私のブログを見にきて下さった方へ。


こんにちは。byhfs( byh )です。

私のブログを見にきて下さって、本当にありがとうございます。

このブログに気づいてくれた方は、私のように過去に虐待された経験のある方、現在虐待をされている方、どちらにも当てはまらない方、さまざまな方がいらっしゃると思います。

『今、つらい気持ちを抱えている方へ。』

つらい気持ちを、自分ひとりで抱えこむと、私のように、こじらせてしまうから、私のブログでよければ、つらい気持ちを出していって下さると嬉しいです。

私は、自分の虐待後遺症を克服することだけを目標としているのではありません。
私みたいな思いをする人がいなくなることを目指しています。

私は、虐待の専門家ではないので、私にできることは、ほんのちょっとしかないとは思います。
でも、つらい気持ちを自分の中から出すことで、その気持ちが少し和らぐこともあるのではないかと思います。
知らない人のブログにコメントすることは、勇気がいりますね。
私自身も、他の方のブログにコメントすることは、滅多にしていないので、矛盾しているかもしれませんが、もし、コメントしていただけたら、つらい気持ちを共有できるかもしれないと思います。
それは、決して、傷のなめあいではないと思います。
新たな気づきや、学びがあるのではないかと思います。
よろしくお願いします。


『虐待を経験されたことのない方へ。』

虐待の現状は、残念ながら、世間に広まっていません。
そして、虐待防止対策も未熟な状態です。

私のように、過去に虐待されて、現在虐待後遺症を抱えて、生きづらさを感じている人への対策は、更に遅れています。

この現状を、世間に知ってもらうには、私は、経験者が語ることが必要だと考えています。

私のブログに書かれている内容は、虐待被害者の経験のほんの一部です。

それでも、こういうことがあるんだなあということを、私のブログを通して知っていただけると嬉しいです。

私は、虐待されていない、普通の世界を知りません。

お時間に余裕のある方は、こんな私に、普通の世界を教えてくれると嬉しいです。

よろしくお願いします。


『最後に…。』

もちろん、コメントなしで、ちらっと私のブログを覗いてくれることも大歓迎です。

直接メッセージを伝えられないのは残念ですが、この場でお礼をしたいと思います。

「私のブログに来てくれて、読んで下さって、本当にありがとうございます。」


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト

リンクだらけですが、必死です。


 私は、自分の虐待経験をライターの今一生さんが編集、出版される、
『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題)に応募しました。

 この本についての告知は、このブログで何度か紹介させていただきました。

 早ければ、今年の秋に出版される予定です。

 早ければ...。

 この本の出版には、乗り越えなければいけないことがあります。

 それは、この本の出版の前に資金を準備することです。

 この本を前払いで購入する方法、寄付によって出版が成立します。

 私は、虐待からの生き残りとして、自分の経験を応募し、
前払いで数冊予約をしました。

 実は、まだこの資金、目標達成していないそうです。

 虐待は年々増加傾向ですが、
虐待の現状を伝えるものは世の中に広まっていません。
 そのため、虐待問題は一向に改善しないのだと思っています。

 だから、今の時代にこの本が出版されることが必要不可欠だと思っています。

 少しでも多くの方の力を貸していただきたいと思っています。
詳細は、今一生さんのブログ記事をご覧いただけると幸いです。

http://con-isshow.blogspot.jp/2017/06/340challenge.html

 私は、サザエさんのような一家団らんの風景も、欲しいものを親に甘えておねだりするちびまる子ちゃんの世界はピンときません。

 こちらの動画で紹介されているような世界が、ずっと身近でリアルに感じます。














 ⬆
 それぞれ、短い動画なので、ぜひ見ていただきたいです。
よろしくお願いします。



にほん村 メンタルヘルスブログへ

前半終了しました。


 今日は水曜日。
精神科受診の日でした。

 先週もらった資料を見て、何となく
『そろそろトラウマの治療に入るかなあ』
と思っていましたが...。

 今日と来週は、今までの復習みたいなことをするそうです。

 はい、治療の前半戦終了してました。

 先生には、3回目から内容がキツくなると聞いていましたが、
今まではわりと順調でした。

 毎週宿題が出て、毎日書き物をしないといけないのが大変ですが、
何とかやってくることができました。

 最近体調不良だった原因は睡眠薬の副作用だったみたいで、
やっと自分に合う薬が見つかりました。

 ここからが踏ん張り時ですね。

 おそらく、再来週からは過去の虐待とがっつり向き合うことになります。

 それを予期していた訳ではないですが、
来週の治療が終わったら、地元から離れたところに行ってきます。

 心も体もリフレッシュして、
トラウマ治療に備えたいと思います。

 全然関係ないですが、
今日6月21日はミッフィーちゃんのお誕生日です。
201706211926089ac.jpg

 ミッフィーちゃんはいったいいくつになったのかな?

 正解は、、

201706211927098b0.jpg
 らしいです。

 いくつになってもミッフィーちゃんはかわいいです。


にほん村 メンタルヘルスブログへ



優しい虐待?


 お久しぶりです。

 少しずつ良くなってはいますが、手足が思うように動かなくて、
書きたいことはあるのになかなか更新できずにいました。

 今日はまだ体が楽な方なので、数日前から気になっていたことを書きたいと思います。

 『優しい虐待』
 ⬆
 こんな言葉があるそうです。

 え?優しいの??何それ???

 Twitterから流れてきた言葉でした。

 ネットで調べてみました。
私が見たのはこちらの記事です。
 http://maodays.info/4012.html
 ⬆
 この記事によると、
『優しい虐待』とは、
子どもが小さい頃に、親が自分の思い通りにコントロールしようとすること。
それにより、子どもの心に心理的外傷(トラウマ)を残すこと。
とあります。

 これのどこが優しいのか、私にはさっぱり分かりません。
タチの悪い心理的虐待としか思えないのですが...。

 おそらく、この『優しい虐待』という言葉を作った人は、
虐待のこと、全然分かってないです。

 私は自分のブログでも書いたことがありますが、
虐待は程度の問題ではないと思っています。

 見た目で誰かが気づくような虐待でなくても、
された子どもの心が傷ついていたならば、それは虐待です。

 虐待は、あった時点でアウト。

 優しいなんてものはないよというのが私の考えです。

 虐待の認識、まだまだだなあと思いました。

 
にほん村 メンタルヘルスブログへ

原因はフィジカル(身体面)?いえいえメンタル(精神面)ありまくり。


 私が、最近苦戦しているのは、手足の症状です。

 『手足の症状』と言っても、私の場合、色んな症状が出ていました。

 ・しびれ
 これは、以前からある症状で、ひどい時はお箸が使えなくてフォークでごはんを食べたり、字がまともに書けなくなっていました。
 先生からは、コンバージョンディスオーダー(転換性障害、身体表現性障害)というもので、ストレスが原因だと言われています。
 ちょっと前までは、手の指の第一関節くらいまでにおさまっていたのですが、最近またひどくなっていました。

 ・こわばり
 主に関節が固まったようになり、手足が思うように動かなくなりました。
細かい作業ができなかったり、歩く時に膝の関節がキシキシする感じになり、うまく歩けない時があります。

 ・つり
 これは、手足の外側(小指側)がつった感じになります。

 ・痙攣
 時々ですが、主に足の筋肉がピクピクして、思うように動けなくなります。

 ・脱力感
 文字通り体の力が抜けた状態になります。歩きにくくなります。

 ⬆
 このような症状が出ていました。

 『つり』と『痙攣』については、
脱水症状のようで、ポカリを飲むと30分から1時間で楽になります。

 その他の症状の原因が『?』でした。

 自分では、精神面は安定していると思っているのに、しびれが悪化しているのはなぜだろう?

 こわばりは、関節リウマチの症状として知られているけど、リウマチの場合は症状が出やすいのは朝起きた時。私のこわばりは、夕方にかけてひどくなる。数年前にリウマチの検査はしているけど陰性だった。

 一応、看護師なので、色々考えていました。
でも、夏バテによる食欲不振から生じる栄養不足と脱水症状以外に思いつかない!

 モヤモヤが残っていました。

 昨日、親しい人と電話で話をしていて、私の体調不良のことが話題になりました。

 その時、
 「それって、自覚がない部分のストレスが体に及ぼす影響では?」
ということになり、何となく思い浮かべると...。

 ありましたありました。

 1.生活リズムが改善しないことへの焦り
 2.運動ができないもどかしさ
 3.引っ越し準備がはかどらないことが心配
 4.地元を去る時に必要な手続き(仕事、お役所、実家絡みなど)がうまくできるか?
 5.引っ越した後、体力がどうなっているか? 
 6.次の仕事への支障がないか不安
 7.治療が進むにつれて、虐待の痛みをうまく表現できなくなるのではないか?
 8.今一生さんの『親への手紙』プロジェクトのことが気がかり

 ⬆
 ざっと考えただけで、これだけ出てきました。

 特に3~7については、まだ先のこと。

 8については、プロジェクトの期限は6月末ですが、
私は手紙の応募を済ませたし、この本を前払いで買うクラウドファンディングもしました。
Twitterでの拡散など、できることは既にしています。

 優先順位を考えると、1と2ですが、
まずは1だけで良くないか?と思いました。

 こうして文字にしてみると、自分の傾向がよく分かりますね。

 私は、先々のことを考え過ぎる傾向があります。
先のことは、先延ばしにして、必要になった時に考えればいいですね。

 あとは、完璧主義。
これが、更に自分を追い込みます。
目標設定を高くし過ぎてしまい、できないことを責めてしまう。
 ⬇
 だから、敢えて目標設定は低めに、できたことに目を向けよう。

ということになりました。

 こういう話を聞いてもらっただけで、
不思議なくらいに手足の症状が和らぎました。
私の症状の大半が、メンタル(精神面)が原因であったことの証だと思いました。

 私の完璧主義は、幼い頃から100点を求められたことの名残です。

 染みついた習慣を改善するのは難しいですが、深呼吸しながら、
ユルッと取り組みたいと思います。

20170613170116f11.jpg
 ⬆
 歩いていて、お花が咲いていたり、チョウが飛んでいることに気づけるくらいの余裕が欲しいですね。



 にほん村 メンタルヘルスブログへ


プロフィール

byhfs

Author:byhfs
はじめまして。byhfs ( byh )と申します。
2015年の夏に、摂食障害と診断され、仕事を休職しています。
摂食障害の原因は、過去の母親からの虐待と過干渉でした。
摂食障害だけでなく、うつ、対人関係の悩みや、引きこもり、フラッシュバックなどの虐待後遺症を抱えています。多重人格にもなってしまいました。
そんな虐待後遺症を克服するために、日々もがいていることをブログに書いています。
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力お願いします!

メンタルヘルスランキングへ

FC2Blog Ranking

カウンター ( 2016 8/18~ )
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QR