比較とものさしと感情と...。


 今日はちょっと抽象的なお話です。

 私の勝手な考えです。

 最近、『比較であふれているなあ』とよく思います。

 例えば...。

 結婚して、子どもが2人いる専業主婦のAさんは、
「家事と子育てで忙しい。自分の時間がない。
子どもができる前の新婚時代に戻りたい。
バリバリお仕事している人や独身の人が羨ましい。」
と言っています。

 結婚しているけど、子どもがいないBさんは、
「子どもが欲しくてたまらない。
旦那さんは所詮他人。血のつながりのある新しい家族が欲しい。」
と言っています。

 恋人がいるCさんは、
「彼氏、いつになったらプロポーズしてくれるんだろ?
早く結婚して仕事やめたい。」
と言っています。

 毎日仕事で忙しいDさんは、
「朝起きて仕事に行って、帰ってきたら寝るだけの生活。
私から仕事を取り除くと何が残るのだろう?
私のこと、大事にしてくれる彼氏が欲しいなあ。
それか、何か打ち込める趣味でもあればなあ。」
と言っています。

 現在無職のEさんは、
「毎日仕事もせずに好きなことだけして過ごしてていいのだろうか?
早く何らかの職に就きたいなあ。」
と言っています。

 Aさんから見れば、おそらく自分よりも自分の時間がありそうな他の人が『いいなあ』と映るかもしれないですね。

 Bさんから見れば、子どもがいるAさんが、
Cさんから見れば、結婚しているAさんやBさんが、
Dさんから見れば、恋人のいるCさんや好きなことができているEさんが、
Eさんから見れば、仕事をしているCさんやDさんが、
素敵に感じるのだと思います。

 だけど、このお話に出てきている人たちは、
それぞれは、自分の置かれている状況を幸せだとは思っていないんです。

 こわいのは、
それぞれの人が、自分よりも幸せそうだなあと思う人に、
「あなたはいいよね」と言ってしまうことじゃないかと思います。

 その人が、自分がつらいか幸せかを決められるのは、
その人自身なんですよね。

 色んな物事をはかるものさしは、
人によってかたちも目盛りも違うでしょう。

 色んな物事を見て感じることも、
人によって違うでしょう。

 自分と違うものを見て、思わず比較してしまう気持ちは分かります。

 そういう比較対象があるから、力をもらったり励みになったりすることもあると思います。

 だけど、自分のものさしで比べた評価を他の人に押しつけたり、
自分とは違うものさしではかられた評価に振り回されるのは、
ちょっと違うんじゃないかなあと思います。

 『みんなちがって、みんないい。』

 この言葉が、最近はすごく染みます。



 にほん村 メンタルヘルスブログへ


スポンサーサイト

昨日の初回治療、全然緩くなかった。


 昨日は、精神科受診の日でした。

 1回目の治療が始まりました。

 以前、治療プログラムを組むための面談をしていた時に、先生からは、
「最初の2回は『導入編』という感じなので緩めです。」
と聞いていたのですが...。

 全然緩くなかったです。

 初回から、泣いてしまいました。

 私は結構な負けず嫌いですが、
『うわ~、これは相当キツいな』と思いました。

 正直、先が思いやられます。

 ボイスレコーダー持参で行って、診察の様子を録音してきましたが、
それを聞き返すことすらできていません。

 だから、治療のことをまだブログ記事に書くこともできないです。

 最初は、情報発信したいと思っていて、
誰でも見ることができるようにするつもりでしたが、
気が変わりました。

 この治療で、私は相当なダメージを受けています。

 こういう言い方は失礼かもしれませんが、
興味本位で軽々しく見られたくないのが本音です。

 信頼できる人にだけしか見せられない私の姿になっているので...。

 多分、治療についての記事は、
パスワードが必要な限定公開記事にすると思います。

 上から目線みたいで申し訳ありませんが、
この治療に関する記事については、私の方で読者さんを選ばせていただきたいと思います。

 まだ、いつ記事として取り上げられるか分からないですが...。

 基本的に、記事を公開してもいいと思っている方々は、
・今までに、このブログで『健全な』交流のあった方。
・Twitter上で相互フォローになっている方
 ⬆
 実は、知っている方には分かると思いますが、
私は一時期Twitterをやめていましたが、現在は、今一生さんのプロジェクト拡散目的で
昔のアカウントを掘り起こしてTwitterをしています。
アカウント名は敢えて公開しません。

 今、私はかなり警戒心が強くなっているので、更に条件をつけます。

 上記に該当する方で、かつ、秘密を厳守すると約束をして下さる方。
私の発信する情報を絶対に口外したり、自分のブログやTwitterなどで情報をもらさないことが必須条件です。
 ⬆
 この約束を守らなかった方には、私はそれなりの措置をします。

 勝手ながら、こういう設定で治療のことは書いていきます。

 閲覧したいと思われた方は、
・お名前(これは私は本名を明かしてないのでニックネーム可)
・治療に関する記事を読みたいと思った動機
・ブログをされている方はブログ名、Twitterをしている方はアカウント名
 ⬆
 これを書いて、パスワードをお知らせするためのメールアドレスを添付して、非公開コメントをお願いします。
 私は教えていただいたメールアドレスは悪用しないことをお約束します。

 または、
 Twitter上で相互フォローになって下さっている方は、
Twitterから私とコンタクトを取って下さい。

 ・・・ここまで書いたら『別に見たくねーよ』と思う方が多いかな?

 そういう方はスルーして下さい。

 限定公開記事の割に大した内容は書けないかもしれません。

 その前に、限定公開記事の設定がうまくできるかな?

 前途多難ですが、とりあえず、こういう感じでいきたいと思いますので、
よろしくお願いします。


【追記です】2017-04-13 18:19
 この治療についての記事公開の時期は、念のため治療終了後にさせていただきます。
万一ネット上に資料が流れたら、私の治療が中止される可能性がありますので...。

【更に追記です】2017-04-13 21:35
  この治療が終了するのは夏の終わりくらいになりそうです。
かなり間が空いてしまいますが、この方には読んでいただきたいと思った方には、整い次第、メール、又はTwitterでお知らせします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


 

 
 

心療内科ラストデーにあった、もうひとつの出来事。


 運が良ければ富士山が見られる街からこんにちはです。

 今日は、ちょっと前にあった出来事について書きたいと思います。
3月27日の心療内科ラストデーにあった出来事についてです。

 私は、車の免許は持っていますが、ペーパードライバーです。
同時にいくつもの動作をしなければいけない車の運転が苦手で、
免許は取ったものの、『乗ったら事故るなあ』と思い、今は免許証は身分証明書になっています。

 私の地元は西日本のど田舎です。
車がないと不便なのですが、私は上記の理由から、車は持たず、公共の乗り物を利用しています。

 週1で通っていた心療内科も、バスで通っていました。
片道20分くらいで600円。往復1200円かかっていました。

 タクシーだと、片道2300円くらいかかります。

 バス会社は、県内に1つしかありません。
昔は2社ありましたが、数年前に合併しました。
もともと、バスのルートかぶりがなく、ライバル会社という感じではなかったです。

 この、バス会社が、あまりにも利用客の安全確保に対する意識が低すぎるので、記事に取り上げることにしました。

 運転手さんにもよるのですが、大半の運転手が『信号黄色は加速して進む』です。

 停止線を超えて、急ブレーキで止まることもしばしばです。

 降りる時に、こちらが「ありがとう」と言っても無言の運転手もたくさんいます。

 時々、『これはちょっと行き過ぎでは?』と感じた時には、
私は降りる時に運転手に「そんな危険な運転してるのは、利用客の安全確保に対する意識が低すぎますよ」と言ったりしていました。

 そして、3月27日の心療内科に行った時、びっくりしたことがありました。

 バスに乗って2つめの信号で、赤なのにバスは止まりませんでした。

 『はあ?どういうこと??』と思いました。

 運転席の後ろに掲げられた運転手の名前をメモしました。

 そして、バスを降りる時に、運転手に聞いてみました。

 「あの、ちょっと教えていただきたいことがあるのですが...。」

 「はい?」(無愛想)

 「あなた、〇〇の信号で、赤なのに止まりませんでしたね。なぜですか?」
こういう話をする時は、ヒステリックになると効果がないので、にこやかにたずねました。

 「すいません」
全く誠意の感じられない声でした。
信号無視をした理由は答えてくれませんでした。

 「利用客は料金を支払ってバスを利用しています。安全確保に対する意識が低いですね。
これからは気をつけて下さいね。」
そう言ってバスを降りました。

 私のブログを継続して読んで下さっている方々はご存じと思いますが、
私はひねくれっ子のくせに、筋の通らないことは嫌いです。

 バスを降りてすぐに、このバス会社のホームページに行き、
『お客様の声』に、この出来事について書き込みをしました。

 内容は、こんな感じです。
本日、何時何分に〇〇駅発の〇〇行きのバスに乗りました。
〇〇の辺りの信号で、バスは赤信号でも止まりませんでした。
運転手の名前は〇〇〇〇さんという方です。
バスを降りる時、信号無視をした理由を聞きましたが答えてくれませんでした。
一応、謝罪の言葉はありましたが…。
利用客の安全確保に対する意識が低すぎますね。
事故を起こしてからでは遅いですよ。
私は車に乗らないので、そちらのバスをよく利用していますが、今までも信号が黄色で加速する、停止線を超えるなど、危険な運転をされたことが多々あります。
また、そちらのバス会社さんは運転席の後ろに『接遇 三つの斉唱運動』というポスターを貼られていますが、あれはただの飾りですか?
私は、何も悪いことはしていませんので、匿名での投稿はしません。
私の名前は〇〇〇〇と申します。
私のこの申し出に対する、そちらの改善策の提示を求めます。
下記のメールアドレスまで必ず返信をお願いします。
メールアドレスは〇〇です。
 ⬆
 こういう文章を送りました。

 そして、返事が来ました。
地域や個人名は伏せますが、こういう返事でした。

日頃は、〇〇バスをご利用いただき誠にありがとうございます。  
また先日は、〇〇様には、たいへんご心配をおかけしまして、本当に申し訳ございませんでした。

 公共交通を担う事業者としましては、お客さまを「安全・安心・快適」にお送りすることが使命であり、それを遂行すべく、「〇〇交通」発足後、改めて乗務員教育を定期的に実施しておりますが、慢性的な乗務員不足という大きな課題を抱え、いまだに全乗務員に教育が実施されていないのが現実であります。
それでも、現在は各車両にドライブレコーダーを搭載しておりますので、その都度、該当する乗務員に実際の画像を見せて検証を行い、再発防止に一定の効果を上げております。
今回、ご指摘いただきました当該車両のドライブレコーダーの画像を確認しましたところ、確かに赤信号で交差点を左折した場面を確認できました。当該運転手に問いただすと、「交差点手前で黄信号になったが、ここで停まるには急ブレーキを踏まなければならず、流れで左折してしまいました。」
と答えましたが、交差点に差し掛かる時はスピードを落としてすぐに停車できる状態でなければならず、運転手には厳重に注意・指導を行い、本人も反省しております。お恥ずかしい話ですが、〇〇様のご指摘のようなメールや電話を頂くことは珍しくありません。
まだまだ、会社としての努力が不足していることを痛感しており、今回のご指摘を真摯に受けとめ、社員教育に鋭意努力を注ぎます。
そして、各所に掲示しておりますポスターの趣旨に反せぬよう一層努力いたしますので、恐縮ですが今後とも、〇〇交通をご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

 この度は、貴重なご意見本当にありがとうございました。
 ⬆
 このバス会社からの返事、言葉づかいは丁寧ですが、腐っています。
『人手不足で教育ができない』なんて、言い訳にも程があると思いました。
『謝ったらOK』みたいな感じにもカチンと来ました。
 私は、こんなスキだらけの文面で納得するような子ではないですよ。

 ど田舎で、ライバル会社がいないから、調子に乗っている典型的なパターンです。

 ヒステリックになると、『こいつ、キレてるわ』で済まされるので、
私は、穏やかな口調や文章で詰めていきます。

 当然、この届いたメールのツッコミどころを突っ込んだメールを送り、それに対する返信を要求しました。今はその返信待ちの状態です。

 あれ?この状況は何かに似ている!
私の職場です。
それについては、またの機会に記事にしようと思っています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


本日旅の最終日。ついに!!


 今回の『運が良ければ富士山が見られる街』への旅も、
今日が最終日となりました。

 今日の夜行バスでまたど田舎に戻ります。

 今回は、約10日間の滞在でした。

 ほぼ毎日、富士山を見に行っていましたが、なかなか見られませんでした。

 先ほど、滞在先から、運が良ければ富士山が見られるスポットに行ってきました。

 前回の旅では見られなかった富士山。

 今回は、こうなりました。

 はい、最終日に見ることができました。

 地元の方らしき女性が、話しかけてくれました。

 「ご旅行ですか?」

 「はい、そうなんですよ。10日間くらいこちらの街で過ごして、ほぼ毎日来ていましたが、最終日にやっと見ることができました。」

 「この時期にこんなにくっきり見えるのは珍しいんですよ。あなた、ラッキーですね!」

 やっぱり、天気が良ければ見られるという訳ではなさそうです。

 その女性が、「また、お会いできるといいなあ。気をつけて帰ってね。」
と言って下さった後は、このスポットには私ひとりになりました。

 眺めていると自然と涙があふれてきました。

 写真よりも、実物はもっと迫力がありました。

 願掛けではなく、誓ってきました。

 『春からの治療、全力で臨みます。』

 しばらく眺めていて、ずっとこうしていたかったのですが、
外国人の老夫婦が来られたので、特等席を譲りました。

 「I'm very happy to see you and share this beautiful FUZISAN with you!」

 「あなたに会えて、この美しい富士山をあなたと一緒に見られて嬉しい!」
と言って下さり、富士山に感動して泣いてる私の肩を撫でてくれました。

 今回の旅も、素敵な旅になりました。

 富士山や、この街の方々から力をもらいました。

 先ほど誓ってきたことを忘れずに、地元に戻ったら、
STAIR&NSTの治療に全力で臨みます!!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

続きを読む

『所持金0円、東京プロジェクト』ラストスパート!


 少し前のお話になりますが、私はある方の絵を注文しました。

 詳細は、こちらの記事で取り上げています。

 http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-857.html

 ある事情を抱えた方が、所持金0円の状態で上京されました。
 その方には絵の才能があります。
 その方に絵を注文したり、缶バッチを買ったり、LINEスタンプを注文したり、寄付をすることで、
東京で暮らしていけるよう応援しようというプロジェクトです。

 私は、今回の旅でまだ見ることができていない、
『運が良ければ見られる富士山』の絵をお願いしました。

 先日、その方からメールをいただきました。

 大変な状況の中で、所持金0円の状態で東京に出てこられ、
心も体もしんどいでしょうに、心のこもったあたたかいメッセージをいただき、
私の方が力をもらいました。

 このプロジェクトは、ライターの今一生さんの呼びかけで始まったものですが、
絵の注文、缶バッチの注文、LINEスタンプの注文、寄付などで、住む場所を確保できたそうです。

 お金が絡んだ応援はできなくても、今一生さんのツイートをリツイートで拡散して、
このプロジェクトに参加された方もたくさんいらっしゃったようです。

 私も微力ながら、このプロジェクトに参加できたことを嬉しく思っています。

 このプロジェクトは3月18日まで行われています。

 私のブログを読んで下さっている方々に押しつけるつもりはないのですが、
例えば、実際にお金が絡んだ応援をしなくても、Twitterをされている方々は今一生さんのツイートを拡散して下さると、フォロワーさんのどなたかの目にとまるかもしれないです。

 私は、以前はTwitterをしていましたが、個人的に思うことがありやめてしまったので、Twitterで拡散することはできないですが、少しでも多くの方にこのプロジェクトを知っていただけると嬉しいなあと思い、記事として取り上げることにしました。

 今は、何が起こるか分からない時代です。

 困った時には、信頼できる人に『助けて』と素直に言い、
信頼できる人が困っている時には『助けて』と言ってもらえるような生き方をしたいです。

 この記事を読まれた方が、どう感じられるかは分からないですが、
私としては、綺麗事ではなく、率直な気持ちを表現したつもりです。

 だから、何度もしつこいですが、押しつけのつもりはないです。

 『byhって、自己満足してるだけじゃない?』と思われても構いません。

  そんなことを思いながらこの記事を書きました。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 
 
 
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR