこのブログ記事のリンクURLをその議員に伝えてみてほしい。
 彼らの中には、twitterやFacebookをやっていたり、事務所にメールを送れる人も少なくないのだから。

 以下、11の政党の公式サイトのページからお目当ての議員を探し、手紙のリンクをつけて、『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)の購入・寄付を急いでほしいと伝えてみてほしい。

★自由民主党 ★民進党 ★日本共産党 ★公明党 ★社民党
★日本維新の会 ★自由党 ★山本太郎となかまたち
★日本のこころ ★新党大地党 ★沖縄社会大衆党

 親に虐待された100人が自分の痛みをさらして児童虐待の深刻さを訴えた本は、すでに絶版している『日本一醜い親への手紙』以外には、いま制作中の『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)だけだ。
 これを読もうとしない政治家は、いつまでも子どもの権利に関心を持たず、親に殺される子どもを増やしていくだろう。

 だから、4月25日(火)までに政治家のみなさんが政党を挙げて一括購入や寄付を試みてほしい。
 また、児童虐待に心を痛めてるなら、自分の支持する政党や政治家に働きかけてみてほしい。
 いまこの時も親からの虐待に苦しめられているのに、選挙権がなく、生きる気力すら奪われている18歳未満の子どもにとって、この社会や政治家に失望することのない結末を切に望みたい。


 ⬆
 どうですか?

 今さんの『虐待を本気でゼロにしたい』という強い思いが、私にはビシビシ伝わってきました。
 
  以下、11の政党の公式サイトのページからお目当ての議員を探し、手紙のリンクをつけて、『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)の購入・寄付を急いでほしいと伝えてみてほしい。

★自由民主党 ★民進党 ★日本共産党 ★公明党 ★社民党
★日本維新の会 ★自由党 ★山本太郎となかまたち
★日本のこころ ★新党大地党 ★沖縄社会大衆党
 

 ⬆
 私は、この部分を取り組んでみたいと思います! 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR