私のブログを見にきて下さった方へ。


こんにちは。byhfs( byh )です。

私のブログを見にきて下さって、本当にありがとうございます。

このブログに気づいてくれた方は、私のように過去に虐待された経験のある方、現在虐待をされている方、どちらにも当てはまらない方、さまざまな方がいらっしゃると思います。

『今、つらい気持ちを抱えている方へ。』

つらい気持ちを、自分ひとりで抱えこむと、私のように、こじらせてしまうから、私のブログでよければ、つらい気持ちを出していって下さると嬉しいです。

私は、自分の虐待後遺症を克服することだけを目標としているのではありません。
私みたいな思いをする人がいなくなることを目指しています。

私は、虐待の専門家ではないので、私にできることは、ほんのちょっとしかないとは思います。
でも、つらい気持ちを自分の中から出すことで、その気持ちが少し和らぐこともあるのではないかと思います。
知らない人のブログにコメントすることは、勇気がいりますね。
私自身も、他の方のブログにコメントすることは、滅多にしていないので、矛盾しているかもしれませんが、もし、コメントしていただけたら、つらい気持ちを共有できるかもしれないと思います。
それは、決して、傷のなめあいではないと思います。
新たな気づきや、学びがあるのではないかと思います。
よろしくお願いします。


『虐待を経験されたことのない方へ。』

虐待の現状は、残念ながら、世間に広まっていません。
そして、虐待防止対策も未熟な状態です。

私のように、過去に虐待されて、現在虐待後遺症を抱えて、生きづらさを感じている人への対策は、更に遅れています。

この現状を、世間に知ってもらうには、私は、経験者が語ることが必要だと考えています。

私のブログに書かれている内容は、虐待被害者の経験のほんの一部です。

それでも、こういうことがあるんだなあということを、私のブログを通して知っていただけると嬉しいです。

私は、虐待されていない、普通の世界を知りません。

お時間に余裕のある方は、こんな私に、普通の世界を教えてくれると嬉しいです。

よろしくお願いします。


『最後に…。』

もちろん、コメントなしで、ちらっと私のブログを覗いてくれることも大歓迎です。

直接メッセージを伝えられないのは残念ですが、この場でお礼をしたいと思います。

「私のブログに来てくれて、読んで下さって、本当にありがとうございます。」


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト

インタナリバティ始めました。


 突然『インタナリバティ』と言われても、
『は?』ですよね。

 『インタナリバティ』とは、
『internaReberty PROJECT』(インタナリバティプロジェクト)のことです。

 この度、虐待当事者3人で活動をすることとなり、
そのグループ名が『internaReberty PROJECT』なのです。

 Facebookでの紹介文をちょっと引用します。
青文字部分が引用文です。

 Facebookページはこちらです。
よろしくお願いします。(ちゃっかり宣伝!)
https://www.facebook.com/inrePJT/

 初めまして。
 私たちは『internaReberty PROJECT(インタナリバティプロジェクト)』という平成30年1月に結成された虐待当事者グループです。
 私たち3人は親からの虐待を受けてきましたが、生い立ちや性格はもちろんのこと虐待の内容も違いますし、そこで抱いた感情も違います。

 3人がそれぞれどうやってここまで生き抜いてきたのか?

 どんな生きづらさを感じていて、それにどう向き合っているのか?

 親の現在の関係は?など

 虐待当事者目線の意見を世の中に発信していこう。
 そして『虐待について』皆で考えるきっかけを作りたい。
 また、虐待で辛い思いをしている人への生きるヒントに少しでもなれたらという思いで
internaReberty PROJECTは結成されました。

  
 『虐待当事者3人とは?』

 今度はTwitterの紹介文をちょっと引用します。
こちらも青文字部分が引用文です。

 Twitterはこちらです。
よろしくお願いします。(ちゃっかり宣伝2!)
https://twitter.com/InternaReberty

 internaReberty PROJECT(インタナリバティプロジェクト)は橋本隆生・ヤマダカナン・サクラの虐待当事者3人の発信や対話を目的としたグループです。

 あれ?byhおらんやん??

 実は、『サクラ』が私です。

 このブログを書き始めた時は、実際に誰かに会うことを全く考えていませんでしたが、
実際に誰かに会って話をする際に『ビーワイエイチさん』では、相手の方が私の名前を呼びにくそうなので『サクラ』にしました。

 グループメンバーの橋本隆生さん(はしもとりゅうせい。私は『りゅーさん』と呼んでいます)、ヤマダカナンさん(私はカナンさんと呼んでいます)と出会い、『何かやりたいね』という話をしたのが2017年の11月でした。
 この頃、私はまだ無気力状態になる前で...。

 正式にグループを結成したのが2018年1月で、無気力状態真っ只中でした。

 ほぼ無気力状態でも、虐待をなくすために何かをやりたい気持ちはある。
でも、果たしてこんな病んだ状態でできるのか?と悩みましたが、
悩みや生きづらさを抱えているところも含めて発信してもいいのかなと思いました。

 多分、私ひとりだったら、行動には移せてないです。
りゅーさん、カナンさんには感謝ですね。

 まだ動き始めたところですが、グループでの活動予定が少し入っています。
近いうちにこのブログでもお知らせしたいと思っています。

 internaReberty PROJECTのブログも開設しました。
今ははじめましてのごあいさつや、グループメンバー、グループ名についての記事しかないのですが、
今後の活動予定などを更新していきます。

 ブログはこちらです。
よろしくお願いします。(ちゃっかり宣伝3!)
https://internareberty.hatenablog.com

201804031934204f1.png
 ⬆
 internaReberty PROJECTのロゴです。
よろしくお願いします。(ちゃっかり宣伝4!)

 

 

無気力と遮断の日々でした。


 随分久しぶりのブログ更新になってしまいました。

 去年の12月くらいから、ほぼ無気力状態になってしまい、
引きこもっていました。

 きっかけは色々あったのですが、とにかくやる気が出ない、何もしたくないという感じでしたね。

 やる気が出なくて、何もしたくなくて、何もしないでいると、
今度はそんな自分を責めたり、自分だけが止まった時間の中にいるような感覚になり、
それが嫌で、テレビを見たくなくなり、ネットも見たくなくなり、
あらゆるものを遮断していました。

 自分の周りのあらゆるものを遮断しても、
頭の中での変な思考は加速する一方で、
そんな変な思考を遮断するためにゲームばかりしていました。

 最初のうちは、『年が明けた頃には動けるようになるだろう』と思っていたのですが、
全く変化がなく、『こうなったら、もう開き直ってしまえー!』と、
自然に気持ちが上向きになるのをひたすら待っていたら3月になっていました。

 『長かったけど、やっと抜けた!』と思った矢先に、
風邪からの喘息になってしまい、3月の大半はやる気は出てきたのに体が動かない状態でした。

 やっと今日、ブログ記事を書くことができました。
放置し過ぎて、スポンサー広告が出てしまってましたね。

 書きたいこと、お知らせしたいことが色々出てきているのですが、
また改めて記事にしていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。



にほん村 メンタルヘルスブログへ

 

初めてのことでした。


 今日の話も、11月25日の出来事です。

 この日、写真展の会場で、クロージングアーティストトークがありました。

 てっきり、写真家の長谷川さんがメインでお話をされるイベントだと思っていたのですが...。

 なんと、このイベントで、私は人前で虐待の話をする機会をいただきました。

 この日は写真集に載っている人が私を含めて3人来ていて、
それぞれの思いを語りました。

 実は、前日に長谷川さんから、
『トークイベントの中で話を振ってもいいですか?』
と言われていたので、心の準備はまあまあできていました。

 少し予想と違っていたのは、
私は長谷川さんが何か私に質問をして、それに答えるくらいに考えていたのですが、
実際は『どうぞ』と言われて自由に話すスタイルでした。

 私はブログでは、
『私は虐待被害者です』と書き、
自分が過去にされたことや、虐待と向き合ってもがいていることや、日々感じたことなどを思いつくままに書いていますが、面と向かって虐待のことを話すのは初めてのことでした。

 11月8日に虐待の講演会に行った時、
『自分はまだまだ人前で経験したことを語れる段階ではないなあ』
と感じていたのですが、語れる段階ではないけど語っちゃったのかもしれません。

 『こんばんは。私は虐待当事者です。』と言ってから、
長谷川さんの写真集に載せていただいた経緯や、虐待と向き合うことになったきっかけ、虐待と向き合う中で感じたこと、これから何が必要か?私なりの考えを話してきました。

 短い時間でしたが、自分が以前から語りたいと思っていたことが話せたかなと思っています。

 このブログでも書いたことがあると思いますが、こんな話をしてきました。
 
 ・虐待問題を考えていく中で、私が必要だと思っていることは、
虐待を経験したことのない方にも虐待問題に同情ではなく関心を持っていただくこと。

・された虐待による生きづらさもあるけれど、やっとの思いでその気持ちを外に出した時の、
『親に育ててもらっておきながら、なんてことを言うんだ?』という世間の圧を強く感じ、その圧をなくしていきたいと思っている。

・『親のことや、家族が好き』と言う人たちと同じように、『親のこと、好きじゃないんだ』と言う人がいてもいいんじゃないか?

・虐待のことをオープンに語りたい人は語れる場がもっと多くなることを望んでいる。

・もちろん、自分の経験したことを語りたいか?語りたくないか?実際に語るか?語らないかを決めるのは本人!

 ⬆
 だいたい、このような内容を話してきたのですが、
ちょっと聞いて下さっている方々の反応が私にはよく分からなかったです。

 まあ、テーマが虐待なので、にこにこしながら聞く話ではないと思うのですが、
私があまり人前で話をした経験がないのもあり、単調に話していたからそんな感じになったのかな?と思います。

 その辺りは、今後の課題ですね。
 


にほん村 メンタルヘルスブログへ



 

会いたいひとに会えた!


 最近、また調子を崩しているので、久しぶりのブログ更新になりました。

 12月になってしまったので、先月の話になりますが、
11月25日に写真家の長谷川美祈さんの写真展『INTERNAL NOTEBOOK』に行ってきました。

 11月8日に行ったのは会期1で、先日行ってきたのは会期2です。

 会期1の方は、自分の写真が展示されていたこともあり、
何だか不思議な感覚で展示された作品をみていたような気がします。

 会期2は、その不思議な感覚はなかったので、
展示されている方々のストーリーがグッと入ってきたように思いました。

 自分の記憶から抜けていた出来事をふと思い出したりもありましたが、
つらくはありませんでした。

 だからと言って、私が虐待されたことを許したのか?というと、
許してないですね。そこは、変わりそうにないです。

 『だから虐待はあってからでは遅いんだよ!あってはならないものだよ。』
という気持ちは一層強くなりました。

 会期1、会期2の両方の展示がみられて良かったです。

 この日、私はずっと会いたかったひとに会うことができました。

 その方は、私がこのブログを始める前から交流のあった方です。
住んでいる場所も離れているし、なかなか会う機会はないかもしれないけど、
いつか会いたいと願い、いつか会えると勝手に思い込んでいました。

 そして、会えた!!

 嬉しかったです。

 限られた時間でしたが、色んな話をしました。

 実は、この写真展に行く数時間前に会えることが分かったのですが、
まさかホントに会えると思っていなかったので、舞い上がった私は手ぶらで行ってしまいました。
 空気の深読みばかりするくせに、こういうところは気が利かないです。

 そして、ちゃっかりおみやげをいただいてきました。

 20171205182042fd2.jpg
 ⬆
 『まめぐい』という、小さめサイズの手ぬぐいです。

 うさぎの柄だったので、うちのうさこさんのマフラーにしてみましたが、
もちろん私が大切に使わせていただきます。

 ありがとう。
 また、会いたいな。


にほん村 メンタルヘルスブログへ



 
 

 
プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR