私のブログを見にきて下さった方へ。


こんにちは。byhfs( byh )です。

私のブログを見にきて下さって、本当にありがとうございます。

このブログに気づいてくれた方は、私のように過去に虐待された経験のある方、現在虐待をされている方、どちらにも当てはまらない方、さまざまな方がいらっしゃると思います。

『今、つらい気持ちを抱えている方へ。』

つらい気持ちを、自分ひとりで抱えこむと、私のように、こじらせてしまうから、私のブログでよければ、つらい気持ちを出していって下さると嬉しいです。

私は、自分の虐待後遺症を克服することだけを目標としているのではありません。
私みたいな思いをする人がいなくなることを目指しています。

私は、虐待の専門家ではないので、私にできることは、ほんのちょっとしかないとは思います。
でも、つらい気持ちを自分の中から出すことで、その気持ちが少し和らぐこともあるのではないかと思います。
知らない人のブログにコメントすることは、勇気がいりますね。
私自身も、他の方のブログにコメントすることは、滅多にしていないので、矛盾しているかもしれませんが、もし、コメントしていただけたら、つらい気持ちを共有できるかもしれないと思います。
それは、決して、傷のなめあいではないと思います。
新たな気づきや、学びがあるのではないかと思います。
よろしくお願いします。


『虐待を経験されたことのない方へ。』

虐待の現状は、残念ながら、世間に広まっていません。
そして、虐待防止対策も未熟な状態です。

私のように、過去に虐待されて、現在虐待後遺症を抱えて、生きづらさを感じている人への対策は、更に遅れています。

この現状を、世間に知ってもらうには、私は、経験者が語ることが必要だと考えています。

私のブログに書かれている内容は、虐待被害者の経験のほんの一部です。

それでも、こういうことがあるんだなあということを、私のブログを通して知っていただけると嬉しいです。

私は、虐待されていない、普通の世界を知りません。

お時間に余裕のある方は、こんな私に、普通の世界を教えてくれると嬉しいです。

よろしくお願いします。


『最後に…。』

もちろん、コメントなしで、ちらっと私のブログを覗いてくれることも大歓迎です。

直接メッセージを伝えられないのは残念ですが、この場でお礼をしたいと思います。

「私のブログに来てくれて、読んで下さって、本当にありがとうございます。」


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト

今回の旅で見えた課題。


 今夜、夜行バスで地元に戻ります。

 今は夜行バスの発車待ちをしています。

 今回の旅で見えた課題がありました。

 まず、体のこと。

 拒食っ子からは抜け出して、今は毎日1日3食をして、
体重は拒食になる前より増えています。

 体重計にはこわくて乗れませんが、ズボンが入らなくなったので、
拒食前より明らかに太りました。

 だけど、体重は増えても、体力が全然ないです。

 引きこもりになって、お部屋の中中心の生活をしていたので、
特に足の筋力低下が著しいです。

 私は以前、血液疾患(例えば白血病など)になった患者さんが入院される病棟で勤務していました。

 白血病は、若い世代の方もなるので、私より若い方と関わる機会がよくありましたが、
「たった1ヶ月ちょっとの入院で、足の力がすごく落ちます。」と話される方が多かったです。

 特別な運動をしていなくても、私のように引きこもりをしないで生活をしていると、
下半身は結構使っているんですね。

 でも、私は診察日以外は、ほとんど狭い部屋にこもっていました。

 2015年の夏からなので、そりゃあ体力がなくなりますよね。

 地元で外に出たくなかった理由は色々あったのですが、
もう、いつまでもそんなことを言っていられませんね。

 そろそろ、体力向上を目標とした生活スタイルに変えていく必要があると痛感しました。

 そして、心の問題。

 私は、褒められたことがほとんどない状態で大人になりました。

 だから、褒められた時の嬉しさがよく分かりませんでした。

 褒め方も、よく分からないまま大人になりました。

 そして、そんな私は、周りの人や物事のマイナス面ばかり目につきやすい子だと思いました。

 それは、自分の心も、他の人の心も、不快にさせてしまいます。

 自分だけが不快ならまだいい、でも周りの人を不快な気持ちにさせるのは良くない。

 そして、できることなら、自分も心地よい気持ちで日々を過ごしたい。

 人生は、一度しかないのだから...。

 多分、今まで、環境が変わっても周りから浮いて孤立してしまうことを繰り返していた原因は、ここにあると思いました。

 褒められることも、褒めることも慣れていきたいです。

 これからの人生を豊かなものにするために...。

 そんなことを感じた旅でした。

 今回の旅は、また運が良ければ富士山が見られるところに来ていましたが、
残念ながら、今回の滞在中に富士山を見ることはできませんでした。

 『また今度見においで』

 富士山が、そう言ってくれていると思うようにします。

 これが、プラス変換!!かな??


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

『生きててもいいのかな』の世界から『生きてていいんだ』の世界へ...。


 私は、今も旅の途中です。

 場所は、1月にも訪れた、富士山が見られるところです。

 でも、今回はまだ富士山を見ることはできていません。
『これかな?』という、かすかなシルエットは見えました。
晴れてたら見られるという訳ではなさそうですね。

 今回の旅行中には、実は私にはある課題がありました。

 決戦日は、旅先に着いた2月14日でした。

 バレンタインデーでしたが、バレンタイン絡みの決戦ではないです。

 これからの自分との決戦という感じです。

 まだ、詳しいことは書けませんが、助けられながら課題をクリアすることができました。

 2月14日は、おそらく、人生のターニングポイントだったと思います。

 それを、通過しました。

 このターンが正解だったか、そうでなかったかは、
これからの自分次第だと思います。

 旅の前半でいくつかのミッションをクリアし、心に余裕が出てきたので、今までのことを考えたりしています。

 2015年の夏から、摂食障害、うつ、解離性障害、複雑性PTSDなどなど、病気のオンパレードでした。

 仕事を休職して、自分と向き合ったり、虐待と向き合うことが多くなりました。

 それがつらかった時期もありました。

 でも、今は、変な表現ですが『病気になって良かったのかも?』
と思っています。

 病気になる前は、仕事に没頭する日々でした。

 仕事がある日は仕事に打ち込み、休みの日は寝て終わり...。

 『おひとりさま』だから、老後のために貯金をして誰かに迷惑をかけないようにしておこう。

 つまらない日々でした。

 それが、病気になってから価値観が変わり始め、
12月には、こんな記事を書いていました。

http://bzha8b931253.blog.fc2.com/blog-entry-801.html
 ⬆
 『生まれてきてすみません』から『生きててもいいのかな』になりました。

 そして、今回の旅では、
『生きててもいいのかな』から『生きてていいんだ』
と思っている自分がいます。

 今回の旅行中は、今のところ心身ともに安定していて、
フラッシュバックも、離人感も、人格交代もしていません。

 『もう、新しい治療、しなくていいんじゃない?』
そう思ってしまうこともありますが、
ここは気持ちを引き締めて、地に足をしっかりつけて、
治療をちゃんと受けて、これからの人生を良い人生にしたいと思います。

 旅は後半になりました。

 南国育ちの私には、寒さが堪えますが、
残りの時間を有意義に過ごしていきたいと思います。

 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

旅の途中ですが...。


 私は今もまだ旅の途中です。

 今日、悲しいことを知りました。

 私が大好きなミッフィーちゃんの作者、ディックブルーナさんが、
2月16日に永眠されたそうです。

 保育園児の頃から、40代のおばちゃんになっても、
私を癒してくれたミッフィーちゃん...。

 これからも、ずーっとミッフィーちゃんのファンでいます。

 ディックブルーナさんのご冥福をお祈りします。

 201702180850330b2.jpg

 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


旅の前にひと仕事ありました。


 ブログお休み宣言をしておきながら更新している気まぐれbyhです。

 旅は夜行バスで行くので、まだど田舎にいます。

 今日は、心療内科受診の日でした。

 先日、複雑性PTSDの治療をしてくれる先生からのお手紙を渡すというミッションがありました。

 これ、ちょっと緊張していました。

 複雑性PTSDの治療をしてくれる先生が、お手紙の書き方を今通院している心療内科の先生に失礼な感じにならないように配慮はしてくれているとのことでしたが、私は、そのお手紙の中身は見ていなかったからです。

 それに、看護師時代に、嫌というほど、医師のセカンドオピニオンに対する反応を見てきているからです。

 本来は、セカンドオピニオンは決して悪いことではないのですが、
大半の医師が嫌な顔をします。

 私の場合も、治療の場を別の病院に変えることになるので、心療内科の先生の機嫌が悪くなるかな?と思っていました。

 が、実際はそうではありませんでした。

 「STAIR&NST治療ですか。新しい治療ですよね。せっかくのチャンスだから、受けてみるといいと思いますよ。どんな感じか、僕にも教えて欲しいですね。この先生には、郵送でお返事を書きますね。治療の場をそちらの病院に引き継ぎと書いてあるけど、できれば、こちらでも引き続きbyhさんの診察を続けたいですね。」
 
 え??

 そういう展開???

 予想外でした。

 私はてっきり、「それでは、次回からは新しい病院で治療を頑張って下さい」と言われると思っていたので...。

 とりあえず、傷病手当をもらうためにも何度かこの心療内科には行かないといけないとは思っていましたが、先生も、新しい治療に関心があるようです。

 嫌な顔をされずに済んだことで調子に乗った私は、
今内服している薬の相談をしました。

 実は、最近、拒食どころか、食べ過ぎで太ってしまい、
ズボンが入らなくなりました。

 体重計には乗っていませんが、明らかに拒食になる前よりも太っています。

 私は食欲増進目的で、ドグマチールとパキシルという薬を処方されていました。

 でも、『この薬、もういらないのでは?』と思い、
今朝から自己判断で飲むのをやめていました。

 先生にそのことを伝えたところ、
「確かにドグマチールには食欲増進作用があるから、これはやめてもいいですよ。
ただ、パキシルはまだbyhさんには必要です。この薬はそんなに食欲増進作用はないから心配しなくていいよ。byhさん、まだ情緒不安定なことがあるでしょ?時々何かをぶっ壊したりするでしょ?だから、パキシルは続けますね。」

 にこやかに、さわやかに、言われちゃいました。

 まあ、ドグマチールが中止許可が出たのでよしとします。

 さて、ぼちぼち旅の最終準備に取りかかろうと思います。

 
2017021317130293b.jpg

 1日早いですが、私からブログを読んで下さっている皆さまへ感謝の気持ちです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR